« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

ファーストヒットは痛恨のフックオフ

夕方、風も少なくいい夕方!こりゃ行くしかないっしょ! さて…ヒラメは釣れないし…ということで、時期尚早といいながらもやっぱり青物は気になる。定時退社で速攻でポイントに向かう。18時到着。だいぶ日も傾いてしまっているので、30分勝負というところか? 急いでサーフに行き、スピードジグ40gブルピン装着。風の影響も無く、気持ちよくジグが飛んでいく。先ずは底に沈めてHPSJ。次は底から5SJ→フォールを繰り返す。次は上を集中的にせめて、また下… とやってみるが反応はない。やっぱり厳しいかな? こんな浅瀬なサーフでは、青物が入ってきたら表層になにかしら反応が見えてもよさそうだけど、それもまったくないし… 濁りもちょっとあるなぁ… なんて思いながら、何気なくCD7から中間層を大きなゆっくりジャークでフワフワとジグを泳がす。殆どなにも考えない無の状態から、それは突然ゴツン!という強い衝撃と共に眼が覚めた! !!? え?!マジ?ヒット? 一応しっかりともう一度合わせをくれて感触を確かめてみると、まさしくヒットしている! しかも、ジグキャストを意識して、少し硬めにセットしてあるドラグが鳴く! こ、これは…!? 結構パワフル! サメを疑ったが、スピードがそれを超えている。最初手間取ったが、魚がこちらに向かったのか?意外とスルスルと近くに寄ってきた。残り20m! 少し魚がまた沖に走り始めた。なんか、ホントにヒットするとは思ってもいなかったのに、いざ掛かってみればこの引き… これは超本命じゃない?! なんか震えてきた… 一段下に降り、絶対に獲ってやる!という思いを腹の底にすえて耐える。隙を見てはラインを巻き取り、魚との距離を詰めていく。そしてついに波打ち際! ここからが大変… 再び魚は横走りし、時折魚の腹が底を着くのか?激しい抵抗を見せる。こわい… こんなところでバラしたくない!頼む!暴れないで! そんなことを祈りながらも魚の抵抗を続く… 残り3m! そろそろ魚が見えるぞ! なんとしても魚体だけは見てやる! っとロッドを大きく立てて耐えているとバシャバシャ!という激しい水しぶき! その瞬間! ブツッ!というなんとも言いがたい感触が伝わった! やっちゃったー! そんな大声を上げながら大きな喪失感が襲ってくる。一瞬、尾びれが見えたかどうか? そんな残像を残したまま、魚は海に帰っていった… ガクリとうなだれながら、なおも振るえが全身を襲う。ちくしょー! そんな気分で再キャスト! しかし、気が動転していたのだろう… ベールが返って居なかったのかさえ覚えていないがキャスト切れ… このタイミングでシステム組みなおしとは… とはいってもリーダーを結ばないことには始まらない… しぶしぶ結んで再度開始。でも、やっぱりどんなことをしてもアタリなんかでやしない… 投げるたびにこみ上げて来る悔しさ… はぁ…出るのはため息ばかりです。そんなことをしていたらすっかり暗くなった。せっかくここまで来たし…ということで一応ブランカを装着して太刀チェックを試みるが気が乗らない…5キャスト程して涙の撤収とした。

<使用タックル>
ロッド:テンリュー パワーマスター PWM96M
リール:ダイワ セルテート3500HDカスタム
ライン:よつあみ ジグマンX4 2号
リーダー:フロロ50LB

<データ>
長潮 上12:50(103) 下19:21(44)
波小 ほぼ無風 潮色:白 天候:晴れ
18:00~19:10 アタリ1→ヒット1→ゲット0


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×5、エソ×2、太刀×55、シーバス×1
ソゲ×1

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

細くなった…

Cimg2844 夕方、どこかヒラメが狙えるところを…と思いついたポイント一箇所。最近いったことないが、偵察を兼ねて出撃。今日は夕方でも風が少なくていい感じ。しかも、懸念していたゴミもなく、なんか出るんじゃないの?という雰囲気。ワームを装着して片っ端からランガンしつくしたが、ついに反応無し… Jimnyさんが夕方、太刀を狙いに来るというので、自分も合流すべくポイントに急行。すると、ズラーっと並んだ先行者達の車が止まっていた。見たことも無い人たちもいるみたいだけど? 身支度をしてサーフへ。そこにいたのはJimnyさんとTDさん。でも、ここは入れそうもないので、隣のサーフに自分だけ移動して開始。数分してSugi氏も到着。自分の横でジグを投げ始める。すると、まだ明るいというのに、自分にファーストヒット! 結構引くよ! でも、なんか挙動が変だ… これは太刀じゃない…っていうとヒラメか? なんて思ったら残念…色は似ていたけどエソだった(汗)しかもランカーサイズ(汗) 速攻でキックして海へお帰り頂き、続けて太刀を狙う。すると、Sugi氏にアタリが出た様子… そして、暫くするとSugi氏ヒット!でもフックオフ… それと同時に自分にもアタリが出た! と、そこへTDさんよりメル受信。あっちはもう始まった様子で2ゲット済み! でも細いんだとか… ん~、こっちは反応イマイチだなぁ…なんて思いながらもさらに数分経っただろうか、割と近めのブレイク付近でフォール中のジグにヒット!でも引かない… 上がってきたのはTDさんが言っていたサイズ、なんとF1.5(汗) 細せぇぇ! ちょっとしてSugi氏もヒット!やっぱり同サイズ。さらに数分、今度は自分がヒット!同サイズ… Sugi氏ヒット!同じ… なんか、釣っても釣ってもサイズは上がっていかない感じ。風が吹き始めてきた… その直後にやっぱりヒット! Sugi氏もヒット! 風でさらに活性上がったか?と思えたのもつかの間、だんだんと遠のくアタリ… ジグをローテーションして1ozのブランカピンクシルバーで1ゲット。さらにローテーションして黒ジグにて1ゲットしたところで、まったくの無反応。時間は19時40分… そろそろ潮時か? とJimnyさんちが居るサーフに移動してみると、そこには久し振りのFSさんがいつのまにか入っていて、数分前に太刀ゲットしたという。横に入って2キャストしてみるが反応無し。時間も時間だし、そろそろ終わりか? と、すっかり話し込みモードになり、釣り終了。あとは、駐車スペースで雑談タイムとなり暫く話し込んだ後の撤収とした。どうして夜の釣り上がりって話に花がさくんでしょうね?(笑) でも、今日も楽しい夜だった。

<使用タックル>
ロッド:テンリュー パワーマスター PWM96M
リール:ダイワ セルテート3500HDカスタム
ライン:よつあみ ジグマンX4 2号
リーダー:フロロ50LB

<データ>
小潮 下18:02(45) 上0:36(116)
波小 南風 潮色:白緑 天候:曇り
18:10~19:40 アタリ8→ヒット7→ゲット6(太刀×5、エソ×1)


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×5、エソ×2、太刀×55、シーバス×1
ソゲ×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさのショアジギ

世間はGW。まるでそれに合わせたかのように、夏ゲームの代表格である青物が入ってきたようだ。地元の海は相変わらず濁りとゴミで釣りにならないし、どこもフラットはイマイチな感じ… それじゃぁ、青物チェックでもしてみましょう!ってことで、JimnyさんのPBにてJimnyさんと落ち合うことにした。朝5時現地到着。まだJimnyさんの姿は見えないが一足お先にジグを投げ始める。風もなく、寒くないし綺麗に澄んだ海… それだけでも気持ちいいのに、久しぶりに早朝まともに投げるジグは、まさに爽快。あとは魚が居れば言うことないのだが? ひたすらキャストすること数十分。まったく反応無し(汗) と、そこへJimnyさん登場。昨年秋以来のPBでのランデブージグキャスティング。投げまくり〜…でも、変化無し〜(汗) すごーく沖で、時折キラッ!とひかるなにものかが確認出来ただけで、噂に聞く春ナブラはPBでは出現しなかった。6時半を過ぎてJimnyさんタイムアップ!それに合わせて自分も撤収とした。帰りに、これからお世話になるであろうKWに寄っていってみる。すると、サーフにズラ〜っと並んだひとひと… みんなタコ狙い(汗) タコアングラーの間にまみれて、一応ジグをキャストすること30分。こちらもさっぱり変化無し。やっぱりまだこっちの浅場地帯では時期尚早の様だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

太刀好調?

