« 死ぬほど鯖 | トップページ | 状況いっぺん »

2006年8月25日 (金)

初めてのオフショア

Dvc10030 Hに誘われて沖に出ることになった。狙いはメジ。まだシーズン序盤ということで、メジを捕れる確率は低いとのことだが、経験を積むために取り合えず乗船してみる。オフショアを体験したことがない自分にとっては、期待よりも不安の方が大きく、前日もあまりよく眠れなかった。それと心配は船酔い… 4時に家を出てコンビニにより、飲料水、食料、そして酔い止めを購入して港へ。着いてみると、今回乗りあう方が一人既にスタンバっていた。挨拶をしようと近寄ってみると… あれ?どこかで見たことあるなぁ… お話中もずっとそればかり考えていて、ついに判明。そーいや、ホームページで、数日前メジを釣った人として写真載っていたSさんだ! こんなエキスパートが一緒じゃ心強い。船長も到着し、船に荷物を積み込んでいると、もう一人到着。Hと自分を合わせて4人での釣行となった。船上でタックルの仕度をしていると、まだ船はエンジンもかかっていないって言うのにいきなり気持ちわりぃ(汗) 泣きながらガイドにラインを通す。もう酔い止め飲みたいっす(涙) でも、この先なにがあるかわからないからガマンガマン… 港を出ると船は高速でポイントを目指す。エキスパート二人は船尾に行ってしまったので、意味もわからず自分達も船尾に移動。なるほど… こっちは揺れが小さいのね。移動中、あっちこっちにナブラが発生しているが、『あれはソーダだな…、あれはワカシだな…』等と船長がつぶやき、そんなものには目もくれずに行き過ぎる。いつもだったら大喜びしてすかさず撃つナブラも、今回は関係ない。Hと共にボーっとしながら海を眺めていると、急激にスローダウン。エキスパート達はミヨシに行ってしまう。なにがわからずHとオロオロしながらミヨシに行ってみると、既にお二方キャストスタンバイ(汗) こっちも慌ててロッドを手に取ると、『はい、投げて!』と船長。オロオロしながらも、取り合えず見よう見まねでアンダーキャストというヤツをやってみる。…が、ペンシルは殆ど真上に上がり、飛距離3m程度のところに着水(汗) うわー、投げ方わからねー! 回収して次キャストもヘタレ… 飛距離5m。見かねて船長が降りてくる。船長自らタックルチェックして頂く(汗) 『んー、別に悪いところはないみたいだなぁ』と言い、回収するとゴン!ヒット!(汗) 船長がヒットしちゃった。その状態でロッドを受け取ると、ギュルルルルル!めちゃくちゃラインが出る。ちょっとゆるいわー!と船長が横からドラグを締めてくれる(汗)結構締めた。心配っす(汗) 結構寄ったかな?ってとこで再び走る。硬い筈のドラグなのに、ものすごい勢いでライン出て行く! うをー! まっすぐ下に行き、どうやら船の反対側に魚が行ってしまったみたいで、ロッドがありえない曲がり方をしている。うをー!すげー!すげー! ひたすら叫びまくる自分。横のSさんも、たのしーらー!たのしーらー! と叫ぶ。数回そんなことを繰り返していると、まいった魚が水面に横たわる。でけー! 1メートルくらいあるじゃん。綺麗な金色オスのシイラ。どうしたらいいの?これ…(汗) そこへ船長が駆け寄ってきて、どうする? と聞いたので、リリースすることを告げると、身を乗り出してフックを外してくれた。おー、楽しかった! で、キャスト! やっぱりヘタレです。10mくらいか?(汗) クルクルクルっとただ巻きするとゴン! 再びヒット! またゴッツイ引きです。目の前を高速で反対側に走りぬけるシイラ。今度もメーター級。ギュゥゥゥゥ! ドラグの音がたまらん。なるほど、こんな引きじゃぁPRノットみたいなゴツイノットが必要なワケやね…と納得。しばらく戦うと水面に魚が横たわる。またしても綺麗なオスシイラ。リリースしてもらって、ヘタレキャスト! あぁ、すげー左に行っちゃった。スミマセン!スミマセン!と言いながら回収でゴン!(汗) なにやっても釣れるのね。って、自分ばっかり連続ヒットしてる。このペンシルがいいんだな、きっと。今度はさっきのよりもやわらかファイト。80cm位のメスシイラ。こっちの銀色も綺麗だな… でも金色釣りたいな… 再へタレキャストしてタダ巻き、そして止める… ゴン! くぅ~幸せぇ! なんてファイトを楽しんでいると魚ジャンプしてフックが外れ、ものすごい勢いでペンシルが自分目掛けて飛んでくる。左肩スレスレをペンシルが飛んでく。幸い、後ろにヒトは居なかった。こえぇな、これ(汗) ヘタレキャスト! 動かせ!動かせ!といわれたので、思いっきり動かすが食ってこない。じゃぁ、とさっきと同じパターンでタダ巻き、そして止めるとゴン! なんだかこのパターンがいいみたいだよ?(汗) それを見ていたSさんも、『タダ巻きがいいんかなぁ…』と苦笑いして首をかしげる。というか、ルアーもいいんだろうけど、飛距離が出ない自分は、Sさんが寄せてくれたヤツを釣っているに過ぎない(^ー^; こちらも80cm位のメス。上げてー! 船長の合図でこのPは終了。さらに沖を目指す。潮色がどんどんよくなってくる。駿河湾ってこんなに綺麗なのね… 曇っているせいもあるのか?岸が見えないこの風景ってすげー。途中、何箇所か撃つが反応なし。『そろそろこの辺だよ』と船長。浮遊物があったので停止。試しに投げてみる…と、ガイドにラインが絡んでラインブレイク(汗) やっちまったよ… 殆どルアーのロストは無いよっとヒトから聞いていたのに、自分はさっそくやっちまった(汗) みんなが釣りに夢中になっている最中、自分はリーダーを結ばなければ行けない… あぁ、この揺れる中でリーダーを結ぶのはかなりヤバイなぁ… ましてや、にわか覚えのPRノットは出来まい… ってことで、いつもやってるノーネームノットをちょっと厳重にやってようやくリーダー復旧。さっきのは無くなってしまったので、違うペンシルにしたが、今度は全然食ってこない。じゃぁ、ホッパーはどう?→ダメ。いろいろ試すが、さっきみたいなイージーヒットは生まれない。あぁ、もっとプラグ系充実しとけばよかった… 実は殆どジグばかりもってきて、プラグはあんまり持ってきていなかった。さっきまで使っていたPB-1152は、割と重く沈むタイプだったが、残ってるのは浮くタイプばっかりだ。仕方なしに、似ているっていうだけでPB-1151を付けるが、巻いてくるとすぐに浮いてしまう。あぁ、せめてリップ付いてるやつ持って来ればよかった… 『見つけた!』と船長が叫ぶ。なにを見つけたのか? 船を寄せていくと、遠くに鳥が上空、水面に固まっているのが見える。なんだこれは! なにもない水面にポツンとそこだけがにぎわっている異様な風景。ゆっくりと近づいていき、警笛を鳴らすと鳥が散り、そこから出てきたのはみごとなイワシダマ。ゴワゴワゴワ!って音が物凄い。Sさん達は、メジ狙いのため、ジグをセットしてあるタックルに持ち替える。自分達は、ワンタックルしか用意してないので、ルアーケースを開けてジグに変更。『行けー!』と船長の合図でみんないっせいに投げ始める。Sさんヒット!ものすごいドラグ音だが、どうやらシイラらしい。そして、もう一人のエキスパートもヒット! 船首から二人が降りて横に移動。『上がれー!』と言われ、船首にHと自分が登る。Hヒット! しかしバラシ。再キャストしてすぐにHヒット! かなりナイスファイト! しかし、自分はいくら投げどもジャークしようともヒットしない。ジャークスライダーを諦め、ルチア白ピンに変更(^ー^; でも食わない。もうプラグにしたいけど、また付け替えるの面倒だし… こんなとき、やっぱり2タックルあると便利だな…と、山梨のイカ釣り師さんのコメントが蘇る。でも、やっぱりプラグに変更。ブルースコードをセットしてリトリープするとヒット! したが、すぐバラシ。Hはトモに移動してまだ巨大シイラと戦っている。そうとうでかそうだ。が… 魚が横たわり、船長が手を伸ばしたところでバラシたらしい。『もうひとつあっちにあるから行って見よう』と船長。ゆっくりとイワシダマに近づいていくと『サメが付いたー! 間違いない!』と船長が叫ぶ。『メジ釣るのはいまだよ!』みんな目の色を変えて投げまくる。時折、黒い魚体が宙を舞う。『メジだ!メジだー!』船長叫ぶ。 キャストはだいぶ慣れてきたが、イワシダマの向こうまでいまいち飛ばせない。 サメの大きな背びれが水面に飛び出だし、ザブン!とイワシダマに突っ込む、はい終了。他のイワシダマが出来るのを同位置で待つ。水面を見ると無数のシイラ。とにかく凄い数。待つ間、シイラを狙うが、ほんとにバイトしない。かなり追ってはくるんだけど食わない。こんなに沢山居るのに… ついに新しいイワシダマが出来ずにポイントを替える。しかし、それほど良い場所が見つからずに、太刀を狙いに移動開始。その途中、水面にこれまた大きな背びれがいくつか出たり入ったりしている。その場で停船し、様子を見る。『サメじゃないなぁ、イルカかぁ?』…で、その正体は、なんとマンタ。マンタと判り、近づいていくと、すぐ船際に数匹マンタが泳いでいく。こんなもんが見られるとは… まったく海ってでかいよなー。太刀ポイントに到着。って、ここは、いつも浜から太刀を狙う場所の沖だ(汗) ブランカ60g赤金装着。魚探で太刀を探る。船長の合図でジグ投入。ゴン!ヒット! でも、太刀っぽくないなぁ…と思ったら上がったのはサバ(汗) こんな沖でサバなんか釣りたくないっす(汗) 船長の合図で数箇所攻めるがだれのロッドにも反応は無い。移動しつつSZ沖、KWも見える。メジはダメだったけど、太刀もダメか?… そんな空気の中、船長が意地になって太刀を探す。再び太刀P沖。船長の合図でジグを投入。『15mまで』と言われたので、ラインの色でタナを取り、15mからバーチカルで上げてくる。Hヒット! 数秒後、自分もヒット! おー! よかったー! 先ずはHと自分1ゲットずつ。投入すると再びゴン! Hと自分、連続ヒット! その調子でどんどん太刀を釣り上げていく。しばらくすると反応無くなりP移動。船長の合図で投入。10mから上を狙うとヒット! 『かなり上だよ』と船長。バーチカルで上げてきて、もうジグが水面に出るんじゃないか?ってとこまで、銀色の魚体が追ってくる。ここでもHと自分は入れ食い。投入からクーラーBOXに太刀を入れるまでの作業が忙しい。みるみるうちにクーラーBOXはいっぱいになっていき、船長の合図で終了。港に戻る。ホントに、最後の太刀は痛快というかなんというか楽しかった… 前もって、ショップで聞いていた通りのジグと、ワイヤーリーダーを付けないで、ぶっといリーダーにしておいたのが勝因。それと、使用したライン、JIGMANが10mごとに色分けされているので、タナを正確にとれたのも当たったんだと思う。今思えば、ショップの指示で、プラグのフロントフックを外しておいたり、フックはバーブレスにしておいたのは、シイラをリリースする上で、マコト的を得たことだったと思う。ホント、感謝です。そして、まったく初心者の自分達に対して親切に接していただいたおふた方、ラインかぶっちゃったり多分に迷惑かけて申し訳なかったですが、いろいろ教えて下さってありがたかったです。そして、やっぱり次回までは、もう1タックル揃えるのと、キャストの練習はしておきます。あの引きを味わう為に、また行きたいです。っていうか、今度はメジの引きを…ね。

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

キャスティング使用タックル ジギング使用タックル  
ロッド ダイワ ソルティガ A-ROUNDER70S

ロッド TENOCEAN REAVASⅡ JIGGING601MS  
リール ダイワ ソルティガ4500ZH リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ライン YGKよつあみ JIGMAN X4 3号 ライン YGKよつあみ JIGMAN X4 1.5号  
リーダー クレハ Seaguar50lb リーダー

クレハ Seaguar50lb

 
プラグ シマノ オシアペンシル PB-1152青ホロ ジグ YOZURI ブランカ60g 赤金
プラグ シマノ オシアペンシル PB-1151緑金
プラグ マリア ブルースコード115Cタイプ AY
ジグ ジャークスライダー1.5oz 
ジグ マリア ムーチョルチア60g 白ピン

|

« 死ぬほど鯖 | トップページ | 状況いっぺん »

コメント

お疲れ様でした~
船酔いは大丈夫だったようですね(笑
どんなタックルか分からないですけど
船の上からホッパーやプラグをキャストするのって大変なんですか?
バックが取れないとか?
1mのシイラをリリース・・・勿体ないっす、
フィレオフィッシュ何人前出来ることやら(汗;
それとメジは残念でした、前日にプレッシャー掛けすぎちゃいましたね(汗;
昼間タチが釣れるってのも面白そう~♪
ポイントがSZやKW沖ってのが笑えました(爆

PS:日曜日早朝はKW44に出撃します。

投稿: Jimny | 2006年8月25日 (金) 21:30

こんばんわー。
船からは、オーバーヘッドとかサイドから投げれないんですよ。アンダーキャストと言って下から投げます。下というよりも、斜め下から投げるのですが、たらせないし、先が水面に触れてしまって旨く投げれないのです(汗) かなり苦戦しました。お立ち台に登ったとき、オーバーヘッドでも投げましたが、ロッドが硬くて短いせいか、かえって飛ばない気がしました。
足が何故か筋肉痛です。ずっと踏ん張ってたせいかな?(汗)
昼太刀、めちゃ楽しかったです。あの短時間でこんなに釣れるとは… ショアからの釣りが難しいと、ホトホト感じました。
日曜日はKW44になったんですか。オイラもいっちゃうかな… Jimnyさんの上司にご挨拶を…(汗)

投稿: あめ | 2006年8月25日 (金) 22:26

そうなんだぁ、アンダーキャストですか、、
バスやってた頃よく練習しましたよ、右だけですが(笑
リールはスピニングなんですね、今度PWM96で練習してみるかな・・・絶対ムリ!(汗:
日曜日は元副部長と現係長が来ますが、カゴ釣りやるとか言ってましたから少し離れてやるかもデス、仲間に思われたくないんで(汗;
昨日の夕刊に浜からサバが遠ざかったって載ってましたが今日HGはサバ爆ったようです。
中にはシーラを掛けた人も・・・すっぽ抜けたらしいですが。。早くイナダサイズにならないもんですかねぇ・・・

投稿: Jimny | 2006年8月25日 (金) 23:45

こんにちはー!オフショアデビューお疲れ様でした。
ナブラを見つけてフルスロットルな時や
たくさんの魚達の姿に興奮しますよね。
やっぱりハマってしまいましたか~?(笑)

アンダーキャストは普段やらない上に
船上からだと慣れるまではなかなか難しいですよね。
ミヨシ以外でのアンダーキャストのツラさが
分かっていただけたかと思います。

投稿: 山梨のイカ釣り師 | 2006年8月26日 (土) 12:00

>Jimnyさん
アンダーキャスト、バス経験者だったら旨いかもしれません。今朝、KWでアンダーキャストの練習していて、S氏に『難しいからやってみな』とロッドを手渡したら、スパッ! と上手に投げてました(^ー^; S氏もバスから来たヒトなんで、アンダーキャストは慣れていた様子です。自分は日々練習です。明日もどっかいい場所みつけて練習しよーっと。あっちは今日もサバ爆だったみたいですね。ソーダも捕ったという事でした。

>山梨のイカ釣り師さん
思っていたより忙しい釣りだったです。なにかを見つけたら1~2キャストして反応が無ければお仕舞、ひたすら走り続けてシイラ発見した途端にスローダウンで即キャスト… あのスピード感が面白いです。アンダーキャスト、確かにお立ち台では随分楽だし、もっと長いロッドが欲しいところですね。それ以外な場所だと、もっと短いロッドの方がやり易いのかも… もう1タックル揃えようと思っているのですが、長いヤツにするか、短いヤツにするか悩んでいます。それか、同じ7ftで性格の違うロッドにするか… どう思います? 欲言えば3タックル欲しいですね… 秋のジギングも考慮して、今度は4500Z、若しくはブラストを買おうと思っているのですが、ブラストのドラグってどうです? 今回シイラをかけて思ったのですが、ソルティガZのドラグって、すごくいいですよね。セルテートとかも、あれぐらい良いといいのですが… というか、セルテートはもう痛んでいるのかな? オーバーホールに出したほうがいいのかも(汗) それか、ソルティガGAMEなんですが… どうです? まだ使ってないかな?

投稿: あめ | 2006年8月26日 (土) 18:53

こんばんわ、25日同船した、清水のSです。
お疲れ様でした。そしてデビュー早々の大型シイラゲット、おめでとうございます。
これではまっちゃいますね。
コメントにあったとおり、”たのしーら”(私生まれが山梨なもので)私もなんだかんだで楽しかったです。
残念だったのが、メジが取れなかったこと、私などまだまだですね。
船長も常々言うのですが、”ワンチャンスを物に出来ないととれないよ”ということでしょうか。
あの船に行く釣り人は、船長に怒られながら(笑)それでも通って、釣っているうちにだんだん船長の言うこと、船長にだけ見えている物(あの人はエイリアン?)が見えてくるのではないでしょうか。
 私は、アンダーハンドキャストオンリーですが、あめさんのおっしゃるとおり、大きい空気抵抗のあるプラグを、オーバーヘッドで投げるとやはり投げにくいですね。安全を考えても、アンダーですね。利き手はもちろん、反対側でも投げることが出来たら最強。どんどん練習してください。埠頭などの岸壁で練習すると良いかも知れません。船長が言うのは、”PE5色以上だ!”とのことです。
 カツオ・メジの本格的に回ってきましたら、またご一緒したいですね。そのときは、よろしくお願いします。


次が待ち遠しいですね。

投稿: 清水のS | 2006年8月27日 (日) 22:53

おぉ!こんばんわ!その節はお世話になりました!それにしても、よくこのブログ判りましたね?(^ー^;コメントあったのでビックリしましたよ。
ホントに楽しかったです。釣れなくても、あの光景を見られただけでも幸せだなと思いました。でも、いつかはメジ捕りたいっす。船に乗った最大の目的はそれですから。陸からでも捕れればいいんですけどね~。
実は、また今週金曜日の乗船を目標にして、もうワンタックル揃えているところです。が… ロッドで悩んでます。お立ち台からでは、もうちょっと長いロッドの方が、飛距離も出せていいのかな… でも、いまより短いロッドの方がミヨシ以外でも、もうちょっと投げやすいのかな… などと… とりあえず日々練習です(^ー^; それでも、なかなかうまく投げれないですけど。またご一緒した時は宜しくお願いします。

投稿: あめ | 2006年8月28日 (月) 00:02

こんばんわ、清水のSです。
こちらのブログは、私の釣り仲間(まだ明かせない)に教えてもらいました。
今週の金曜日は出張でつりにいけなくて残念!
竿ですが、やはり7フィートくらいが扱いやすいようです。某船長も7フィートくらいの竿ばかりでやっています。4年位前、30キロ以上のキハダが駿河湾内に回ってきた時には、船長は7.6~8フィートで2~3オンスのジグが投げられる竿とPE4号でと言っていましたが、今では、そこまで大きいやつはまわってきていないので、軽くて、扱いやすい、7フィートくらいの竿を物色してはいかがでしょうか。
ちなみに、お持ちの竿に非常ににているのですが、EG社のポセイドン、オーシャンハンター7フィートも結構お勧め。
タイプが違うのですが、G社のザン7.2フィートのやわらかいタイプも面白いです。
これらでは、ミヨシ以外でも十分飛距離が出ます。
それでは、がんばって釣ってきてください。

投稿: 清水のS | 2006年8月28日 (月) 19:37

こんばんわ~。釣友でこのブログ見ているヒトが居るんですかぁ… なんだか恥ずかしい(^ー^; 
Sさんも出張ある仕事なんですね~。もしかしたら、またご一緒出来るかな~なんて思っていましたが残念。ロッド、ポセイドンお勧めですかぁ… ポセイドンやCBワンとかにも手を出したいのですが、ちょっと予算が間に合わないです(汗) ん~、でも買っちゃったほうがいいのかな… リールはブラストにしました。Sさんの意見を参考に検討させて頂きます。こうしてまた、オフショアの道具もどんどん増えていくんだろうなぁ…(^ー^; とりあえず、今度も一応はメジ狙い。でも、まぁあまり期待はせずに釣りを楽しんで来ます。

投稿: あめ | 2006年8月28日 (月) 20:44

これから先、キャスティングゲームに凝るの
でしたらやはりロングロッドかなと。
1本目が7ftですので次は7.6ft~8ft位の
ロッドがいいのでは?と思います。
しかし、ショートロッドでもラインを細くして
あげると容易に飛距離を伸ばす事ができます。
逆の発想ですが、思い切って6.0ft前後の
ジギングロッド+PE2号でもいいかもしれません。
それでは心配・・・なら2.5号とか。。
エギと同じく細いラインは水切れよく飛距離も
伸び、使い心地はナカナカです。
シイラ・カツオ程度なら2号でも十分獲れますよ。

ソルティガGAMEはトーナメントのチューンドで
高いだけのことはありますね。
オフショア、陸っぱり両方で使えるように
2号-300mを入れてみました。
ドラグを使うような魚はまだ掛けていませんが
なかなかヨサゲです。
ブラストも機能的には何の問題も無いッスよ。
Z4000/4500とスプール共通で使えますしね。

山浩丸は右半分を寄せるのがお得意ですので
右舷前側に釣座を取りましょう。

投稿: 山梨のイカ釣り師 | 2006年8月28日 (月) 21:01

こんばんわです!
ロッド、いろいろ迷った挙句、キャストに自身が無いのでSG63S-3になりそうです。ジギングにも使えるかな・・・と。でも、中途半端になっちゃいやしないかと、少々心配ではあります。
確かに、自分達が乗船したときも右側ばっかりでした。自分は左舷に釣り座をとってしまったので、毎回右舷に移動してキャストしなければいけなかったのでわずらわしかったです。今度は出来れば右舷に取りたいです。
ソルティガGAME、印象良さそうですね? 自分もまた少々考えて見ます。

投稿: あめ | 2006年8月29日 (火) 23:09

中途半端承知での1本なら
キャタリナスティックのNABURA63
なんかも面白いかもです。↓
http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=2298

キャスティングとジギングでグリップの長さを
使い分け。
グリップ長いとトゥイッチがツライし
短いと脇挟みができないからジギングが
ツライし・・・悩ましいですね。

でもどうせ買うならやっぱり
SG63S-3のがいいなー(^-^;

投稿: 山梨のイカ釣り師 | 2006年8月30日 (水) 01:07

やっぱりロッドまだ悩んでいます。とりあえず、明日はロッド買ってくるつもりですが、キャスティングに慣れてくると、63じゃぁ物足りなくなるのは目に見えてるし、かといって76とか長いのも使いきれるか不安です。じゃぁ、やっぱり7フィート? それも芸が無い様な気がします(^ー^; SG GAME68S-3も気になり始めてますが… ん~、お店で見て決めます(汗)

投稿: あめ | 2006年8月30日 (水) 22:38

買って来ました! 結局、SG GAME68S-3にしました。70Sよりも柔らかくてちょっと短い感じです。SG63S-3と最後まで悩んだのですが、ちょっと硬すぎる気がして… GAME68S-3は、ジギングも出来るキャスティングロッドで、63S-3はキャスティングも出来るジギングロッドという見方をしたのですが… どうなんでしょう?(汗) どちらも中途半端だとは思うのですが… ちなみに、Hは63S-3の方を買いました。

投稿: あめ | 2006年8月31日 (木) 21:19

おぉ、いいと思います。
多少でもレングスが違うほうが自分は好きです。
少し柔らかめのロッドが省スペースで
ロッドを曲げる事がしやすいので
キャストは楽ですよ~。明日は山浩ですか?
29日に釣友が山浩に乗ってシイラ・サバ・タチ
釣れ釣れだったみたいです。HPには
ウソと思われるから控えめに書いてあるらしい
ですが、シイラが船中60本以上獲れたようです。
シンキングペンシルとカップが大きめのポッパー
に好反応との事。メジ・カツオ共見えたとも
言ってました。

私は、今週土曜日静浦の船に予約入れました。
CB-ONE81ML、62M、ジーダムジーン72Mと
キャスティングを意識した3セットを
持ち込もうかと考えています。
CB-ONEのどちらか1セットに
ソルティガGAMEを付けようと思ってます。
好釣果祈ってます(*^-^*)

投稿: 山梨のイカ釣り師 | 2006年8月31日 (木) 22:48

行ってきました。確かにシイラ、ここのところ好調で、昨日は船中70本近く出たそうです。が… 今日は生憎の雨。しかも大降り。魚もそうですが、どちらかというと人間がまいりました(汗) 朝から天候が悪かった為、最初太刀から行きました。太刀は爆りました。自分は… でしたが。明るくなって沖のシイラへ… でも、こちらは結局1匹も釣れませんでした。詳細はあとでブログアップします。明日からまた天気良いみたいなので、明日は大丈夫なのでは? ではでは~

投稿: あめ | 2006年9月 1日 (金) 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118849/11603677

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのオフショア:

« 死ぬほど鯖 | トップページ | 状況いっぺん »