« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月22日 (日)

雨にて終了

先日は家を5時に出たものの、開始する頃には明るくなってた…(汗)ってことで、今日は4時半出発。5時から浜に立つ。うっすらと明るくて、おそらくは20〜30分後にアツイ時間が来るものと考えられる。地形はなんか結構イイ感じになってきた。車の位置から西側と東側に地形の起伏がみられるが、先日ライズを確認できた東側に移動して時が来るのを待つ。同じ辺りを行ったり来たりしているとSugi氏登場。Sugi氏は西側で開始したもよう… 5時半、目の前の沖でライズ発生!見れば周辺でちらほらとライズが見られる。魚道110で数キャスト、リトリーブ速度を変えて通してみるも無反応なのでワームヘ…それでもダメなので表層狙いでタイドミノースリム140装着…やっぱりダメでピンテールチューン… ん〜ダメ(汗)そんなことをしているとライズタイム終了… Sugi氏と合流して話をしようとしていると急に雨が激しく降ってきた(汗)まぁやりたい時間帯はやったので…ということで納得して、そのまま撤収とした。雰囲気はいいけど出ません。

<使用タックル>
ロッド:ダイコー フェルザス・レガーロ FZR96
リール:シマノ ステラC3000
ライン:よつあみ G-SOUL WX8 1.2号
リーダー:タフロン4号

<データ>
若潮 上3:53(121) 下9:38(76)
波中? 波数多し 潮色:濁り 天候:曇り→雨
5:00〜6:00 アタリ0→ヒット0→ゲット0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

めざせ!修善寺CSC

Cimg4994 出張仕事、順調にこなして予定より1日早上がりで帰宅… するとSugi氏より安倍川ポタレポートが届く。そかぁ、安倍川までいってきたのかぁ、いいなぁ… 俺もどこかちょっと遠くに行きたいなぁ… って思いながら、「明日修善寺CSCに行かない?」というメールをSugi氏に送りつけてみる。当然、今日の明日でそんな家を空けられるはずが無いし、さすがに二日続けて遠出は無理だろう… なんて思っていたのだが、返ってきた返事は意外にもYES! こっちがちょっと怯みながらも、それなら行かないわけにはいかない…みたいな雰囲気になっちゃった。それにしても、今日80キロ走ってきたばかりでこの反応… Sugi氏のチャリバカ加減が見え隠れした一面だ。
出発時間は、Sugi氏に合わせて9時半~10時… ということで、時間的にCSCまで行けるかどうかは判らないけど、取りあえずいつものコンビニを起点に出発となった。田子のCimg4995 港を越えて浜道へ… もうこの辺のルートは随分慣れてきた。今日はいつもより長い距離を走ることになるので、無理はせずに30キロ巡航で東へ進む。そんな折、途中でKM氏のモノと見られる車を発見! この浜道を走っていることを予感しながら東に進むと、対向してきてこちらに気付いたKM氏が片手を挙げているのが見えた。Sugi氏と同時に納車となったCAAD9特大サイズを拝見… でかいサイズのバイクはすごくカッコいいです。そこで、しばらく雑談タイムとなっていると、西から見たことのあるチャリが… なんとキーウィ氏だった(汗) 特に連絡を取り合ったわけでもないのに、こんなところでみんな顔を合わせてしまうとは奇遇な… なんて思っていたら、ちゃんとメール入れてくれていたんすね?>キーウィ氏 後で気付きました(汗) KM氏と別れて進路を東へ… コンビニから約40分走行でいつもの千本休憩ポイント到着。なんだかんだいいながら、かなり良いペース。でも、今日はここで終わりじゃありません。そのまま通過して狩野川CRへ… とその前に休憩。
Cimg4997
彼らや彼達(Sugi氏より引用)ご用達のあんぱん屋で休憩兼糖分補給。特に甘いものを欲Cimg4998 したわけじゃないけど、一応獲っておかないとね… さぁ、狩野川CR! 事前にネットでルートをチェックしたりしたけど、いまいちわかりずらい狩野川CR… 適当に行けばなんとかわかるら~?なんていう安易な考えで家を出たのだが…ホント、たまたまキーウィ氏が来てくれてよかったです。というのも、川のあっちに行った…こっちに行った…民家の中道を通ったりして…とにかくわかりずらい(汗) マジ助かりました。キーウィ氏を先頭に、狩野川CRをひた走ること数十分、ついに修善寺CSCのお膝元であるR136とCimg5001 R414の交錯地点に到着。ここからCSCまで約7キロのヒルクライム。ここまで来たのだから、頑張ってCSCまで行きたいところだったけど、どうも時間が…って感じなので、取りあえずいけるところまで行って見ましょう!っていうことでヒルクライムスタート! 自分が先頭で登り始めるも、徐々にペースは落ちて行き、こりゃちょっとダメだや… と弱気になり下車(汗) Sugi氏とキーウィ氏はどんどん先に…。少し休憩の後、自分も登り始めるけど、さらにペースは落ちて10キロ未満の速度… やっぱり山登りは苦手(汗) こんなんじゃ富士山なんかどだい無理だし… あぁ、安易に出るなんて言わなくてよかった(^-^; ヨタヨタとしばらく進むと、「CSCまで残り4キロ」という看板があるバス停でSugi氏とキーウィ氏が待っていた。
Cimg5002
Sugi「どうする?」
あめ「帰る(汗)」
残り4キロとはいいながらも上り坂で時間がかかるのと、これぐらいならまた来れるや…という思いからあっさりCSCを諦めて帰路に着くことになった。そして、恒例のお墓参りツアー中のキーウCimg5008 ィ氏とはここで別れることに… 少し下ったコンビニで休憩…再び甘いシュークリームで糖分補給したあとは、来た道を戻ります。しかし、まるで迷路の様な狩野川CRのトラップに何度もひっかかる。行き止まりを戻ってみたり、行きとは明らかに違う道を走ってみたりしながらもなんとか見慣れたところまで帰って来れた… けど、明らかに風が強くなってきていた。横風なんだか向かい風なんだか…とにかく走りずらいし体力も奪われていく。


Cimg5016
Cimg5012_3 Cimg5014_5そして、千本公園、いつもの休憩ポイントに到着。一時は28km/h近くまで上がったアベレージだったが、この時点で25km/hを割ってしまった。海の 荒れ具合からしても、風の強さが伝わって来、さらにペースが落ちることを予想させる。ここで数分休憩した後に出発。 身体が慣れてきたのか?少し休憩しただけでだいぶ体力が戻る様になった。そして、ひたすら西へ… 横と前から来る暴風に耐えながら、もくもくとペダルを踏む。巡航速度も25キロを下回り、20キロをなんとか保つような場面もありながらとにかく漕ぐ… 辛い… 休みたい… 腹減った… いろいろな欲に駆られながら、ホントにようやく起点であるコンビニに到着。いや、さすがに疲れました。
さ~て、次は何処に行くかな~?(汗)
Cimg5018

走行時間3時間48分14秒
走行距離91.71km
AVE24.1km/h
MAX56.1キkm/h

ライター:あめ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

単独ポタ~安倍川

先週ロードバイクデビューし、今日も自由時間がとれたので、あめさんに「遠出してみよう。」と誘ってみるとどうも出張らしい。じゃ、独りで行ってみるかとバイクを積んで富士川河口へ。
F1000118_3 F1000119_2
海の様子も気になるし。。。タイヤを取り付けいざ西へ。目指すは彼らや彼達のブログによく出てくる安倍川。80キロくらいか?初心者だから無理だったら引き返せばいいか(汗)って感じで富士川橋をこえる。風が結構吹いてて大変だが順調に蒲原海岸を進む。海は荒れ模様。今週末も釣りは厳しいかも。その後、由比の旧道を進みながら考える。例の峠をどうするかだ。目的地までもどんなか見当がつかないのだからやめておこうって思いながら進むと道案内の標識「薩た峠 2キロ」、ダメダメと思いながら登り口にくるとうっかり踏み込んでしまった(汗)
いきなりの激坂、ダンシングで登ろうとした時、一瞬前輪が浮いてしまい焦る。一番軽いギアにしても足にくる。なんとか登りきり進むが途中それなりの坂が続く。道行くハイカー達に挨拶する余裕もなかったが頂上の休憩所に到着できた。残念ながら富士山は見えなかった。。。
F1000120
5分ほど休憩して先を急ぐ。峠を下る頃には疲れもとれて、なんだか行けそうな気がする~
とりあえず久能海岸を目指す。平坦な道が続くのでスピードも上がる。順調だ。久能海F1000121 岸を流しながら走っていると、ピストバイクに挨拶されながら軽くパスされてしまった。きれいなフォームで前を走っているため参考にさせてもらいながら着いていくと、もうゴールも近かった。最後海岸道路を進み約1時間半で到着した。時間もないので休憩もそこそこに来た道を戻る。が、向かい風がすごい。疲労も溜まってきているためキツイキツイ。目的も達成してしまった為、燃え尽き症候群か。。。来てしまったからには頑張るしかないか。目標を彼らや彼達のブログに登場する興津のたい焼きにする。やっぱり、甘いものがほしくなるんだ(笑)往路では見つけられなかった店だがなんとか発見。が、なんと20分待ちという。たい焼き1個で20分も待ちきれないので仕方なく諦めひたすら漕ぐ。相変わらず向かい風が厳しいため由比の「すまる亭」でうどんを食べ休憩し、ラストスパート!?スピードは上がらないが。。。(汗)
なんとかゴール。走行距離80.6キロ/アベ25.3キロ
家に帰って体重計に乗ったが昨日と変わってないのには正直焦った(汗)

ライター:Sugi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

久し振りに海

Cimg4985
今日は少しヤボ用があった為に年休。でも午前中は時間がある…ということで、久し振りに海に行って見ることにした。時期としてもそろそろ充分出るごろだ… でも、最近の様子がまったくわからない為に、未だにちょくちょく海に通っているシンヤ氏に連絡して日の出時間や地形などの話を聞いていざ出撃。うわさには聞いていたが、かなり様子が変わっていた。先ず道中からして舗装がやり直されていてちょっと雰囲気変わってるし、浜の地形も随分変化が見られる。いままでどの辺でやっていたかも判らない始末… 適当に車を止めて身支度を始める。するとすぐにシンヤ氏到着。シンヤ氏はもっと奥側で始めるらしい… さて、身支度を終えていざ浜へ… さて、ルアーは…? ところが、久し振りなので、どこになにを仕舞ったのやらさっぱり判らない。あっちこっちひっくり返して一応使用する可能性のあるルアーをケースに入れて開始! …ってもう随分明るくなってきちゃってるし(汗) いそいで浜に駆け寄ってピンテールをキャスト! 濁りはあるが少々の波と波打ち際のベイト… 結構雰囲気アリアリ! 見れば東側でライズ! いそいで駆け寄ってピンテールをキャスト!キャスト! 何投かしてみたが反応が無いので魚道110MDに変更…したけどやっぱり無反応。さらにワームにチェンジ…でもダメ。そいつは諦めて、ワームのまま西側にランガン開始! 時折気になる表層の波紋を気にしながらランガンをしていると突然の負荷! …でも様子が変?と思ったら葉っぱがルアーに絡みついてミノムシ状態(汗) ところどころに葉っぱが溜まっている。潮色を見ながら出来そうなところを選びながらランガンを繰り返しているとシンヤ氏合流。あっちでやっていたシンヤ氏だが、やっぱり反応無しだという。出そう!出そう!という期待をしながらキャストを繰り返すが、結局そのまま7時を過ぎてしまった… ん~、やっぱりパッと来て獲れる程甘くは無かった… 

で、そのまま帰宅してみたが、まだちょっと時間がある?っていうことで今度はチャリ。さて、何処へ? 千本に行くには時間が足りない… それに、ちょっと山を登ってみたいな…なんて考えたので進路を北へ…実家へ向かう(汗) ヒルクライムと呼べるほどではないけど、実家までの道のりはひたすら登り。前回、チャリ全くの初心者だった自分は、この短い距離で休憩2回を挟んでやっとたどり着いた。でも、今回はそれなりに心構えも出来たかな?ってことで上り始めて20分… 着いちゃった(汗) やっぱりそれなりの覚悟の上で走るとたいした事の無い距離。でもまぁ、アベは19.4キロなんだけど… 少し実家でマッタリしてから下り始める。帰りは漕がなくても進んでしまう下り坂だけど、登りと同じくらい時間をかけてゆっくりと下った… トータル走行時間40分23秒、距離13.83キロ、アベ20.5キロ。ブラケットの位置が悪いのか?まだ慣れないのか?ブレーキが握りずらくて下りが少々不安。今度は少しハンドルを送ってみようと思う。
Cimg4990jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

千本ラン

Cimg4966_2 
今日の午前中、久し振りに時間が出来た。ところがお約束の週末荒れ模様の為、この休日はチャリのみに絞ることにした。午前中に戻ってこなければいけない…ということで、目的地は今回も千本とした。でも、今回はいままでと違う事が沢山あります。先ず、自分のチャリから言えば、サドル変更&ドロップ化してからの初めてそこそこの距離を走るということ。次に、Sugi氏は昨日納車されたCAAD9での参加。さらには、キーウィ氏も初めて一緒に走る…という内容で、いままでとはかなり様子が変わりそうな予感。取りあえず、Sugi氏とはいつも通りのコンビニで待ち合わせして、予定時刻に出発。案の定、チャリを新調したSugi氏はいままでとは比べ物にならないスピードで走り始めた。こちらも置いていかれまい…と必死について行きながら、キーウィ氏との待ち合わせ場所であるマリンプール前に到着。久し振りのチャリだし、ちょっと頑張って走ってきたせいもあって結構へばり気味… 充分な休息をとってから、いざ千本を目指します。と、まず飛び出たのがSugi氏。速度はみるみる上がっていきなり序盤から40km/hオーバー!(汗) マジかよ?! と必死に後をついていくこと数分、Sugi氏がへばり始めた… でも、意外とそれほどへばっていない自分に気付く。やっぱり、フラットからドロップへの変更は大きい。ちょっとスタイルが変わるだけで、これだけ速度が変わるとは意外だった。そこそこの速度で巡航していると、やはりウチラとはキャリアが違うキーウィ氏は時折物凄いペースで後ろから駆け抜けていく。こっちも必死に後を追う…なんていうことを数回… 自転車を乗っていて初めて腹筋への負担を感じた。トータル的に考えた場合、同じペースで走り続ける方が身体の負担を減らしつつアベを上げることが出来るんだろうけど、これは競技でもなんでもない。むしろ、身体を鍛えるという面から考えれば、一時的でもペースをあげて走ってみるほうが瞬発力を鍛えることに繋がったりしていいのかも…とにかく、いままでの走りでは感じることの出来なかった腹筋の痛みが少し嬉しかった。沼津に近づくにつれて、堤防を利用するヒトが増えてきたきたためにペースは落ちるが、いつもの折り返し地点に到着した時点で47分代… ただ、今日はコンビにでサイコンをリセットしたために、いままでとの比較にはならない。でも、走りにムラがあった割にはいいタイムだとは思う。
Cimg4967
せっかく3人集まったので記念に写真撮影… 右からSugi氏のCAAD9、自分のULTIMO、キーウィ氏のONIX
Cimg4974
しばらく休憩の後、折り返して富士を目指す。帰りはアベ30キロを目指すが、やっぱりちょっとバテ気味…それでも、いままでSugi氏と二人で走っていたときよりは真面目に走り、無事に富士まで帰って来た。それにしても、今回はなんだか楽しかった。やっぱり一人で走るよりは二人、二人よりは三人が楽しいです。今日は暖かく、ほどよく汗もかいた… それに、心配していたホイールのフレも、走ってみるとそれ程気にはならずに一安心。とにかく、今回の千本ランは有意義だった… 為になりました。

走行時間 1時間42分20秒
走行距離 42.73キロ
アベ 25.0km/h
MAX 43.1km/h

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

ドロップ化 その2

Cimg4955
一応完成。ディレイラー類の調整は、ワイヤーの張り具合と併せながらいい位置を探していき、それほど苦労することもなく完了した。あとは、前回多少つっぱり気味だったリアブレーキのアウターワイヤーをやりなおし、バーテープを巻き、ついでにタイヤも変えてみました。ホントは黒いタイヤにするつもりだったけど、いろいろな手違いが重なって青にしちゃった。でも、付けてみると意外と悪くないかも(汗)なんて思っています。バーテープも青だし、少ししつこいかな?とも思って一応黒のバーテープも仕入れておいたけど、取りあえずこちらは保留とする。ただ、ちょっとしたアクシデントがあり、フロントスプロケットとリアホイールが歪んでしまった(涙) T花氏自作のバランサーを借りて、自分なりにホイールのフレを取り、フロントスプロケの歪みによるディレイラーへのチェーンの干渉は、ディレイラーの調整でなんとか逃げた。ホイールのフレも、完全に取り除く事は出来なかったけど、公道を走っている限りは気にならない程度。あとは、乗り込んで細部の調整をしていこうと思う。

シフトレバー:SHIMANO SL-R440→SHIMANO ST-4500
ブレーキレバー:TEKTRO RX1.0 R/L→SHIMANO ST-4500
フロントディレイラー:SHIMANO FD-R440 B31.8mm→SHIMANO FD-4500 B-SM
ハンドルバー:GIOS H/B540mm→NITTO 186STI
タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO→PANARACER CLOSER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

ドロップ化 その1

午前中少し時間が出来たので、時間の許す限りでドロップ化を進めることにした。フラットバージョン最後の姿を記念撮影。さて、取り敢えず外すべきパーツを外していきます。
Cimg4923_2
ハンドル周りの部品を取り外し、それに伴うワイヤー類も撤去。部品を取るのはなんの問題も無く終了。
Cimg4927
外したパーツ群。
Cimg4928
フロントディレイラーを交換する為に、先日購入したチェーンカッターでチェーンを切断。
Cimg4929
アーレンキーでフロントディレイラーも取り外します。
Cimg4930
パーツの取り外し完了。ここからはパーツを付けていきます。
Cimg4931
まずはフロントディレイラーを装着。基本的には、従来取り付いていたFD-440と同じ。でも、STIにしたときのワイヤーの引っ張り量が違う為に、FD-4500に変更する必要があった。アウタースプロケットとのクリアランスは1~3ミリにしろと言うことらしいので、間を取って2ミリに設定した。トルクレンチが無いので、どの程度まで強く締めこんだらいいのかいまいち不安なところだったが、ある程度の加減をしつつ、緩まない程度にガッチリと締め込んだ。
Cimg4932
次に、昨日のうちにSTIを取り付けておいたハンドルを装着。ブラケットの位置は、ハンドルに印がされていたのでさして問題はなかったが、問題は取り付け角度。まっすぐに取り付けたいとは思うものの、基準がない為にいまいち不安… 一応は定規を使って、それとなく寸法を取り、恐らくセンターであろうところで固定した。ハンドルの取り付け角度は、取り敢えず標準設定とし、下ハンが水平になるようにセット。
Cimg4934
これで、一応のパーツ類の取り付けは完了。外観はこんな感じになりました。
Cimg4937
続いて、ワイヤー類を張ります。まずはブレーキワイヤーから取り付けを開始する。アウターワイヤーの長さを決めてカットしてから、ブレーキレバーを握り、ブラケットにインナーワイヤーを通し、アウターワイヤー内にもインナーワイヤーを通していく。
Cimg4939
ブレーキ部までワイヤーを通して固定。ここの作業は、既に何度もやっている為に楽勝だった。
Cimg4942
リヤ、フロント伴にブレーキワイヤーの装着が完了したら、今度はシフトワイヤ−を取り付ける。こちらもアウターワイヤーの長さを決めてカットした後にインナーワイヤーを通していきます。
Cimg4943
 
Cimg4944
フロント、リア共にディレイラーまでワイヤーを通した後、だいたいのテンションでワイヤーを固定した。
Cimg4945
さて、ディレイラーの調整を… と思ったところでタイムアップ。取り敢えず、一応だいたいの作業は完了した。ここまででおよそ2時間。意外と早かったかな? でも、リアブレーキのアウターが少し短くて突っ張る感じがするので後日やり直しをすることにする。ディレイラーの調整は、明日からチマチマとやっていくつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

そろった

Cimg4916 先週、ウルティモのドロップ化を決意してから、ドロップ化に必要なパーツ群を通販に手配した。あちこちに手配すると面倒なので、一箇所に絞って発注したところ、肝心なSTIだけ欠品とのことだったので、仕方なくSTのみヤフオクから新品をゲットし、残りのパーツは通販に手配。で、結局STIだけが先に手元に届いてしまった。通販の方も、連絡の後すぐに金を振り込んだものの、そこから一切反応無し… ”入金を確認しました”ぐらいのメールが届いてもいいものを… それから3日、ちょっと不安になってきたので、通販に電話してみると『明日には発送します』という内容だった。明日発送ってことは、はやくて月曜日着か…とにかく待つしかないな… っと思ってから1時間、突然佐川急便から電話が入る。『お荷物お持ちしましたが、ご在宅ですか?』との内容。あれ? どこから? と聞Cimg4920 いてみると例の通販からだという…(汗) どうなってんだか… 『実はもうご自宅の前なんですが…』という佐川急便(汗) 家に居ないって… でも、幸い近くにいたので駆けつけて荷物ゲット! それにしても、なんという手際の悪さ… 入金確認のメールも無し、いつ発送という連絡も無しでいきなり荷物が送られて来て、しかも18時以降という時間指定もしてあったのに真っ昼間(汗) ちょっとここの通販、危ないかもしれません。 でも、とりあえずこれで全部そろった! いよいよ来週からはコツコツと作業を進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ改造2

Cimg4912 ネットなんかで見ていると、ブレーキに関して材質などの違いはあれど、ティアグラも105も基本構造や形状が同じらしい… ということで、パッドのみ105に換えるってのがティアグラ仕様のヒトがやる定番改造らしい。そんな折にショップにぶらりと立ち寄ったところ、アルテグラのパッドを見つけた。まぁ、アルテグラでも同じでしょ…ってことで購入→取り付け。ブレーキのワイヤーをアーレンキーで緩め、パッドを固定しているビスも取り外し、装着。作業時間は10分?かからないくらい。ティアグラとの大きな違いは、金属の台座があるかないか… この点からパッドのたわみが無くなり、効きが良くなることが期待されるが? ネットのヒトは『驚くほど違う!』なんて書いているけど、さて、効果は… ん~、あんまり…かな?(汗) ちょっとは効きが良くなった気がするけど… 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

YOU CANオープン

Caad ついに地元にもスポーツバイク専門店が出来た! 出来れば、もう少し早く出来てくれていれば助かったのに… という思いが強いが、とりあえずどんなところか見ておかないといけない! ということで、ロードが欲しくてのどから手が出てしまっているSugi氏とkm氏の3人で出かけることにした。ラジオなんかでもだいぶ叫ばれていたので、当日はかなりの混雑を予想していたが、意外と楽に車を駐車することが出来た。やっぱり店内は有名どこのロードバイクがずらりと並んでいる… 一通り店内を見物し、少々気になっているサドルの方であれこれ物色していると、あっちで熱心に店員の話を聞いている人が居る… いまにも買いそうな雰囲気だな、あの人… なんて見ればSugi氏とkm氏じゃん(汗) 自分の時は、店の人とも相談することなく、むしろいろいろな人たちの意見を聞き入れずに独断で決めてしまった。この光景を見ていると、ちょっと自分は浅はかだったかな?と少々反省した。それにしても、結構いい雰囲気のお店でした。店員の方も、自分が投げかけた他愛もない質問に本気で答えを模索して下さるし、お高くとまった感じが何もない…どこかの有名自転車チェーン店と全く違います。その内、Sugi氏お気に入りのバイクをローラーにセットし、ポジションだったりサイズだったりの話になっているし… 自分も、おそらくSugi氏が買うであろうバイクにまたがらせてもらった。乗った瞬間、周囲の人たちは完全にサイズが合ってない!と言うが、自分的にはこのグッとしまった脇、思いの外の前傾姿勢… なんかすごくしっくりすCimg4906 る気がする。あぁ、ロードっていいな… すごく早く走れそう(汗) 自分のも一応はロードだが、やはりハンドルが違うだけで、これだけ感じが違う事に少々ショックだった。今にも契約をしてしまいそうなSugi氏だったが、ここは一旦堪えて店外に… km氏も買う!と断言してしまったし、Sugi氏も時間の問題でしょう… こうなると自分もやっぱり最初っからドロップハンドルのロードが欲しくなっちゃう。そんな気持ちをボソっと家で独り言の様に呟いてみる… すると『だめだよ!』と、すかさずどこからか天の声が…(汗) それはまぁ当然です。いまのだって、買ってから3ヶ月しか経ってないし…(汗) とりあえず、Ultimoのドロップハンドル化を本格的に考える時期になったな…とUltimoを見ながらホトホト感じる今日この頃です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »