« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月 9日 (日)

やっぱり出ないですね…

昨日は仕事&地域の用事があったけど、多少無理をして浜へ… しかし風が強くて断念。そして今日、昨日と同じPにヒラメ狙いで出撃です。現地に到着してみると、KM氏、Sugi氏も登場。その他のアングラー達も同じ時間に続々とやってきた。いよいよ周囲もシーズン到来っぽい雰囲気です。しかし、この週末は急激に気温が落ちたことからいって、状況は少々厳しいかも? それでも、いつも通りに110MDを装着してランガン開始。薄明るくなって、そろそろか?という雰囲気の中、なんの反応もなしだしライズなしベイトなし…もちろん釣れているアングラーもなし…? ってな感じのなか、もくもくとルアーを投げまくる。ピンテールで沖を攻めたりサスケで波打ち際を攻めたり、最後はワームでランガンしてみたりするけど、まったくもって雰囲気なしでした… 真面目に時間イッパイ頑張ってみたものの結局ボーズで終了。タックルを仕舞ってみんなでお話タイム… しばらくそーしていると、夏は滅多に見られなかったナブラが目の前で発生!? ウェーダーとかも既に抜いてしまっていたけど、取りあえずロッドにピンテールを装着して浜に立ってみたものの既に時遅し… すっかりいつもの海に戻ってしまっていた。それでも、何投か目の前にキャストしてみたがやっぱり反応無し。ナブラの正体が気になりつつ撤収です。

<使用タックル>
ロッド:オリンピック アルジェントGOAS-902L-S
リール:シマノ ステラC3000
ライン:よつあみ G-SOUL WX8 1.2号
リーダー:タフロン4号

<データ>
中潮 上2:01(122) 下8:01(62)
波小 潮色:西濁り→東澄み 天候:晴れ
5:00~7:30 アタリ0→ヒット0→ゲット0


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×5、マゴチ×5、エソ×5、太刀×61、シーバス×1
ソゲ×8、クサフグ×2、チヌ×1、シイラ×4、マハタ×2
ワカシ×12、サバ×3、ショゴ×2、マルソ×1、ダツ×1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

いつもどおり…というのかな?

今日も昨日と同じ浜にヒラメねらいで出撃です。5時頃現地着。既にSugi氏は身支度中だった。自分も身支度を開始・・・ すると、ホントに久しぶりでKM氏登場! 彼とは式以来の再会だ。KM氏を待って一緒にエントリ。波はおさまり、雰囲気はイイ! まだ真っ暗だが、気配からして西側に既に数名エントリしているものと思われる。時間がくるまではこの辺でウロウロしていよう・・・ と110MDボラを装着して限られた範囲を行ったり来たりとランガンを開始。薄明るくなってきた… そろそろか? と思われた時間帯、周りを見渡すとものすごい人数… どうしたんだ今日はイッタイ… 思っていたより動ける範囲が限られていることを把握する。KM氏と隣り合わせでひたすらキャスト! していると、普通は入らないだろう…というスペースに一人のアングラーがエントリ(汗) そんなに場所ないの? と見れば東側にもいっぱい… なんなんだ今日はホントに… しまいにはランガンなんか出来ない状態でひたすら目の前にルアーを投げるのみ… そんな状態だけど、今日はプレッシャーなのか?海はいまいちな状態… まったくベイトの気配も無く、ボラすらはねない。もちろんライズなんか出ない。そのままアツイ時間は過ぎ、もうだめでしょう?という時間まで経過してしまった。それでもミノーを投げまくっていると、西側から見たことのあるアングラーがやってきた…これまたお久しぶりのTDさんだった。その後はお話タイム。ほとんど釣りなんかせずにひたすらしゃべりまくってタイムアップとなった。後から、今日の混雑は西方のチームPご一行様がやってきていた為だと分かった。

<使用タックル>
ロッド:オリンピック アルジェントGOAS-902L-S
リール:シマノ ステラC3000
ライン:よつあみ G-SOUL WX8 1.2号
リーダー:タフロン4号

<データ>
中潮 下1:02(22) 上8:00(148)
波小 潮色:笹濁り 天候:晴れ
5:00~7:30 アタリ0→ヒット0→ゲット0


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×5、マゴチ×5、エソ×5、太刀×61、シーバス×1
ソゲ×8、クサフグ×2、チヌ×1、シイラ×4、マハタ×2
ワカシ×12、サバ×3、ショゴ×2、マルソ×1、ダツ×1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

まさかの連チャン

Cimg4582 今朝は久しぶりにSugi氏と待ち合わせ。現地に一足先に着き、身仕度をしているとSugi氏登場。先日のワラサの話などを聞きながら身仕度~完了!5時、少し早いけど釣りを開始した。意外と波が高い…ってこともあるし、どうせこんな時間からは釣れないだろう…と、メタルジグを装着。特に狙いなどはないけど、太刀Mを繰り返す。そんなことを15分ほどしただろうか?うっすらと海面が見える明るさになってきたので110MDヒラメゴールドを装着してランガンを開始した。…ところが冷えたのか?急な腹痛が襲ってきたために一時退散…車で最寄りのトイレに迎う(汗)しばらくして戦線復帰!時間は6時、ちょうどいい時間かな?と今シーズン好調の110MDボラをセットして本狙い状態。気分を臨戦態勢に持っていき、いつ海からの反応があっても対応できるようにしておく。ところが、高波も手伝ってか?なかなか怪しい雰囲気にならない…ベイトは寄ってきた感じだが、ライズやベイトが追われる…といった現象は見られない。ダメか?そんなことを思いながら30分以上ランガンを繰り返すが反応なし。半ば諦めながらも「こんな荒れ気味なときは、ピンテールで釣ってるの昔よく見たな…」と思い出し、ピンテールチューン鰯を装着!沖の底を意識して、フルキャスト後は着底を待ってファストやミディアムリトリーブを繰り返す。そんな折り、ふと右側を見ると沖に向かって真っすぐと潮が掃けているのが見えた!いや、そんな気がしただけなのかもしれない(汗)あとから見ると、なんの変哲も無い地形に見える。とにかく、そこがすごく良い感じに見えたので移動して、フルキャスト→着底からハンドルを5回転程回したところで負荷発生!フッキング!ヒット!まさかホントにヒットするとは…しかもイッパツ!実は、ヒラメ釣りをやっていて、これとよく似た体験を過去何回かしている… 今回のように、沖に向けて一本光が見えたり、ランガンしているとヒラメの匂いがしたり…(汗)ほとんどオカルト現象だけど…(汗) まぁとにかく、そんなことを考えながら魚は目前波打ち際!沖から寄せてようやく見えた魚体は紛れもなくヒラメだ!少しロッドをためてからズリ上げランディング!ってその途中でフックオフ!(汗)波が被るエリアで魚がフリーになってしまった(汗)砂浜の上で暴れる魚!片手にロッドを持った状態で魚を掴んで陸に投げようとするがうまくいかない… このタイミングでバラしたことは数知れず…判っているのは後で物凄い悔しさが込み上げてくるってこと。そんな後悔はしたくない!とばかりに、ロッドをその辺に投げ出し、しまいには自分も浜を転げながら魚とファイト(汗)何度かチャレンジした後に、ようやく魚をキャッチすることが出来た。あぶなく魚を逃しそうになりながらも、夢中で海に飛び込み追い掛けた成果が目の前に横たわっている。計測してみると42cm!一応ヒラメゲット! それにしても、よくこの状況下で釣り上げたもんだ!と我ながら感心してしまう。もっとすごいのは、前回の54cmに続けて2連続ゲット! サイズはいまいちだけど、価値ある一枚をゲット!かなり満足です!これで明日に繋がる!

<使用タックル>
ロッド:オリンピック アルジェントGOAS-902L-S
リール:シマノ ステラC3000
ライン:よつあみ G-SOUL WX8 1.2号
リーダー:タフロン4号

<データ>
中潮 下0:30(17) 上7:23(155)
波高 潮色:笹濁り&茶 天候:晴れ
5:00~7:30 アタリ2→ヒット1→ゲット1


<’08釣果>
カサゴ×10、メバル×10、ネンブツ×4、ヤリイカ×1
ヒラメ×5、マゴチ×5、エソ×5、太刀×61、シーバス×1
ソゲ×8、クサフグ×2、チヌ×1、シイラ×4、マハタ×2
ワカシ×12、サバ×3、ショゴ×2、マルソ×1、ダツ×1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »