« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

サバラッシュ!

CIMG0266s ここの所調子上向きサーフKW、日の出前AM5時から攻める。前日のイナダ報告を聞いたK氏も今回は同釣する。開始から数キャスト目、沖目着底からSPSJを数回するとヒット!やっぱり日の出前は調子いい! 上がったのはサバ。リリースしてキャスト→着底→SPSJ×1→ヒット! が、足元でバラス。そのままキャスト→着底→SPSJ数回→ヒット! 3連続ヒット! そしてまたしても足元でバラシ。次キャストはなにも反応無しだが、さらにその次キャスト、同じパターンでヒット! サバ! …こんな感じで今日は6時までにサバがやたらと釣れる。ここまでで既にサバ9バラシ2。その後、しばらくマッタリするが、時々ヒット、ゲットが入り混じり、最終的にはサバ10、バラシ4。サバばっかりだが、久しぶりに青物シーズン初期のような釣れ方をした。自分とYはサバオンリー。K氏はホウボウゲット。6時半を過ぎると海はほぼ終了モード。すごく沖ではなにやらバシャバシャやっているが到底ジグは届かない。7時半撤収とした。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 イナダ×3 ロッド シマノ GAME AR-C 906  
ショゴ×22 ソゲ×1 リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ゴマサバ×38 マハタ×1 ライン ゴーセン SWG1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3 ジグ1 ムーチョルチア ピンク/ホワイト35g サバ
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
ホウボウ×1 コノシロ×1
データ 5:00~7:30
自分 アタリ14→ヒット14→ゲット10 サバ×10 F:アシスト2本 R:ナシ
K氏 アタリ4→ヒット3→ゲット3 サバ×2、ホウボウ F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

記録更新!

CIMG0263s CIMG0262s  最近TGがパッとしない・・・ それに比べてKWが上向き加減だと聞いた。事前情報では日の出前の5~5時半が勝負だと聞いたので、この日は4時半ちょい前に起きて5時にはKWで浜に立って居たい・・・と思ったのが前日。そして目が覚めると4時半ちょいまわってる!即現場へ向かう。5時15分開始(汗)ちょい遅れた・・・ さっそく投げ始める。3キャスト目にえらい沖で着底からジャーク2回したところでヒット! 距離が長いので寄せてくるまで時間がかかる・・・ そして上がったのはサバ!(5:20)久しぶりだな~ なんて思いながらポイっ!と海へリリース。そしてそこから2キャスト目、キャスト→着底→MPLJ×5→ガツン! ヒット!その直後にラインテンションが軽くなったのでバラした?と思ったが、巻いてくると重さを感じる。そして岸際になると魚の悪あがきが始まった。ドラグが鳴る・・・ なかなか上がってこない・・・ バラしたくないので慎重に無理せずチャンスを伺う。そして、いまだ! と竿を大きく引き浜にランディング。でかい!イナダ47cmゲット!(5:30) 写真とりまくったりメール送ったりとなんだかんだで時刻は5時40分。その後数キャスト・・・ 日の出を迎える。明るくなると海面に魚があちらこちらで跳ねているのが判る。何度かそこに目掛けてキャストするもヒットせず・・・ 6時10分、キャスト→カウントダウン4でMPLJ×4→ガン! ヒット! が・・・ 10秒位でふっと軽くなる←バラシ。 その数投後、キャスト→フォール→着底→ステイカウント3→シャクル→ヒット! すごく軽いがライン先に生命反応を感じる。あがってみると・・・? なんか変な魚(汗) エソ? わからん・・・ もう満足だったのでそのまま撤収とした。ラインの方はゴーセンSWGで今日はやったが、ノントラブル! なんの違和感も無く思いっきり投げれた・・・ 同じ1.5号でもXワイヤーの方が飛距離は出ると感じた。SWGの方が太いみたい。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 イナダ×3 ロッド シマノ GAME AR-C 906  
ショゴ×22 ソゲ×1 リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ゴマサバ×28 マハタ×1 ライン ゴーセン SWG1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3 ジグ1 ムーチョルチア ピンク/ホワイト35g サバ、イナダ、変な魚
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
ホウボウ×1 コノシロ×1
データ 5:15~6:30
自分 アタリ4→ヒット4→ゲット3 サバ、イナダ47cm、変な魚 F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

AR-C復活!

本日やっとAR-C#1パーツが届いた。それとグリップエンドのバランスウェイトも同時に入手したので40g先ずはセットして試してみたい・・・ 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

早朝TG

今日も朝5時半からTGで攻める。だいぶ気温が低くなり肌寒くなった… 今日始めて長袖を着込んでの釣行。Pに着くと既にS氏がやっていた。沖で少々魚が跳ねたりしている。今日は可能性有りそうだ… そのうち、魚が複数目の前でバコバコやっている。何回かジグを通すも反応無し。ムーチョのピンク/ホワイトに替えて遠投気味にキャスト→着底→SPLJ×2 でヒット! たまにジリリとドラグが鳴るが、それほど苦労せずに岸に寄せてくる。これで直前で潜れば… 等と期待していたが、そのまま魚浮上。魚影がくっきりと見えた。どうやらソーダらしい… なんて見ていたら ふっ とラインテンションが緩み、目の前でジグと魚が離れる瞬間がまるでスローモーションを見ているかのようにはっきり判った→バラシ。 その後数投すると、キャスト時にゴワァァ!とものすごい音をたててラインが絡む。そしてラインブレイク… またか… 実は昨日も同じような症状でラインが切れていた。 リールを替えても相変わらずトラブルが減らない…(別症状だが) いつになったら快適な釣りが出来るのだろうか… ラインが寂しくなると、東からの風も急に厳しくなり、涼しい風が流れ込む。どうやら雨が降りそうなお天気。 強風の中、めげずにS氏と攻め続ける… そして、キャスト失敗→表層早巻き  ん? なにかが追って来る。どうやらダツだ。巻き上げ速度を落とすとジグに食いついて来た… がフッキングせず。7時20分、ついに雨が降り始める。今日もボーズのまま撤収となった。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 イナダ×2 ロッド シマノ GAME AR-C 906  
ショゴ×22 ソゲ×1 リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ゴマサバ×27 マハタ×1 ライン DUEL Xワイヤー1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3 ジグ1 ムーチョルチア ピンク/レインボー35g アタリ無し
ヒラソーダ×0 イシモチ×1 ジグ2 ムーチョルチア ピンク/ホワイト35g ソーダヒット
ホウボウ×1 コノシロ×1 ジグ3 スキルジグ ピンク/レインボー42g ダツアタリ
データ 5:30~7:20
自分 アタリ2→ヒット1→ゲット0 ボーズ F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

早朝TG

今日はK氏と昨日のPへ釣行。狙いのPには先客無し、一人で投げ始める。波は殆ど無く、風も無く、潮の流れも無い(汗) 数投するとK氏到着。さらに30分位?するともう一人隣に入り3人で海を探る… がまったくアタリ無し。AM7時を過ぎると潮が多少左に流れる感じになるが、特にこれといって異常は無い。結局そのままタイムリミットの7時半を迎え、撤収となった。本日アタリ無しのスーパーボーズ。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 イナダ×2 ロッド シマノ GAME AR-C 906  
ショゴ×22 ソゲ×1 リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ゴマサバ×27 マハタ×1 ライン DUEL Xワイヤー1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3 ジグ1 ムーチョルチア ピンク/ホワイト35g アタリ無し
ヒラソーダ×0 イシモチ×1 ジグ2 ムーチョルチア ピンク/レインボー35g アタリ無し
ホウボウ×1 コノシロ×1
データ 5:30~7:30
自分 アタリ0 ボーズ F:アシスト2本 R:ナシ
K氏 アタリ0 ボーズ F:トリプルフック Rナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

念願のイナダゲット!

CIMG0254s CIMG0255s CIMG0256s 台風らしい風も雨も無かったが、台風17号は去った。昨日の昼に偵察行った様子では今日は出来るはず! と、ここのところ温めてあったPに行ってみる。一応台風後ということで、少なからず期待が沸いてしまう。AM5時30分、現地着。東からの風は多少あるものの、波はうねりも小さく釣りにはなんら支障が無い状況。ただ、少々雨が降っているので雨具を着込んで投げ始める。Pには先客1名有り。どうやらエギングをしている様だ。先客の方と話ながら同釣者Hと横に入れてもらう。ウチらがジグを投げ始めると先客もジグに切り替えて3人でキャスティング。しばらくは魚っけも無い様子でマッタリ・・・ とその時、目の前になにか巨大なものが浮上! なんと海亀・・・(汗) 初めて見たっす。「あぁ~、いいモノを見た」などと先客の方と話していたら左で「きたっ!」とH。(6:10) 「でかい?」と聞くと「それほど引かないや・・・」とH。サバかな? なんて思っていたら岸際で急降下、ロッドが大きくシナる。3分位戦った後、目の前に現れたのは・・・ おー、久しぶりに見たワカ・・・ ん?でかい!イナダだ! イナダは再び潜行したりしてなかなか抜けるタイミングが見つからない様子。そしてついに抜きをかけたところで痛恨のバラし。H、かなり悔しそう。上げてれば初イナダとなっただけに、Hはがくりと肩を落としてキャスト再開。イナダがこの海域に居ることを知って俄然やる気が沸いてくる。その30分後くらいだろうか・・・ 自分、キャスト→フォール→着底→MPLJ×6→フォール→着底→MPLJ×6→フォール中に「ブルブル!」という振動が伝わる。すかさず合わせてヒット!(6:40) たまにドラグがジリリというが、それほど強くない引き。なにかな?と思って岸際に来ると一気に潜り込む! ギュゥオォ!とドラグが鳴る。堤防にラインが擦れない様に身体ごと移動してファイトを楽しむ。そして水面に浮上したのはこれまた一発でイナダと判るサイズ! 先のHがバラしたのを見ているだけに躊躇したが、抜くしかない!と意を決して抜き上げ→成功! イナダ44センチゲット! 初イナダだけに嬉しさ倍増! もう満足、これで安心してエギングに行ける・・・ なんて思いながら魚を〆て(もちろんキープ)、キャスト→着底→MPLJ×6→フォール と、さっきと同じパターンで攻めていると、なんだかラインに違和感を感じる・・・ そのまま強くシャクってみるも反応なし。あれ? なんか変だなぁ・・・ そして、またジャークの後にフォールしたところで明らかに生命反応。合わせをくれた途端にギュゥォォォォ!と強いドラグ音。(6:50)またイナダかな?と思わずニヤリとする。さっきよりも強い引きだが、岸際ではそれほど粘らない。で、上がってきたのはショゴ35cm。 隣の方にショゴプレゼント。さらにその後3キャスト目、これでラストにしよう・・・ とキャスト→着底→MPLJ をそのまま繰り返しているとガン! ヒット!(7:20) これも岸際になると走りまくる。隣の方が玉網を用意して下さって取り込んでくれた。これまたイナダ!ギリギリ40センチ。魚の処理を済ますとタイムアップ。自分だけ撤収となった。ショアジギング、今期目標達成!

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 イナダ×2 ロッド シマノ GAME AR-C 906  
ショゴ×22 ソゲ×1 リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ゴマサバ×27 マハタ×1 ライン DUEL Xワイヤー1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3 ジグ1 ムーチョルチア ピンク/ホワイト35g イナダ×2、ショゴ
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
ホウボウ×1 コノシロ×1
データ 5:30~7:30
自分 アタリ3→ヒット3→ゲット3 イナダ(MAX44cm)×2、ショゴ35cm F:アシスト2本 R:ナシ
アタリ2→ヒット2→ゲット1 エソ F:トリプルフック Rナシ

その後、Hは粘ってシイラ?のバラシ1、ショゴ37cm×1ゲット

追記:この日はかなり各地でイナダが上がった様だ。Yも同時刻サーフFでイナダゲット?したらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

日中サーフKW

CIMG0228s CIMG0230s KWの帰りにイノマタに行き、リールを見る。お目当てのツインパワーMg4000はどうも気に入らず、結局ダイワのセルテート3500HDカスタムを購入してしまった。ラインはXワイヤーを選択。その場でラインを巻いてもらうと投げたくなってしまったのでサーフKWに戻る。着くと未だYが粘っていた。そして自分は新品のHDカスタムを装着したARCで軽くキャスト。お? なんだか抜けがいい! 次キャストはちょっとパワーをかけて見る。おぉ! 以前M氏のタックルを投げさせてもらった時の様な抜けの良さ。それに飛距離が・・・ まだまだ軽く投げたつもりが、朝やっていた距離を簡単に越えていく。これはいい! とスギジグ40gをセットし釣り開始。5投目位か? 着底からのHPSJでヒット! サバゲット! その後はまったくアタリ無し。だが、時折ラインを確認するが全然毛羽立っていない。結局この日15時半まで投げ続けるがラインブレイク無し! すばらしい! やっぱりリールに原因があったようだ。直接的な原因が解明できたワケではないけど、次からは気持ちよくキャストに集中できそうだ。海の方は結局この時間になってもうねり無し。明日も出来そうかな?

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×21 ソゲ×1 リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ゴマサバ×27 マハタ×1 ライン DUEL Xワイヤー1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3 ジグ1 スギジグ マジョーラ40g サバ
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
ホウボウ×1 コノシロ×1
データ 12:00~15:30
自分 アタリ2→ヒット1→ゲット1 サバ F:アシスト2本 R:ナシ
アタリ1→ヒット1→ゲット0 ボーズ F:アシスト3本 R:トリプルフック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

早朝サーフKW

CIMG0227s 台風が接近しているので、波が少々心配なところだが、まだいけるだろうとKWに出撃。AM6時現地着。先行していたK氏がサバ一本ゲットしていた。海は天気予報とはうらはらに波べったり50cmという感じ。しばらくすると沖の方にナブラが出始める。キャストするも届かず・・・ でも、1時間程すると射程距離内でもナブラが出始めた。これはチャンス!と一生懸命ナブラを追いかけるもヒットせず。そんな状態のまま7時過ぎにY登場。Yは開始早々エソをゲットする。でも相変わらず青物の気配せず、8時半撤収となる。 この日もラインが痛みまくり、ジャーク中に突然ラインが切れたりした。もう我慢できなくなり、帰りにイノマタに行ってリールを見てくることにする。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×21 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン ジギング2号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
ホウボウ×1 コノシロ×1
データ 6:00~8:30
自分 アタリ0 ボーズ F:アシスト2本 R:ナシ
K氏 アタリ2→ヒット1→ゲット1 サバ F:アシスト2本 R:ナシ
アタリ1→ヒット1→ゲット1 エソ F:アシスト3本 R:トリプルフック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

早朝TG

CIMG0224s CIMG0225s ここのところ浜での釣果がいまいちだったので、ちょっと水深ありそうなTGに行って見る。朝6時より開始。2~3投したところで常連らしきおじさん登場。キャストを繰り返しながらお話タイム。おじさんの手前、ジグぶっとばしたりしたらみっともないので、抑え目にキャストする。初めてのポイントなので、常連らしきそのおじさんにいろいろとTGの状況を聞いて見る。そうすること30分?位… 『ほら、サバだ』とおじさんが指差す方向にバチャバチャと魚が表層を跳ねている。即キャスト、表層HPSJ×3でヒット。引き具合でやっぱりサバだと確信。近くまで寄せてきて魚も見えた。途端にスカ! バラした… でも今日はさほど悔しくない。なにせサバだと判っていたから(汗) その後、30分位話しておじさん撤収。さて、本気で釣って見るか… いつもの加減でキャスト→フォール(フォール時間が長い。かなり水深ありそう)→着底→MPLJ×10 でゴクッ!っという手ごたえ。ヒット! 結構重たいがあまり走る様子はない。なにかな? で、上がってきたのは40センチ位のホウボウ。初めて釣りました。 とりあえずボーズは免れた… 調子よく次キャスト、着底を待ってからHPSJ×10→フォール→着底→シャクリ したところでヒット! 久々のマルソーダ。次キャスト、さっきと同じように着底からHPSJでヒット! 久々に味わう連続ヒットの感覚。たのしぃ~。これもやっぱりマルソーダ。その後はマッタリで7時半撤収とした。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×21 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン ジギング2号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×12 エソ×3 ジグ1 ムーチョルチア ピンク/ホワイト35g アタリ5 ホウボウ、ソーダ2
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
ホウボウ×1 コノシロ×1
データ 6:00~7:30
自分 アタリ5→ヒット4→ゲット3 ホウボウ、マルソーダ2 F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

早朝サーフKW

今日もサーフKW、一応。5時40分からキャスト開始。中潮、東からの風強、波小。昨日はラインが痛まなかったので大丈夫だろうと、今日は最初からコーティング上がったばっかりのスギジグイワシ40gをセット。キャスト3回目、ガイド絡みでリーダーブレイク(汗)さっそくぶっとびテンションダウン。ムーチョ35gをセットしてひたすらキャストを繰り返す。着底からのHPSJ、中層からのMJ、HPSJ→フォール→HPSJ→フォール… いろいろ試すもアタリ無し。そのまま7時の鐘が鳴る。今日もダメか… そのとき、右の方で風によるものとは違う波立ちが海面に見える。なにかな?ベイトかな? と近づいて見る… すると、『ボコン!』ん? 『ボコンボコンッ!』お?! 『ボコボコボコボコ!』おおぉー!! 久しぶりに見る射程距離内のナブラ。大チャンス到来! ダッシュ! キャスト→失敗→距離延びずにナブラ中央にドボン!→ナブラ解散 ↓↓…  その後異常無し。浜は厳しいかな? 7時20分撤収。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×21 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン ジギング2号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×10 エソ×3
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
データ 5:40~7:20
自分 アタリ0 ボーズ F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

早朝サーフKW

CIMG0221s CIMG0222s 何気にAM5時目がさめる。今日はどうしようか… と布団の中でウダウダすること15分。最近不調だが、昨日は沖でナブラ多数出た事とか、SSでイナダが釣れたとか… ちょっとはよくなってきているかもしれない… と一応KWに行って見る事にする。今日も海ベッタリ。でも東からの潮の流れが速い。いいかもしれない! 6時開始。やってみるとやっぱりアタリさっぱり釣れる気配が無い。右の方でベイトが群れている。なにもないところよりかは… とその中にキャスト。底からHPSJしてくるとヒット! エソ43センチでした(汗) ま、ボーズよりはいいか。 で結局その後もなにも起こらず7時20分撤収とした。今日はナブラは出なかった。 それはそうと、今日はなぜかラインが痛まなかった。ジグロスト0。なんてすばらしいんだ。久しぶりに恐る恐るじゃなく、キャストに集中できた。毎回こうだといいのに…

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×21 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン ジギング2号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×10 エソ×3 ジグ1 ムーチョルチア ピンク/ホワイト 35g エソ
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
データ 6:00~7:20
自分 アタリ1→ヒット1→ゲット1 エソ43センチ F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

早朝サーフKW

CIMG0220s 4時40分起床。ここのところ渋い青物だが、イナダ釣るまでエギングにいけないっす。YはSSに出撃。オイラは今日もKWに出撃。現地5時半より開始。2キャスト位したところでYよりイナダ42センチゲットメール。一気にやる気を失う… こっちも釣れないかな? なんて思っていると沖でボコンボコン言ってる。結構言ってる。でもこっちに来てくれない… それでも多少こっちに近づいたのでフルキャスト! ギリギリ届かず… しばらく沖で起きていたナブラだが、30分くらいで終了。ノーヒットのまま7時の鐘を聞く。今日もダメかな?と思い始めた7時半。キャスト失敗(汗) 岸から30m位に着水→フォール→ラインスラッグを取ってロッドをグイグイ!としたところでテンションがおかしい。多少合わせてヒット! 33センチのショゴゲット! その少し後、向こうのヒトがホウボウゲット。 その後はナブラっぽいもの(ベイトか?)が出るがアタリ無し。9時ちょいすぎまで粘って撤収とした。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×21 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン ジギング2号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×10 エソ×2 ジグ1 スギジグ マジョーラ40g ショゴ
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
データ 5:30~9:00
自分 アタリ1→ヒット1→ゲット1 ショゴ33センチ F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

会社帰りに・・・

例のラインブレイク病の原因を突き止めるべく、やっぱりARCの#1パーツを新品に交換しようかなと・・・ 自分でトップガイドを取り付けた後数回は問題なかった為、おそらくロッドが原因ではないとは思うんだけど、一応一個一個原因をつぶすためにも・・・と本日発注してきました。ついでに、グリップエンドのバランスウェイトもセットで注文してきたけど、どうやら納期かかるらしいです。1ヶ月見てくれと言われた・・・ 青物終わっちゃう(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝サーフF

CIMG0215s CIMG0217s CIMG0219s AM5時半、何気に目がさめる。お!遅刻だ!即効支度して出発。ここのところKWであまり良い釣果を得られないので、今日はFに行って見る事にする。6時から開始。今日も海ベッタリ。数投したところでなにかがヒット!でも全然引かないしなにかな?上がってきたのは変な魚がスレ。コノシロ?判らないっす。そのあと、永遠投げ続けるがなにも変化ナシ。なにも起こらないまま8時半。撤収です(汗) KWに行ったYとHもボーズだったらしい。Yはノーヒット。Hは1ヒット、強烈な引き、魚ジャンプでバラしたそうです。シイラだったかな? 写真3枚目、富士山噴火したかと思ってビックリした(汗)

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×20 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン ジギング2号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×10 エソ×2 ジグ1 スキルジグ ピンク/レインボー25g 謎魚
ヒラソーダ×0 イシモチ×1
データ 6:00~8:30
自分 アタリ1→ヒット1→ゲット1 F:アシスト2本 R:ナシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

早朝サーフKW

CIMG0212s4時半起床。大潮、風無し、波無し。ホントにべったり。5時からヒラメを意識しつつゆっくりジャークで誘うも魚の気配無し。やっぱり今日も渋いのか? 6時頃、向こうのおじさんサバゲット。俺、いろいろなパターンでキャストを繰り返すが無反応のまま7時の鐘が鳴る。その直後位だろうか、着底からHPSJ×10→カーブフォール→着底→HPSJ×10、フォールに移った直後にグン!と竿先が持っていかれる感触が… ヒットせず。そして、8時丁度、再び同じパターンでガン! …またしてもヒットせず… やっぱケツにもフックを付けたほうがいいのだろうかとトリプルフックを付けたりする。そしてラインブレイク&ジグぶっとび(汗)←再発 またしてもラインブレイク病が発動しだした。やっぱり原因わからないっす(涙) 8時10分、普通に中層辺りをMPLJしているとガン!ブルブル・・・ お、ヒット! 3度目の正直、なんとか上げたい。焦らず慎重に引き寄せてショゴ35センチゲット! その10分後くらいだろうか?Yがヒット。でも上がってきたのはなんだかゴンズイの親分みたいな変な魚。結局この日はこの3匹だけしか魚お目にかかれなかった。周りも同釣者たちも全然… 9時頃、M氏がサーフKの帰りにKW登場。M氏とはひさしぶり… あれ?ショアジギング一緒にやるのは初めてだ(汗) みんなでキャストを繰り返すも反応無し。半ば釣りも諦め気分でM氏のタックルで投げさせてもらう。同じARC906(M氏のはオシアだが)なのに全然キャスト時抜けの感覚がスムーズなのに脱力… なんでこんなに違うんだろう。タックルの研究も必要と感じた。その後はM氏とお喋りで10時半撤収となった。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×20 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン SWG1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×10 エソ×2 ジグ1 マリア ムーチョPYH35g アタリ1
ヒラソーダ×0 イシモチ×1 ジグ2 ジャークスライダー ブルー/レインボー40g アタリ1
ジグ3 スキルジグ ピンク/レインボー25g ショゴ
データ 5:00~10:30
自分 アタリ3→ヒット1→ゲット1 ショゴ F:アシスト2本 R:ナシ
同釣者Y アタリ1→ヒット1→ゲット1 謎の魚 F:アシスト3本 R:トリプルフック
同釣者H アタリ0   F:トリプルフック R:ナシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

早朝サーフKW

CIMG0211s 今朝も例の場所へ。若潮、風無し、波少々高いうねり有り。Yと一緒にキャストを繰り返すも反応無し… やっぱり今日も渋そうだ… ここのところ連続ボーズなので、サバでもいいから釣れて欲しいところ。6時半頃、キャスト直後に左を見ると、漁船2隻中1隻が網を落としながらこちらに向かってくる。やばい! 急いでジグを回収… すると、ガツン!うっそやめて(汗)が、フッキングせず。よかった… ここでフッキングするとタックルが網の餌食になってしまうところだった。目の前の漁が終了して数投、着底からのMPLJでヒット!なんとか上げたいという思いが込み上げる。そして、波打ち際、高波のアオリでなかなか浜に上げる事が出来ない。すぐそこに魚がいるはずなのだが姿は確認出来ない状態。そして、スカ!っと例のごとくいやな感触が… おもわず「んがぁ!」と声をあげる。ふっと前を見ると、波の中からバタバタと魚の姿が… 即ダッシュ!魚キャッチ、すぐ丘にダッシュで戻るっす! 見るとサバ。サバだが久しぶりの獲物、すごくうれしい。数分後Yもヒット、こちらもサバ。Y次キャストで連続ヒット!←サバ 漁の隙間に場所移動しながらキャスト。こちらがジグ交換中にまたしてもYがサバゲット。そして、こちらもガツン!がヒットせず… Yが帰り支度を始めて車に戻っていく。そしてこっちはMPLJでヒット!なかなかの引き。波打ち際にくると横に走る走る。うわ~バラしそう… でも、めずらしくガッチリと浜に上げることが出来た。ショゴ34cm。うれし~。そしてタイムアップ!撤収です。それにしても久しぶりにお魚の写真を載せる事が出来て良かった(汗)

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×19 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×26 マハタ×1 ライン ゴーセン SWG1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×10 エソ×2 ジグ1 マリア ムーチョPYH35g サバ
ヒラソーダ×0 イシモチ×1 ジグ2 スキルジグ ピンク/レインボー25g アタリ1
ジグ3 スギジグ マジョーラ40g ショゴ
データ 5:30~7:30
自分 アタリ4→ヒット2→ゲット2 ショゴ1、サバ1 F:アシスト3本 R:ナシ
同釣者Y アタリ3→ヒット3→ゲット3 サバ3 F:アシスト3本 R:トリプルフック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

早朝サーフKW

若潮、曇り、沖からの強風有り、波中、漁船無し。5時半、現場に着くと、先行者Hがヒラメ2枚目を上げたところだった。こっちも横でヒラメ狙うもどうやらヒラメタイムは過ぎ去った様だ。少し遅れる事Y登場。30分くらいしただろうか? 着底からシャクリ→HPSJ→フォール→シャクリ を入れたところでなんだかラインテンションがおかしい。あれ? 巻いても巻いてもジグの負荷を感じない。そのうち、沖から猛烈にこちらになにかが向かってくる。ヒットしているっぽいのでラインスラッグを巻き取り、ラインテンションをかける。途端にギュオォォォ! おぉ!なんじゃこりゃ!(ユースケサンタマリア風に…) ものすごい勢いでドラグが鳴る。青物始めて以来初めて味わう引きだ。お!お! 大物だ~。幸い、こちらに魚が走ってきてくれた為に割と早く浜に上げる事が出来た。おぉ、でかい。イナダっぽい!もうちょっとでキャッチできるぞ!と思った瞬間フックが外れ、波と共に魚は海の中へ… がくっ・・・ 期待が大きかっただけに脱力感もでかい。結局そのままアタリ無しのタイムアップ。ホントに今日も渋かった。

これまでの釣果 今回使用タックル  
ワカシ×42 太刀×3 ロッド シマノ GAME ARC906  
ショゴ×18 ソゲ×1 リール ダイワ KIX3500  
ゴマサバ×25 マハタ×1 ライン ゴーセン SWG1.5号  
マサバ×4 サバフグ×3 リーダー ダイワ タフロン4号  
マルソーダ×10 エソ×2 ジグ1 マリア ムーチョPYH35g ヒット1
ヒラソーダ×0 イシモチ×1 ジグ2 スギジグ マジョーラ40g  
データ 5:30~7:30
自分 アタリ1→ヒット1→ゲット0 ボーズ
同釣者H アタリ4→ヒット4→ゲット4 ソゲ2、サバ1、ショゴ1
同釣者Y アタリ0→ヒット0→ゲット0 ボーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

夕方サーフF

CIMG0208s サーフKWの帰りにイシグロにてお買い物。ライン購入(またかよ・・・) ジグ多数購入(・・・) そして、KIX購入・・・ したくなったのを抑えて、売り場のKIXをよく見てみる。するとベール部のローラーが自分のと随分違うことがわかった。自分のKIXはローラーが周りのガイドにかなり埋まっていて、さらにガタが大きくローラーが左右に動いているのに比べ、売り場のKIXはガCIMG0209s タ無く、ローラーがかなり露出している。これだ!多分・・・ さっそく家に帰りリールをチェックする。ローラーを固定するビスが緩んでいる為にガタが出ていた様だ。ビスを締めてみると確かにガタはなくなったが、店頭のものより随分とローラーがガイドに埋まってしまう。ローラー内側のスリーブとガイドの間に0.2mmのシムを入れてみると、まさに店頭のものと同じような感じになった。KIXはセルテートと同じデジギアを使用したダイワの新鋭リールだが、どうも出来にムラがある様だ。なので、個人的に調整をする必要がありそう。俺のだけ出来が悪かったのかな?(汗)  対策をするとさっそく投げたくなってしまう。Yを語らってサーフFに出撃。とはいっても今回はテストがメイン。運良く青物釣れればいいな。結果がわかりにくいので、ラインを新品SWGに換装。15時半、ARCにセットして開始。先ず軽くキャスト。問題なさそうなのでフルキャストを繰り返す。5回ほどキャストしてラインをチェック。全然痛んでない! やっぱりこれだ! その後、10回、20回とキャスト繰り返しても問題なし。ジグを35g、40gと重くしても問題なし。それに、ARCのガイド絡みが一切無い。もしかして、以前からラインの痛みがあったことを考えると、リールの不具合→ラインが痛む→ガイドに絡む・・・  と悪循環していたのではなかろうか? とにかく絶好調。いままで燻っていたものが一気に拭い去られた。なんて快適なんだ。思わず歓喜の雄たけびをあげたくなるほど嬉しい。でも、ここまで来るのにこの3日間でジグ&フックロスト30個以上、ライン5セットという犠牲が生じた。勉強不足だったよ・・・ もっとはやく気づいていればこの2日間も無駄にしなくて済んだものを・・・と思うと悔やまれる。でも、解決できてよかった。方々、お騒がせ致しました(^ー^; 釣果? そんなものは関係ありません(汗) ボーズだけどね・・・ ARC、やっぱり良いです。

15:30~17:30 120分 アタリ0

今回使用タックル
ロッド シマノ GAME ARC906
リール ダイワ カルディアKIX3500
ライン ゴーセンSWG1.5号
リーダー ダイワ タフロンZR4号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝サーフKW

今日もサーフKW。昨日のライントラブルの決定的原因が見つからないまま不安を抱えた釣行となる。とりあえず、ARCが一番の原因だろうと今回はロッドMHを選択。4時半ちょいすぎに家を出る。気が付けば、前に見慣れた車が走ってる。KM氏久々の登場。先行していたHに状況を聞くと未だアタリすらないと言う。ヒットタイムはまだか・・・ とちょっとホッとしながらHの後ろで準備をする。フと顔を上げるとHのロッドが大きくしなっている。しまった!イナダか?! なかなかあがってこないが、ようやく波打ち際に・・・ サメだ! しかし浜をズルズルしているときにラインブレイク。写真を撮るに至らなかった。 こちらもようやく開始。が、全然渋すぎ・・・ 周りも全然アタってない。そのウチ、KM氏ヒット! あがってきたのは・・・? なにか判らないけどスレで魚だ(汗) 7時頃だろうか、着低からスローなジャークで巻いてくると、なにかブルっとした感触が伝わる。あれ? ヒットしてるの?(汗) MHだとホントにアタリが判りにくい。以前、サバをぶら下げたまましばらくジャークしていた事もあるし・・・(汗) 上がってきたのはワカシ。が、足元でフックが外れた為、魚をキャッチするべく近寄るとそこへビッグウェーブが・・・(汗) 魚が! と急いで掴もうとするが波で草履が脱げた(汗) どっちを掴もうかと迷っている間に魚と草履が波に運ばれていく・・・ あうぅ、帰りは素足か・・・ と思ったら次の押し寄せる波に乗って草履だけ戻ってきた。魚は・・・ ま、よくあることね(涙) その後まったくアタリなし。KM氏、Hも帰っていく。代わりにY登場。しばらく海を見ていたYだが、昨日買ったロッドのことを思い出したらしく、車にタックルを取りに戻る。そしてYと一緒にキャストを繰り返す。すると、ジャークからガン!という手ごたえ、次の瞬間ラインブレイク・・・ またか↓ リーダーを結ぼうと後方に下がるとYヒット。ワカシ・・・ Yはその後もサバ、ソーダを追加。俺は・・・ 昨日と同じ現象が始まった。ライン切れまくり。すっかりやる気を無くして海を眺めているとYがヒット! でかそうだ。上がってきたのは38cmのショゴ。さすがに厚みがある。それを見て再びリーダーを結び、キャストするが、数投でラインブレイク。ジグ、アシストフックも底を着いた・・・ 撤収となる。今回、久しぶりにMHでやってみたが、とにかく重くて参った。あれを毎日振り回していたら右腕はかなり強くなるに違いない。それに、意外と飛距離が出ない。ARCの様なロッドのしなりが少ない為だろう。25gのジグは18g並に飛ばないし、逆に40g以上のジグにしてみても、失速して飛距離延びず。35g位が一番合っている様に思えるが、それにしたって、ARCで25gのジグを投げた時ほど飛距離が出ない。MHでやるためには肉体的なパワーアップが必要になりそうだ(汗) 軽いジグでも飛んで、重くすればそれなりに延びるARCはやはり優れものだと感じた。ラインの痛みはロッドが原因でないと判ったし、やっぱりARCを使っていこうと思った。ますます原因がわからず、魚も釣れず、テンションべた底。

5:00~12:00 420分 アタリ2→ヒット2→ゲット0

今回使用タックル
ロッド TC-962MH
リール ダイワ カルディアKIX3500
ライン ゴーセン SWG1.5号
リーダー ダイワ タフロンZR5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

夕方サーフF

昼間、ライン切れまくりで殆ど釣りにならなかった。ロッドが原因と考え、一旦家に帰って、リールを新品のXワイヤーに巻き替え、MHを車に搭載。仕事が終わって6時からサーフFにて明日の為にテストを行った。6時だというのに、もううっすら暗くなり始めていた。先ず1投目。やっぱりトリプルクロスはガイド絡みの心配無く思いっきり投げれる。実に爽快。なんでARCだと、あーもガイドにラインが絡むんだろう・・・ 他のユーザーは問題なく使っているというのに・・・ これじゃ全然問題ないね! ・・・と気持ちヒラメを狙いつつ浜をランガン+リフト&フォールで攻める。何回キャストしてもガイド絡みが発生しない。なんて素晴らしいんだ! とドラグからラインを引っ張るとブチン! うそ(汗) やっぱりラインが切れた。Xワイヤーが悪いのか? でも他のヒトは良いラインだと言っているし・・・ リールか? リーダーを結びなおし、再び連続キャスト。やっぱり異常なし。リフト&フォールを繰り返すウチに根掛り発生。外そうとグイ!と引っ張った瞬間に再びラインブレイク。やっぱりライン痛んでるや・・・ ここで浜を撤収。リールに問題があるんじゃないか?と、ベール部分を念入りにチェックするも特に問題は見つからない。しょうがないので各所洗浄&注油を行い、念の為、ラインをゴーセンのSWGに換装。これで明日試してみよう・・・ 明日はラインブレイクしませんように・・・ と願いつつも、ジャケットにXワイヤーの新品を忍び込ませる(汗) 俺はこの2日間でいったい何本ラインを買ってんだ(汗) あ、釣果はY共々ゼロ←Yと同釣だった。 やっぱ夜って釣れないのかねー。

今回使用タックル
ロッド TC-962MH
リール ダイワ カルディアKIX3500
ライン Duel Xワイヤー1.5号
リーダー ダイワ タフロンZR5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝サーフKW

CIMG0205s 小潮、風無し、凪。とってもいい感じ。今日は前日のラインからXワイヤーに換装。5時ちょい過ぎ、薄暗い中開始。3投目、ジャークの最中、割かし近くにきてからブル!っと感触を感じる。ヒット!でも、なんだかいつもと違うなぁ~なんて思って上がってきたのはヒラメ!おーおー!ファーストヒットがゲット、しかもヒラメだなんて今日はいいことあるかも・・・ ちょっと小さいのでリリース。そして、次キャストでガイドにラインが絡む。そのあともちょくちょくガイドにラインが絡む。やっぱりダメか・・・ そのうち、キャスト切れが連発。ドラグからラインを引き出すとブレイク。魚ヒットでブレイク・・・ もうイヤだ! はっきりいって釣りしている時間よりリーダー結んでいる時間の方が長いがなんとかワカシとサバを追加する。もうやめようと思ったが、ナイロンラインを巻いたリールが車の中にあるのを思い出し、リール交換。ナイロンで初めてやってみたが、なんともフニャフニャで感触全然わからないね。これじゃヒットしてもわからなさそう・・・ その前に、いくらジャークしてもジグが動いている感じがしない・・・ こりゃダメだ・・・ 近くのヒトがイナダをゲットしたり、海はとってもいい感じなのにタックルがこの状態じゃ釣りにならない。すごく悔やまれるものの、このまま海に居ても時間の無駄だ・・・ と撤収です。

釣果:ソゲ30cm、ワカシ33cm×1、サバ×1

5:00~10:00 300分(実釣100分と無いでしょうよ・・・) アタリ4→ヒット4→ゲット3

  • ムーチョルチア ピンク/ホワイト 25g(ソゲ、ワカシ)
  • ムーチョルチア ブルー/シルバー25g(サバ)

これまでの釣果 今回使用タックル
太刀×3 ゴマサバ×25 エソ×2 ロッド シマノ GAME ARC906
ワカシ×42 マルソーダ×10 マサバ×4 リール ダイワ カルディアKIX3500
ショゴ×18 マハタ×1 ソゲ×1 ライン Duel Xワイヤー1.5号
サバフグ×3 イシモチ×1 リーダー ダイワ タフロンZR5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

早朝サーフKW

CIMG0203s 中潮、うねり少々あり。朝5時半から釣行、今日もYと一緒。既に漁船が海を埋め尽くしていた。隙間を狙って数キャスト目、底からのジャークで途中からなんだか変な感じ?あれ?ジャークを止めてみるとヒットしていることがわかった(汗) そのまま巻いてくると波打ち際でバラシ(汗) まぁ、多分サバだろう・・・・ そこからしばらくアタリ無し。6時半頃、ようやくアタルがヒットせず。横を見るとYがヒット!どうやら同じ群れらしい。上がったのはサバ。次キャストでヒット!しかしバラシ・・・ 次ヒットでもバラシ・・・ ようやく次キャストでサバゲット。そして連続ヒットでサバ。どうやらサバが群れているらしい。そして、次キャストでラインブレイク・・・ なにやってんだ俺。 リーダーを結びなおすと、サバの群れはどうやら去ってしまったらしく、アタリが無い。7時になりYは撤収。俺はというと・・・ ジャーク中にラインが絡んで復旧中にどうやら根がかった(汗)ぐいぐいやってるとどーやら取れた様だ。で、その瞬間にガツン!とヒット! ショゴ追加。そして撤収時間となった。

釣果:サバ2、ショゴ1

5:30~7:30 120分 アタリ7→ヒット5→ゲット3

  • ムーチョルチア ピンク/ホワイト35g サバ2
  • ムーチョルチア ピンク/レインボー25g ショゴ1

これまでの釣果 今回使用タックル
太刀×3 ゴマサバ×24 エソ×2 ロッド シマノ GAME ARC906
ワカシ×41 マルソーダ×10 マサバ×4 リール ダイワ カルディアKIX3500
ショゴ×18 マハタ×1 ライン ゴーセン SaltWaterGame1.5号
サバフグ×3 イシモチ×1 リーダー ダイワ タフロンZR5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

台風一過2

CIMG0199s 前回の台風の時は、うねりを心配して中一日あけたら意外と海の回復が早く悔やまれたので、今回は台風の翌日にイナダを狙う。行き先は波のことも考慮してサーフK。そして当日、目覚ましの前にメール音が鳴る。Yからだ。既にKWに向かっているらしい。まだ目覚ましの時間ではないが、こっちも出撃、とりあえずKWに行ってみる。着いてみると、微妙な感じ・・・ 波は高いしうねりもあるけど、出来ないほどではない。でも、波足長いので釣れるかな? とりあえずタックルを用意してキャスト3回目。ビッグウェーブの来襲と共にラインが切れる。昨日巻き替えたばかりのラインを痛めても悲しいので、リーダーを結び終えてとっととサーフKにP移動。7の方に着いてみると何人かジグのヒトが居るが、みんな釣れてなさそう。一番隅っこのヒトが2匹くらい釣ってとっとと撤収。残りの人たちはしばらく粘ってたがボーズ風味で帰っていく。こっちは年休とっちゃったから、しばらく粘ってみる。8時40分、ジグをスキルジグ40g→スキルジグ25gに変更。底からのHPSJでアタリ! がフッキングせず・・・ 回収して即同じパターンでヒット!サバでした。リリースして手を洗っていると目の前をバシャバシャバシャ、ナブラ通過! 急いでジグ投げ!×4→ヒット0 どうせサバだろう・・・ そこから1時間、もういい加減イヤになった。最後のつもりでキャスト→着底→やけくそHPSJでグン!と引っ張られる。即合わせ→ヒット! やけに重たい・・・ 今までにこの重さは味わったことが無い(ゴミ意外では・・・) ついに?! イナダ!? でも、ちゃんとビクビクと振動もあるし、魚である事は間違いないのだが、ちょっと走らないなぁ・・・ と思いながら上がってきたのはスレでかかったワカシ34cm。納得。 さらに5投目、着底→シャクリ大×3→HPSJ→フォール→シャクリ大 したところでヒット。しかし、波打ち際でバラス・・・ そのあとしばらくやるもアタリなし。10時半撤収。

釣果:ワカシ×1、ゴマサバ×1

5:30~10:30 300分 アタリ4→ヒット3→ゲット2 150分に1ゲット

  • スキルジグ パープル/シルバー25g(ゴマサバ)
  • ムーチョルチア ブルー/シルバー35g(ワカシ)

これまでの釣果 今回使用タックル
太刀×3 ゴマサバ×22 エソ×2 ロッド シマノ GAME ARC906
ワカシ×41 マルソーダ×10 マサバ×4 リール ダイワ カルディアKIX3500
ショゴ×17 マハタ×1 ライン ゴーセン SaltWaterGame1.5号
サバフグ×3 イシモチ×1 リーダー ダイワ タフロンZR5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

台風14号接近

CIMG0191s 朝4時目覚ましが鳴る。昨日の疲れがまだ残ってかなりダルイ。今日はやめようかな? と思ったが、せっかくの休日だし、サーフKWでも行ってみることにする。現地着、波がとにかく高い。こりゃダメだ。やっぱり台風の影響かな?さて、どうしよう・・・ 海を見ながら途方にくれているとYからメール「やってる?Fは波高くてダメだよ」と。Fもダメか・・・ しばらくKWでボーっとCIMG0193s しているとY合流。このまま帰ってもしょうがない。あっち方面は、経験上恐らくこの波でも出来るはずだ!と踏んで、とりあえずSSに行ってみる。着くと案の定ベッタリしている。6時半頃開始。1投目、即効根掛り。人口施工物が海中にあるPなので、ひっぱっても取れない。あきらめてライン切断。ちょい場所移動&トリプルフック除去で再開。こっちではあまり良い思いをしたことが無いので、諦め気分でキャストを繰り返す。7時頃、キャスト後のフォールで振動が伝わる。合わせをくれるとフッキング成功!(シングルフックでもイケるんだ) 堤防釣りで初めての獲物、抜き時のバラシが心配だ。でも、なんなく抜き成功。マルソーダ37cm。そして、この後が続かず10時SSを後にする。次のPは、昨日のサーフK7。昨日の状態と時間的にも、はっきりいって期待はしていなかった。でも、ケンモチオリジナルをセット3投目、中層からのHPSJでいきなりヒット!(うそみたいっ/汗) 釣れたのはショゴ33cm。リリース後2投目、再びヒット!でも、浜に上げた瞬間にアシストフックが切れた!駆け寄ってワカシ36cmゲット! フックを付け直してさらに5投程でヒット!(すげー調子いい!) 今度はさっきのショゴやワカシとは引きが違う。うわ~、こいつ引っ張るな~。もしかしてもしかしてぇ、イナダ?!メ、メジ!? 期待と不安が入り混じる。そしてついに波打ち際まで寄せてくる。波の中の魚影も見えた(イナダ系) 最後に引き波に勝てばそこに魚が横たわっている筈!のところでパン! 軽くなった! 即効波の中にダイブ! が、どこ?どこ?・・・ 逃がした・・・ アシストフック切れてやんの(涙) 気を取り戻して再開するものの、やっぱり悔やまれる。そのうちYのロッドが大きくしなる。お!すげー!と言った途端にこっちもヒット。ショゴ35cm! でもYはまだ魚と戦っている。なかなか上がってこないなぁ・・ もしかしてイナダ?メジ?やめて!(汗) あがったのはヒラソーダ37cm。あぁ、先越された(汗) ヒラかイナダかカンパチかメジ(汗)が釣れたら持って帰ろうと決めているが、未だお持ち帰りの魚に出会ったことが無い俺。悔しいっす。そしてすぐさま、またYがヒット!そしてなんとまたヒラ!(汗) ジグのサイズを落とし(スギジグ25gセット)、更にYからヒットパターンを聞いて、その通りにやったら即効ヒット!(すげー!)引きも充分、ヒットパターンも一緒!これはもうヒラだ!(半ば確信) ついに波打ち際、あと一息!というところでまたしてもパン!(汗) 痛恨のラインブレイク。 がぁぁぁぁ(謎) いつも大事なところで、どこかがブチ切れる俺のタックル。もう、なんとかして!その後、普通のショゴとサバを追加したところで潮色変わってアタリが無くなる。13時撤収。場所移動成功でした。

釣果:マルソーダ×1、ワカシ×1、ショゴ×3、ゴマサバ×1

  • スギジグ イワシ25g(マルソーダ1、ショゴ1、ゴマサバ1)
  • ケンモチオリジナル 40g(ワカシ1、ショゴ2)

SS:6:30~10:00 210分 アタリ1→ヒット1→ゲット1 210分に1ゲット

K7:10:30~13:00 150分  アタリ9→ヒット7→ゲット5 30分に1ゲット

これまでの釣果 今回使用タックル
太刀×3 ゴマサバ×21 エソ×2 ロッド シマノ GAME ARC906
ワカシ×40 マルソーダ×10 マサバ×4 リール ダイワ カルディアKIX3500
ショゴ×17 マハタ×1 ライン ゴーセン SaltWaterGame1.5号
サバフグ×3 イシモチ×1 リーダー ダイワ タフロンZR5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

サーフK7

CIMG0184s ネットとか巷に聞く情報では沼津方面でイナダが釣れているらしい。サーフKWやFではどうもイナダは狙えそうも無い。久しぶりにサーフKに行ってみる。混雑することを考え、K氏と3時半待ち合わせ、現地4時着。10番の方は既に賑わっているが、こちらはまだ殆ど人の気配が無い。5時になると、一気に人が増える。明るくなってみたら海水浴場の様な人の多さ。さすがCIMG0186s はサーフK。心配していたウネリは無く、海はまるで池の様。右に入ったヒトが早々なにかを釣る←見てなかった。K氏の左のヒトもなにか釣ったみたい。よーし! いつもの様に底までジグを落としたいが、左からの潮流の速さと水深がある為に着底は難しそう。やや左気味にキャストし、中層まで落としてからジャーク&ジャーク。ジグが表層付近まで浮いてきただろうと思われるところでヒット!が、途中で軽くなる・・・ また始まったか・・・ このバラシ癖をなんとかしたい(涙)  左のヒト、右のヒトも渋いながらも釣果を延ばしていく中、K氏と俺はボーズのランプが点灯しかかってきたその時、ジャーク中にガツン!という手ごたえあり! うふふ~やっとヒットぉ~! いつもなら黙って巻いてくるのが、今日はようやくのヒットに思わず声を上げてしまう。K氏にヒットしたことを告げると、右の人たちもこちらに気づいて、ややマッタリ気味から活性アップ。でも、俺は密かに不安になっていた。無いの。振動が! ホントは巻くのを止めてみれば明らかになるのだが、怖くてリールを巻く手を止められない。そのウチ、ジグに付いたモノが水面に浮上する。やっぱり・・・ スーパー袋だ(汗) やられた。いい恥さらしだ(汗)結局ヒット1、アタリ1、ゲット0でサーフKを後にする。情報によればSSBさんがサーフKWに居るとのこと。帰り道なので寄って見る。KWに着いてみるとSSBさん既にタックル仕舞ってマッタリ中。ヤキソバセットを持ってきたとのこと。みんなで海近くまでセットを運び、ヤキソバ開始!って自分は殆どなにもしませんでした(^ー^; お腹がいっぱいになったところで投げ始める。KWはやはりウネリ有り、波も少々高い。波足長いせいもあって、ウネリの向こうまでジグが届かない。ダメだな・・・ ボーズ確定ランプが点灯し始めた。でも、時折ウネリの中で魚のボイルが見られる。ショゴ? ちょっとは可能性あるかな? しかし、1時間ほどしてもアタリ無し。やはりダメか・・・ 帰る相談をし始めたところ・・・ あれ? ナブラじゃない? でも、その目の前に居るおじさん無反応だ。ナブラじゃないか・・・ でも、もう一度良く見てみると、やっぱりナブラぢゃ! おじさんやっぱり無反応なので、ナブラに向かってダッシュ! キャスト、表層HPSJ→ヒット! が、わりかしすぐバレる(汗) くっ・・・ ナブラは浜からの射程圏内のまま東に向かって移動。K氏と共にナブラを追いかけます。そのウチK氏ヒット!ワカナゴゲット! いいなー。K氏が魚の処理をしている間にオイラはナブラ追跡続行。そしてバラシを繰り返しようやくヒット! ワカシ33センチ。写真とって、すぐまたナブラ追跡。ちょっと沖目に行ったのでフルキャスト!ブチン! ラインブレイク(涙)5分間の強制休憩。その間にK氏は2尾追加したもよう。その後オイラもなんとか1尾追加。それにしても、ナブラに魚が居ることが判っていながら、釣るに至まではホントに難しい。ナブラの進む方向にジグを落としてあげたいのだが、キャストしている間に方向転換してみたりとなかなかヒットまで持ち込めない。約1時間ほどナブラを追い掛け回したが、そのうち海は元通りに・・・ 気が付けばかなり波を被ってパンツまでぐっちょり。でも、サーフを走り回り、とっても楽しかった。

釣果:ワカシ×2

4:00~11:30 450分 2ゲット、6ヒット 225分に1ゲット、75分に1ヒット

  • ムーチョルチア ブルー/メタリック25g(ワカシ1)
  • ムーチョルチア ピンク/ホワイト25g(ワカシ1)

これまでの釣果 今回使用タックル
太刀×3 ゴマサバ×20 エソ×2 ロッド シマノ GAME ARC906
ワカシ×39 マルソーダ×9 マサバ×4 リール ダイワ カルディアKIX3500
ショゴ×14 マハタ×1 ライン ゴーセン SaltWaterGame1.5号
サバフグ×3 イシモチ×1 リーダー ダイワ タフロンZR5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

今年も来たか

一度デカイカ釣った時にお世話になったT田さんがSでメジ釣っただとか・・・ すげー、いいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »