« 夕方エギング12月初の獲物(汗) | トップページ | ’07年初の獲物はタコ(汗) »

2006年12月31日 (日)

2006年ラストはヒラメ狙い

Cimg1013 2006年最後の朝はヒラメ狙い!のつもりが寝坊、気が付けば7時だった… S氏の話では、だいぶ昨日の葉っぱは少なくなっていたとのことだったので、夕方のサーフにヒラメを求めて、今年の釣りを終わろうと思う。なんだかんだで忙しくて、やっとのことで16時サーフに立つ。1時間勝負! ミノーはおにゅぅのヒラメSPハデイワシ。風が無く、波も少々、潮目バッチリ! すごくいい雰囲気! こりゃホントに最後にイッパツ出るかも!? 期待に胸を膨らませてミノーをキャスト。16時半、2006年最後の太陽が沈む。これから30分が本命だ! その頃、気になる掃き出しを攻めていると右前方波打ち際でライズ!→ダッシュ!で投げまくり。さらにその向こうでもライズ!よしよし!いいぞ~。東を見るとすごい潮目!と思ったらどうも風が迫っているらしい… あの風が来るまでに勝負を決めたい! 必死に投げまくる。でも、無反応… 色か? ヒラメゴールドに変更して、さっきさぐった場所を再びトレース。そのうち、ついに風が来てしまった。東からの強風でミノーが前方に飛ばない。仕方が無く、多少立ち込み、第一ブレークを集中的に責めてみる。しかし、かかってくるのはゴミ&葉っぱのみ… やっぱり最後にミラクルは起こらなかった。

Jimnyさんがブログで一年を振り返っていたので、自分も記憶をなぞってみる。昨年末かCimg0056 ら始めたヒラメ狙いで、今年の元旦もFKに通った。その後もひたすら修行のような日々。そんな時、S氏が考案してくれた浜からの太刀狙い。試験釣行のつもりでS氏と共に太刀Pへ。開始2投目でS氏早速太刀ゲット!自分も後半追い上げ、一気に6ゲット。日ごろの鬱憤を解消された。しかしヒラメは、こんなに通っても釣れ Cimg0274s ないもんか?!半ば諦めていたヒラメを思わぬところでゲットすることになる。1月18日早朝の太刀P、Yと半太刀狙い、明るくなってジグを装着したところ、41cmの初ヒラメをゲット! あの時は嬉しかった… しかし、その後は続かず再び辛い日を送る。ヒラメが釣れないので、シーバスを狙ったり管釣りを始めたりした。ヒラメが釣れ始めたのは3月中旬になってから。その頃から、仕事がピークになり、なかなか釣りにいけない状態…なんだけど、無理して通う。常に睡眠時間は3時間な日々を送る。4月~5月にかけてアオリの釣果が飛び交う。でも、自分は行けない… 6月に入ってようCimg0330s_1 やく仕事も一段落。S氏が好釣果を得ているYにS氏と共に出かけると、シーズン初エギングで2.1kgゲット! 思い返してみれば、これが後にも先にも、今年一番の獲物となる。しかし、海は連日濁りが入り、全体的に釣れない日々が続く。いっぱつデカイやつを!と、伊豆の南まで遠征。そこでJimnyさんに出会う。釣果は芳しくなく、infoも終了。その背景で、サバの釣果を聞き始めていた。シーズン初期のデカ鯖を求めてKWに通いだす。しかし、今年はいつになっても青物は訪れない… しかたがないので、たまに東に行き、サバ爆を堪能。初めてKWでサバ以外の青物をゲットしたのは7月末。しかしそれも単発。再び釣れない。8月3日、ついにワカシがKWに到来。爆を味わう。その翌日、Jimnyさんがキナリさんと共に来場。このとき初めて言葉を交わす。この時、味わったことも無かった感覚。何故か変。いつもと同じようにやっている筈なのに、釣れない… ミスキャストも目立つ。結局、調子よく釣果を上げるキナリさん、Jimnyさんの横で、この日はボーズ。どうしちゃったんだ? 今年の青物は全体的に渋め。それでも釣れる日はあるのに、Jimnyさんと一緒だと自分だけ釣れない… どうもこのヒトには魚運を持っていかれてる気がする…という200609173 かペースを崩されている気がした(^ー^; やっぱり8月。Hの誘いで船に乗ることになった。急遽、乗船前日にタックルを揃える。そこで見た光景、味わった感触はいまでも忘れない。1mオーバーのシイラが目の前で飛び跳ねる、反対側にもぐられたときのドラグ音…たまらない。イワシ球に群がる巨大なサメ、船の下を通過するマンタ。駿河湾ってすごいんだな! その帰り、こちらも始めての太刀ジギ。イノマタ角太郎さんのアドバイスが効き、Hと自分は爆釣。それまでは太刀はショアから狙うもの!と決めていた自分に新しい風が吹き込んCimg0744_1 だ。その後、オフではお初の山梨さん、Jimnyさんと共に太刀ジギオンリーでも出船した。オフショア楽しいっす! 秋になり、そろそろメジ・カツオのシーズン。やっぱりHの誘いで再び船上のヒトとなる。初めてメジ・カツオの引きを味わう。この時船中105匹の爆状態。その後、御前崎沖にワラサ狙いで出船。海は大荒れ、渋い状態が続き、最後にイナダ6本を釣り上げ終了。ワラサは結局つれなかった。これを最後に船には乗れなくなるが、また来年もトライしたいと思った。渋いままショアの青物も終了。ヒラメシーズン到来! シーズン序盤に3枚上げ、今年は好調か?!と思われたが、その後続かず… 念願だった50cmUPが釣Cimg0914_1 れたが、その後、Jimnyさん、K氏、MK氏に続々と大物を釣られ、なんだか霞んでしまった… 言い訳も随分入っていた気がするが、一年を通して、ぱっとしなかった。来年は、周りや情報に左右されず、自分の考えで突き進める精神力を身につけて釣果を上げていきたい。周りが釣れても人は人…と、常に冷静さを保てれば、きっと!? ついついアツクなって周りの方々にも迷惑をかけたかもしれません。この場を借りてお詫びいたします。今年お世話になった方々、そして、このブログを読んでくださった方々、本年はありがとうございました。また来年も宜しくお願い致します。

’06釣果 使用タックル
  • ホウボウ×5
  • 太刀×12
  • ヒラメ×9
  • シーバス×4
  • 黒鯛×1
  • タコ×17
  • アオリイカ×9
  • コウイカ×1
  • アカイカ×1
  • ジンドウ×2
  • イナダ×1
  • サバ×172
  • エソ×3
  • カンパチ×2
  • ワカシ×19
  • シュモクザメ×1
  • ソーダガツオ×13
  • アジ×1
  • シイラ×5
  • ロッド:シマノGAME AR-C 906
  • リール:ダイワ セルテート3500HDカスタム
  • ライン:よつあみ ジグマンX4 2号
  • リーダー:ダイワ タフロン4号
  • ミノー:シマノ オシアミノーヒラメSP 125F ヒラメゴールド
  • ミノー:シマノ オシアミノーヒラメSP 125S ハデイワシ
    • 16:00~17:30
    • 中潮 上14:03 上21:20
    • 晴れ 波0.30 東風
    • 自分:アタリ0→ヒット0→ゲット0

    |

    « 夕方エギング12月初の獲物(汗) | トップページ | ’07年初の獲物はタコ(汗) »

    コメント

    ちょっとしかご一緒できませんでしたが
    色々とおつき合いありがとうございました。
    来年もよろしくお願い致します。
    メジ・カツオ狙い行きましょー(*^-^*)
    良いお年を~

    投稿: 山梨のイカ釣り師 | 2006年12月31日 (日) 23:30

    あけましておめでとうございます。

    狙って通って体調崩しても釣れないヒラメですが、今年も狙っていきましょう!
    ポツポツとFKに出撃しますのでお会いしたら情報交換してくださいね。

    本年も宜しくお願いいたします。。。

    投稿: KY | 2007年1月 2日 (火) 00:22

    あけましておめでとう御座います。
    本年も宜しくお願いしま~す!

    >山梨さん
    ども!今年はJimnyさんもメジカツオやるらしいので、今度はメジカツオフですかね~! 本年も宜しくお願いしま~す。

    >KYさん
    コメントありがとうございます。
    去年はFKでお世話になりました。
    今年も気力のみでFKに通うつもりです。
    また浜で会いましょう~。

    投稿: あめ | 2007年1月 2日 (火) 10:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118849/13279968

    この記事へのトラックバック一覧です: 2006年ラストはヒラメ狙い:

    » 熱帯魚 [カラシンの魅力②]
    カラシンの中で、小型のものは、一般にテトラとよばれています。そうした種類は、熱帯魚として古くから注目されたために、東南アジア諸国などで盛んに養殖され、コンスタントに入輸入されています。どこの熱帯魚店でも、数種のテトラが手ごろな価格で販売されていま...... [続きを読む]

    受信: 2007年1月 8日 (月) 14:37

    « 夕方エギング12月初の獲物(汗) | トップページ | ’07年初の獲物はタコ(汗) »