Cimg2822 今夕は太刀チェックで出撃です。道中一緒になったSさんとポイントにて身支度をしているとSZさん登場。まだ時間も早いから…ということでワームなど投げてみる… でも、今日は西風が強く、そこへ来てハードなパワーマスターでは、まったくなにをやっているか判らない状況。数投して太刀狙いでジグに変更。先日好釣果を叩き出したブランカ青銀を装着して、ヒラメでも釣れないかなぁ~なんて感じで底から狙っていくウチにキャスト切れ(涙) 本番タイムを待たずして頼りのジグを失った… なんか今日は幸先悪いな… なんて思っているところへヨシカさん&コタローさんと、そのお連れさん登場。それぞれ思い思いのポイントに散って開始。ブランカピンクシルバーを装着してキャストを続けること十数分…いい感じの暗さになってきた。そろそろかな? と上から中層をメインに太刀Mでキャストを繰り返す。だいぶ暗くなった18時50分。太刀M後のフォールにプルプル!っと反応有り!だが乗らず… 見ればリーダーに傷が付いている。その次キャストも同パターンでバイト発生!でも乗らない…ということは、今日もサイズが小さいことが予想される。19時、SZさんが遂にファーストヒット! 太刀ゲット! 続けて自分も遅いピッチの太刀Mにヒット!F3ゲット! さて始まった… 立て続けに釣れるかと思いきや誰にもヒットが生まれない時間がやってくる。しばらくしてSZさんのお連れさんにヒット! そして自分も太刀Mからのフォールにヒット! その次キャストも同パターンでヒット! そして隣のSさんもヒット! で、やっぱり自分もヒット!したがこれはバラシ… しかし、その次のキャストでヒット!F3.5ゲット! その次キャストから5キャスト連続でフォール中のアタリが出るものの乗らず、6キャスト目からまるで反応が無くなった。そこでジグ変更。黒ジグ・・・ダメ、オレンジ・・・ダメ、やっぱりピンクシルバーかな? と変更してみるとヒット! その次もヒット! ここでまた反応が無くなった。上から底、遅めから早め…とレンジやアクションを変えてみてもダメ。それじゃ、グロウでも試してみるか… とブランカハイパブライト装着。キャスト後太刀M→フォールでビク! お!あたった! なんて騒いで見ると、隣のSさんとお祭りだった(汗) 気を取り直してキャスト! 太刀M→フォールでプルプルという感触発生!ヒット! こいつはF2.5… さっそくのヒットだったが、後が続かず… またピンクシルバーに戻してみようかな? なんて思ってタックルケースを漁るが、何故かピンクシルバーが無い!(汗) どこかに落ちてるかな? っとしばらく探してみたがやっぱり見つからない… これでモチベーションが落ち、19時40分、そのまま撤収とした。今日はアタリの割にはヒットする回数が極端に低かった… 小さいのが多いのか? フォールでのアタリが多かったことから活性が低かったのか? 今後も様子観察です。

<使用タックル>
ロッド:テンリュー パワーマスター PWM96M
リール:ダイワ セルテート3500HDカスタム
ライン:よつあみ ジグマンX4 2号
リーダー:フロロ50LB

<データ>
中潮 下12:47(6) 上19:37(139)
波小 西風 潮色:割と澄み 天候:曇り
18:10~19:40 アタリ15→ヒット8→ゲット7(太刀×7)


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×5、エソ×1、太刀×50、シーバス×1
ソゲ×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

サイズがあればなぁ…

Cimg2809 今朝は完全に起きれなかった… せめて夕方だけでも…と今夜も太刀狙いで出撃しました。現地17時40着。先行者発見!松樹さんだった(笑) 身支度をしながら喋っていると、Jimnyさんも登場! 先日のファーストヒットが18時20分だったことから、今日は早い時間からやってみることにする。時間は18時、まだ明るいことからブランカの青銀をセット。そして、今日初下ろしのパワーマスターで軽くキャストをしてみる。確かに抜けは良さそうだが、ちょっと硬いかな? という印象。ホントは太刀みたいな魚は、グニャングニャンな竿でやりたいところだけど、ショアからだとジグキャスティングという動作が必要になるので、やはりこれぐらいは必要に思える。でも、40gのジグではちょっと軽すぎるのかな?という感じがした。キャスト後は、一度底まで沈めてから早めの太刀Mで浮かし気味にジグを操作し、しばらくしてから底まで沈める。着底から再び太刀Mで浮かしてくるとゴン! おぉ!いきなり一投目で来たよぉ(汗) やっぱり早い時間からやって正解だったな。次はもっと早くからやってもいいかも… なんて思っては見たものの、なんか反応が変だ…(汗)太刀じゃないかも? なんて思いながらランディング! ソゲだった。サイズは30cm。撮影をしてリリース。今度こそ太刀を釣るべく太刀Mで辺りを探る… 18時30分、Jimnyさんにバイト発生! いよいよ始まるか? ジグをブランカハイパブライトに変更してキャスト! カーブフォールで落していくと、コココン!というアタリ! グン!とロッドを立てると、スッ…とテンションが消える… やられた… 太刀のファーストバイトでラインブレイク。幸先悪いスタートとなった。焦る気持ちを抑えてラインを回収してみると、リーダーではなく、ラインがやられている…(涙) 早いところシステムを組みなおそうと、ベストの中にリーダーを探すが無い!(汗) 車に忘れてきた(涙) 仕方が無く、小走りでリーダーを車に取りに戻り、リーダーを結ぶ… で、やっとの思いで完了。幸い、まだ爆発タイムには間に合ったようだ。そこで、Sugi氏登場。Sugi氏は、あっちのサーフで開始。自分がシステムを組みなおしている間、グロー系でやっているJimnyさんと松樹さんにヒットが生まれなかったことから、試しに自分は昨日のヒットジグである黒ジグをセットしてみた。そして数投…やっぱりノーバイト。すかさずジグローテーション。最初にソゲを釣った青銀をセットして数投… ブレイク付近でフォールさせたところで、コココン!という感触の後、ちょっと重くなった… でも、あんまり引かないしゴミかなにか?なんて思いながらランディングしてみると太刀だった(汗) F2.5ゲット。速攻にリリース。すぐさま、松樹さんとJimnyさんにもヒットが生まれる。いまがチャンスか? 時間は19時、ちょうどいい時間だ。その証拠に、次キャストも表層太刀Mに速攻ヒット! リリースサイズ。次キャストでもヒット!リリース(汗) 次はアタリがあったが乗らず… その次もアタリのみ… さらに次キャストでようやくヒット! ちょっとはマシか? とキープ。ここ最近の中では一番サイズが最悪だが、それでも数だけは伸びていく。バイトが出ない感覚が少しずつのびていくが、なかなかいいペースで釣れて行き、あれよあれよと7ゲット。しかしここで止まった… レンジや投げる方向を変えてみても反応無し。ジグを変えCimg2818ようか?とも思ったが、ここで少しアクションを変えてみる。キャスト後、ラインスラッグを取ってから、大きくひとシャクリ!→フォール、もうひとシャクリ!→フォールでコココン!とアタリが出てようやくヒット! 次キャストも、同じように着水後、すぐにシャクリを入れてフォールさ せるとヒット! なるほど…今度はこのパターンがいいのか… と思いながらの3キャスト目は無反応で帰還。その次も無事帰還… どうも終盤にさしかかっているようだ… 反応が無くなったので、ジグをピンクシルバーにチェンジ。数投するとヒット! しかし、結局このあと、ジグに反応が出ることはなかった。時間は20時半。撤収とした。

<使用タックル>
ロッド:テンリュー パワーマスター PWM96M
リール:ダイワ セルテート3500HDカスタム
ライン:よつあみ ジグマンX4 2号
リーダー:フロロ50LB

<データ>
大潮 上17:52(146) 下23:34(54)
波小 無風…北風? 潮色:割と澄み 天候:曇り
18:00~20:30 アタリ16→ヒット12→ゲット11(太刀×10、ソゲ×1)


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×5、エソ×1、太刀×38、シーバス×1
ソゲ×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

ちょい楽しめた

Cimg2794 日中の状況では、どうなるかと思われた天候だったが、夕方になるにつれて雨も上がり、風も無くいい感じ! かねてから予定していたように、今日は夕方の太刀チェックに行って見ることにした。17時55分現地着… あれ?誰も居ない… 金曜の夕方、誰かいるかと思ったのに、なんだか寂しい感じ(汗) 海を見てみる…昼間の雨風でどうなっているかと思いきや、意外と澄んでいるしウネリも無い。そこへきて風も無いし、こりゃ絶好の夕方だ! 太刀にはまだ早いだろう…ということで、AR-CにヒラメSP115Fを装着して一応フラットorシーバス狙いでランガンしてみる。それにしても、今使ってみると、AR-CなんていうゴツイロッドにヒラメSPは軽すぎ、いまいち狙ったところに飛んでくれない。よく去年までこんなんでやっていたなぁ…と我ながら関心してしまう。案の定ノーバイトのまま、ちょっと薄暗くなってきた18時20分。まだちょっと早い気もするけど、一応太刀狙いに変更してみる。まだ明るいことから、ケンモチオリジナル黒ジグを装着して、正面にフルキャスト! CD3程で、太刀M×3でガツン!というアタリ! そしてヒット! うそっ、一投目からきた… もっと早くからやっていればよかったかな? なんて思いながらファイト開始。それにしてもいい引き! ジィィィ!とドラグが結構鳴く。もしかして、太刀じゃないんじゃないの?これ… シーバスか何か?なんて思っていると引きが止まった… 明らかに太刀っぽい挙動。しかもナイスサイズを確信! ちょっとドラグがキツメかとも思ったが、また走られては始末に終えない…なんて考えでドラグはそのまま。時折強い引きを味わいながらも、なんとか波打ち際まで寄せてくることが出来た。あとひといき…そう思った途端、プチンというイヤな感触…バラした(涙) 気を取り直してすぐさま同じ辺りにキャストしてみるが続いてくれない… バラした事を悔やみながらもキャストを繰り返していると、結構暗くなってきた… ここでジグ交換。やっぱり主軸はブランカで… ということで、いつものブランカ40gハイパブライトを装着。さっきのヒットポイント、その他放射状にジグを投げてみるが反応が無い… 上から底まで結構探った。一度、アタリがあったものの乗らない… 太刀M、L&F、タダ巻き… どんなことをしてもびくともしない。こりゃ困った… またしても難しいパターンだ今日も… ジグ、アクションを変えて試行錯誤しているうちに船での釣りを思い出して、一度底にフリーで沈めてから早めのジャークでジグを浮かしては、またフリーで沈める…というパターンを試してみると、フォール中にガツ!という感触! あわせてみると乗った! ファーストランからすると結構弱いが太刀の感触… 最初にバラしているから慎重にやりとりをし、なんとかランディング! F3ゲット! 今日はお土産あげれるヒトが周りにいないのでリリース。すぐさま同じ辺りに投げて同パターンを繰り返すこと数回… 反応無し… 試しにスピードジグ黒金に変更して、同じパターンをしてみると、ジャーク中に乗った! やっぱりF3。ようやく活性出てきたか? 再びジグをブランカに変えてみるがまったくもって反応が無い… しばらくしてから最初のヒットルアーに変更して太刀Mを開始してみると速攻ヒット! なんだこの違いは… 今日はブランカ不発か? そう思ってケンモチジグで追加を狙うが単発… 再びブランカに変更。いろいろやってみるがダメ・・・・ 時間は20時… もう終わりの時間か… じゃ、最後にケンモチジグを投げて終わろう… そう思ってキャスト後CD3で太刀Mにヒット! これはちょっとよくてF3.5。リリースして、速攻でキャスト!太刀M×8でヒット!F3ゲット! 続けてヒット! ヒット! ダメかと思っていた20時以降に連続4ゲットしたところで止まった… 時間も時間だし…ってことで半まで投げて撤収とした。

<使用タックル>
ロッド:シマノ GAME AR-C1006
リール:ダイワ セルテート3500HDカスタム
ライン:よつあみ ジグマンX4 2号
リーダー:フロロ50LB

<データ>
中潮 上16:39(137) 下22:33(42)
波ちょい 無風 潮色:意外と澄み 天候:曇り
18:00~20:30 アタリ10→ヒット8→ゲット7


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×5、エソ×1、太刀×28、シーバス×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

3枚目?6本目?

4時起床。昨夜も睡眠時間3時間… 起きるのが辛い。このまま寝てしまえばどんなに楽か… なんてウダウダしていてホントに起きたのは4時半(汗)今日はシンヤさんに加え、Sugi氏もくるんだっけ… じゃ、いかなきゃ… ってことで現地に急行、着いたのが5時だった。身仕度をして、手短なサーフに入って開始。コチは昨日獲ったので、狙うはヒラメのみ!ってことで、今日は断然ヒラメMで攻めてみる。しばらくするとSugi氏が向こうからやってきて合流。シンヤさんもちゃんと来ているらしい。おまけにシンヤさんはソゲをゲット済み。じゃ、こっちはもうちょっと大きいの釣っちゃうよ〜なんて気分でワームを投げまくる。でもそうは簡単にいかない。いろいろなパターン、ワームもローテーションしてみたがノーバイトなので、この場は諦めて隣のサーフにSugi氏と移動。ここでも粘ってみるが反応がない。見切りを付けてSugi氏は西へ移動。自分はもうちょい粘ってみることにした。サーフをランガン。着底したワームをミドルリトリーブで巻いてくると、一瞬コクン!というアタリが出た!しかしのらない… 間違いなくルアーの近くに獲物が居る… さてどうしよう… 取り敢えずそのままボトムに落として少し様子を見るが追ってきてはくれなかったようだ。仕方なく回収。続けて同じ場所を何度と通すがやっぱりダメだった。ここもさすがに飽きた!っということで、さらに東へ移動。ここでもランガン…いろんなパターンで攻めてみる…がだめだめ〜(汗)こりゃまいった…ボーズかぁ? そこで昨日、1投目でヒットしたワームを取り出してセット。まさかまた1投目で来たりしないよな〜なんて思いながらリトリーブしていると、なにものかがチェイスしてくる感触!そしてグー!と重くなったところでフッキング!ヒット!やった!でもちょっと軽いし、意外と頭振らないみたいだけど?なんて思いながら波打ち際の攻防。そこへ少々大きい波にのって魚の姿が見えた!あれ!?サイズは40cmくらいだけど、なんか平べったくないかい?! 軽いから小さいや…なんて侮っていたけど、途端に緊張感が体に走る。早くランディングしたい!と焦りがまじったままランディング!…とその時、波とのタイミングが合わずにプチッという感触!あ!バラした! でも波に乗ってこちらに魚がよっている!濁り潮のせいで魚体は確認できないが、取り敢えず波のなかに飛び込み、魚が居る辺りを必死にキック!キック!キック! すると、平べったいものがヒラヒラと丘にあがった!やった!成功!と駆け寄ると、それはウェーダーのフェルトソールだった(汗) 魚は海へお帰りになり、ウェーダーは小破損…さんざんだ。しばらくしてシンヤさん合流。少しお話をしてからそろそろ撤収時間も迫っている…ということで、おのおの自分の車が止まっている方向に戻りながらランガン。っとそこへSugi氏からマゴチゲットメールが入る。時間はもうすぐ7時。最後にパイロットルアーとなっているホロピンを数投して撤収とした。

<使用タックル>
ロッド:オリンピック アルジェントGOAS902LS
リール:シマノ ステラC3000
ライン:よつあみ GSOUL WX8 1.2号
リーダー:ダイワ タフロン5号

<データ>
中潮 上3:46(135) 下9:59(43)
波ベタ 無風 潮色:白茶 天候:曇り
5:00〜7:00 アタリ2→ヒット1→ゲット0


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×5、エソ×1、太刀×21、シーバス×1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

久しぶりの早朝…そして5本目

Cimg2783 昨日は起きれずに断念… 今朝こそは!と頑張って4時起床。目的のポイントに着くと、既にシンヤさんがスタンバっていた。今日の狙いはマゴチ。基本はマゴチMで、運よくヒラメが掛かればいいかな?という感じでやってみる。先行してエントリしたシンヤさんの横に入り、いつものピンクホログロウとジョイントAX3/4ozの組み合わせでねっちりと底重視で探り開始。時間は4時45分。驚いた事に、もうライトが要らない位に明るい。こりゃヒラメ狙うならもっと早起きしなくちゃいけなさそうだ… 取りあえずじっくり…飽きたら早めのアクションを入れて、細かく探り続けるけどまったくもって無反応。そんなことを繰り返し、同じ場所にも飽きてきたので、自分は東へ、シンヤさんは西へそれぞれに場所を移した。先ほどと同じアクションで一通り探ってみたが状況は変わらない… 時間も経ってすっかりと明るくなり、今日はダメか?という気持ちが頭をもたげ始めた。さらに場所移動をしようかとも考えたが、ヘッドとワームを交換して、もう一度同じサーフをランガンしてみようと試みる。先ずはワンキャスト。これでたちまち変化があれば魚影はそれなりに濃い事が予想される。しかし、これまで丹念に探ってもまったく無反応だった事から、さほど期待はしないでワームを底に着け、そこからマゴチMで巻いてくると感触に違和感! その直後、グッ!っと負荷が伝わったところでフルパワーフッキング! ノッた! 確かにコチの手応え! やっと生まれたヒット、ここでバラしてしまっては元も子もないだけに大事にやりとりをする。そんなファイトの最中、遠くからシンヤさんがこちらに向かってくる姿が見える。バラしてしまったときの事も考え、ヒットしたよ〜!と、そんな声を心の中で叫びながらシンヤさんにヒットしたことをアピールする。でも、暴れる魚にドキドキしながらもようやくランディング成功! 52cmのマズマズサイズをゲット! 自分だけ乗り遅れまいとシンヤさんも果敢にキャストを繰り返す。ルアーチェンジをした1投目で獲れるとは縁起がいい・・・ 先ずは一本獲った! 撮影リリース後、さらに二本目を狙って同じ場所を攻めてみる。きっといままでのはワームの色が悪かったんだ… と決めつけ、ヒットルアーで辺りを探るも反応ナシ。さんざ探って場所移動。こちらでもヒットルアーで細かく探ってみたがノーバイト。スレたのかな?ってことで、ワームのカラーチェンジをしてランガンを繰り返してみるがやっぱり反応はなかった。結局その後はノーバイトのまま制限時間の7時までやり、撤収となった。簡単に釣れそうで、なかなかそーでもないマゴチ… 意外と奥が深いのかも? と印象を持った今朝の一尾だった。

<使用タックル>
ロッド:オリンピック アルジェントGOAS902LS
リール:シマノ ステラC3000
ライン:よつあみ GSOUL WX8 1.2号
リーダー:ダイワ タフロン5号

<データ>
若潮 上3:19(130) 下9:30(58)
波ベタ 無風 潮色:薄濁り 天候:晴れ
4:45〜7:00 アタリ1→ヒット1→ゲット1


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×5、エソ×1、太刀×21、シーバス×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

夕方フラット狙い

ここのところ、またしてもいろいろあって釣りから遠のいています(^ー^;
ご心配をかけました方々すみません…
で、今日もやることいっぱい… さて、なにから片付けよう… なんて仕事中に模索。で、あちらこちらにコンタクトを取って見たところ、今日はどうにも動きが取れなさそうだ… ぽっかりと空いた夕方。じゃぁ、久し振りに夕方フラットにでも行ってみるか!ってことで定時速攻で切り上げて向かったのはSK。今日は風もないし、結構濁りも取れていい感じ!こりゃ出ちゃうか~? なんてノリでワームをキャスト。今日は一枚…一本とってやる!と、集中してこまかくランガン。潮が引いているために、いつもより沖を探れる。いかにも出そう! っと期待を膨らませながら攻め続ける。そしてマズメ到来。薄暗くなってこの10分が勝負だ!とばかりにヒラメMで気になるポイントを攻めまくる! けど・・・こない・・・アタリがこない・・・ 焦りながらあちこちに走り回ってみるが結局そのまま真っ暗となった。暗くなると夜光虫が怪しく光りだした。こちらはもっと可能性が低そうだけど、取りあえず一応太刀チェック。今度はひたすらにジグを投げまくる・・・ やっぱりね(^ー^; ダブルボーズで撤収となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

一応復活?

ここ数日、いろいろと良くない事が続いて半引きこもり状態だったけど、春の嵐が通り過ぎて、また次の低気圧が来ているという… 行くなら今日だ!と、体に鞭を打って4時起床!…したはずだったけど4時40分に家を出た(汗)ウネリが残っていることと濁りを懸念…なによりも足が心配だったので、時間はおしていたが西方面に向かってみることにした。道中、海を観察してみると、意外とベッタリ?ってことで、もうひとつ向こうまで走って、久しぶりになポイントに入った。ライトも要らないくらいな明るさになっていたが、取り敢えずコチでもいいか…とワームをキャスト。底を重点的に探り回す。しばらく探ってダメ!ってことで隣のサーフに移動。こちらも底をネッチリとやってみたけどダメ!反応がない上に遅いテンポのアクションのせいでストレスがたまってきた… じゃダメ元で…とヒラメMでざっと流していくと、波打ち際にワームが差し掛かったところで突然のドラグ音!すかさず合わせをくれてからファイト開始。いい引き…そしてヘッドシェイク…良型のコチだと確信。でも、あの速いテンポのアクションに食ってくるとは…と意外に思っているところへバシャ!と暴れる魚の姿が見えた!…けど?なんかコチじゃないみたいな気が…海が濁ってるしシーバスか?なんて疑問をもちながらランディング! 銀色の魚体!やっぱシーバスか〜なんて近づいてみるとなんか変…ボラだった(汗)しかも、しっかり口にかかってるし… それにしても楽しかった!(汗)慎重にフックを外して海に向かってボラをキック!なんだか結構満足してしまった… 改めて海を見てみるとひどい濁り… なんか出そうもないなぁ…ってことで車で移動し、最初入ろうと思っていたポイントに行ってみた。期待していた潮色だったがこちらもやはりひどい濁り… 昨日の風雨の威力を思わせる。だめと思いながらも一応手近なところをランガンしてみて無反応のまま撤収とした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

初シー様ゲット!

Cimg2728 夕方、いろいろあったがなんとかギリギリ定時に脱出。朝予定していた様にフラット狙いに出かけてみる。いい感じの午後だったが、ここへ来て少し風が出てきたが、それほど支障はなさそう。のどかな夕方釣行を期待して18時、このシーズンに夕方攻めたかったポイントに到着… で、気付いたんだけど、すごく波高くない?(汗) 車を止めている所からでも、ドーン!という波音と、たまに見える水しぶき… やっとの思いでこれた夕方なのに、残念なことになるのか?っと、ちょっと不安を抱えながらも一応身支度をしてから浜に行って見る。…ん~、かなり波高い。危険なのもそーなんだけど、ラインがもまれそうでイヤだ… 少し迷ったが、取りあえずワームをキャスト。風のせいも手伝って、ほとんど飛ばないし、みんな波の中に着水してしまう。それにこの濁り… かなりの悪コンディション。波の威力で底もとれなきゃ、なにをやっているのか判らない状態。こりゃ望み薄だな… 太刀に切り替えようかな… なんて悩みながらも3キャスト程しただろうか? 殆どファストリトリーブしか出来ない状態なのに、波打ち際でグググ!という負荷を感じた! 引き波のせいでルアーが持っていかれてるのかな? と一瞬疑ったが、やはり魚の気配! すかさず合わせをくれる。やっぱり魚だ! 波打ち際でのヒットだったので、魚までの距離はファイト開始から残りわずか!でも、ビッグウェーブに体を飲み込まれない為に、波を避けたりすると、なかなか魚との距離が縮まらない。こりゃヤバそうだ… バレないで!っと追い合わせすること2回! バシャバシャ!と水しぶきを上げながら魚体が見えたが、いまいちなんだか判らない。ヒラメであってくれ!なんて願っては見たものの、平べったくはなかったような… とにかく一生懸命にランディングすることだけを考えて、波が瞬間小さくなったのを見計らって自分から距離を縮め、そこから一気に駆け上がりながらのランディング!シーバスだ! サイズは65cm。荒波の中、なかなかスリリングなファイトだった。写真を撮ってリリース。取りあえず外道だけど釣れたし帰ろう… なんても思ったが、悪コンディションとは言え、フラットが出るならこれからの時間!ってことで、もう少し粘ることに… 取りあえず底を取りたい… そう考えてフリーフォールで一気に底までルアーを沈めようとしたその時、波にラインが揉まれてブレイク… システムを組みなおすと、ちょうどいい感じの暗さになった。この10分が勝負だ! とばかりに、波の様子を伺いながら荒くランガンを繰り返してみたが、結局そのまま辺りは真っ暗になった。19時、太刀を狙ってみようかとも考えたが、この波… それに明日は早朝から管釣りが控えているので、撤収とした。

<使用タックル>
ロッド:オリンピック アルジェントGOAS-902L-S
リール:シマノ ステラC3000
ライン:よつあみ G-SOUL WX8 1.2号
リーダー:ダイワ タフロン5号

<データ>
中潮 上15:36(128) 下21:58(21)
波大 西→北風 潮色:茶色 天候:晴れ
18:00~19:00 アタリ1→ヒット1→ゲット1


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×2、マゴチ×4、エソ×1、太刀×21、シーバス×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯れた

今朝は久しぶりで早朝行けそう!ってことで早起き、4時起床!・・・したはずだったが気づけば4時半(汗)寝過ごした…けど気づいてよかった… 行ける時に行っておかないと、また次はいつ行けるか判らない。外に出てみると風も無くいい星空…ちょっと寒いか?というか、既に東の空が明るくなりつつある。やばい、急がなきゃ… 慌てて車を走らせて5時現地着。もうライトが要らない明るさだ。身支度を手早くすませて小走りでサーフへ… 波ベッタリ無風… 気持ちのいい朝。なんか出そうだ…期待をしながらワームをキャスト。底を確認してからヒラメMで気になる場所をランガン。かなり時間がおしてしまっているので、あわただしくザッと攻めてから気になるポイント二カ所目に、やはり小走りで移動。そしてランガン… すると、あっという間に完全に明るくなってしまった。それでもヒラメMを続けながら三カ所目、四カ所目…とあちこち探ってみたけど、今日はホントになんの反応も無いまま時間が過ぎて6時40分、終了とした。可能であれば夕方も行くっす(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »