« 夕方サーフF | トップページ | 夕方サーフF »

2005年9月11日 (日)

早朝サーフKW

今日もサーフKW。昨日のライントラブルの決定的原因が見つからないまま不安を抱えた釣行となる。とりあえず、ARCが一番の原因だろうと今回はロッドMHを選択。4時半ちょいすぎに家を出る。気が付けば、前に見慣れた車が走ってる。KM氏久々の登場。先行していたHに状況を聞くと未だアタリすらないと言う。ヒットタイムはまだか・・・ とちょっとホッとしながらHの後ろで準備をする。フと顔を上げるとHのロッドが大きくしなっている。しまった!イナダか?! なかなかあがってこないが、ようやく波打ち際に・・・ サメだ! しかし浜をズルズルしているときにラインブレイク。写真を撮るに至らなかった。 こちらもようやく開始。が、全然渋すぎ・・・ 周りも全然アタってない。そのウチ、KM氏ヒット! あがってきたのは・・・? なにか判らないけどスレで魚だ(汗) 7時頃だろうか、着低からスローなジャークで巻いてくると、なにかブルっとした感触が伝わる。あれ? ヒットしてるの?(汗) MHだとホントにアタリが判りにくい。以前、サバをぶら下げたまましばらくジャークしていた事もあるし・・・(汗) 上がってきたのはワカシ。が、足元でフックが外れた為、魚をキャッチするべく近寄るとそこへビッグウェーブが・・・(汗) 魚が! と急いで掴もうとするが波で草履が脱げた(汗) どっちを掴もうかと迷っている間に魚と草履が波に運ばれていく・・・ あうぅ、帰りは素足か・・・ と思ったら次の押し寄せる波に乗って草履だけ戻ってきた。魚は・・・ ま、よくあることね(涙) その後まったくアタリなし。KM氏、Hも帰っていく。代わりにY登場。しばらく海を見ていたYだが、昨日買ったロッドのことを思い出したらしく、車にタックルを取りに戻る。そしてYと一緒にキャストを繰り返す。すると、ジャークからガン!という手ごたえ、次の瞬間ラインブレイク・・・ またか↓ リーダーを結ぼうと後方に下がるとYヒット。ワカシ・・・ Yはその後もサバ、ソーダを追加。俺は・・・ 昨日と同じ現象が始まった。ライン切れまくり。すっかりやる気を無くして海を眺めているとYがヒット! でかそうだ。上がってきたのは38cmのショゴ。さすがに厚みがある。それを見て再びリーダーを結び、キャストするが、数投でラインブレイク。ジグ、アシストフックも底を着いた・・・ 撤収となる。今回、久しぶりにMHでやってみたが、とにかく重くて参った。あれを毎日振り回していたら右腕はかなり強くなるに違いない。それに、意外と飛距離が出ない。ARCの様なロッドのしなりが少ない為だろう。25gのジグは18g並に飛ばないし、逆に40g以上のジグにしてみても、失速して飛距離延びず。35g位が一番合っている様に思えるが、それにしたって、ARCで25gのジグを投げた時ほど飛距離が出ない。MHでやるためには肉体的なパワーアップが必要になりそうだ(汗) 軽いジグでも飛んで、重くすればそれなりに延びるARCはやはり優れものだと感じた。ラインの痛みはロッドが原因でないと判ったし、やっぱりARCを使っていこうと思った。ますます原因がわからず、魚も釣れず、テンションべた底。

5:00~12:00 420分 アタリ2→ヒット2→ゲット0

今回使用タックル
ロッド TC-962MH
リール ダイワ カルディアKIX3500
ライン ゴーセン SWG1.5号
リーダー ダイワ タフロンZR5号

|

« 夕方サーフF | トップページ | 夕方サーフF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118849/5893199

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝サーフKW:

« 夕方サーフF | トップページ | 夕方サーフF »