2006年3月19日 (日)

また管釣り

CIMG0211s CIMG0213s CIMG0214s S氏朝ヒラメ狙いで1ヒットバラシ。自分は装備がまだ揃っていないので行けなかった。普通に朝食をとってからHと共に御殿場の東山湖に向かう。前回、裾野でのヒットルアーである3g黒のスプーンを付けてさっそくヒット。チビトラウトゲット。次もチビトラウト。その次に40cm位のイワナ…とほぼ3匹連続でゲット。が、そのあと続かない。とにかく渋め… 周りは釣れているのに自分は釣れない… ま、まだ来たばかりだから… ちょっとずつ感じを掴んでいけばそのうち釣れるでしょう… なんて思っていたが釣れない。アタリはあるし、たまにヒットもする、でもすぐバラス(汗) とにかくバラシ大将。15回程連続でバラシ… かなりテンションダウン、もうすっかり釣れない気分。気分転換に昼食。さーて、真面目にやるかぁ… と昼食後はミノー、エリアマスターをセット。リトリープ速度をいろいろ変えて試しているとヒット。久しぶりにチビトラウトゲット。DEEPタイプなので、そこそこのスピードで巻いてしまうとかなり潜ってしまう。中~表層を攻めたかったので、超低速リトリープ&たまにストップ。ストップした際に、ミノー上昇中にバイトする事が多かった。ここから少し取り戻し、やっと10匹超えた。そのころから同釣者Hにスイッチが入る。なにをしたのか突如としてヒット連発。あっという間に抜かれてしまう。調子よくHがヒットしているので、人も回りに増えて来た。っが、雨が降り始める。かなりの人が撤収したが、自分達は雨のなかも続行。Hのアタリも雨と共に消えた。雨が上がると、隣に親子アングラーが入る。子供の方は10歳位の男の子。が、この子がやるやる… こっちが1匹釣る間に6匹位は釣っている。ほぼ毎キャスト毎ヒット状態。なにをしているのか?と子供の行動を見て真似して、同じようなスプーンを使ってみるが、とうてい追いつかない。なんであんなにも釣れるんだろう? その後、Hも自分もボチボチと釣れてはいたが、隣の子供が凄すぎて、全然こっちが釣れている気分になれない。夕方になり、子供に大物ヒット。いいなぁ、あんなの釣りたいなぁ… なんて思っているとHがヒット。こちらも大物っぽい引き。ファイト中にHの右側の人もヒットした様子。あちらも大物らしいファイト・・・・ ?Hラインブレイク。でも、なんかおかしい… 時間かけて右側の人が上げた大物トラウトの口にはHのスプーンが付いているっぽい。どうも、Hヒット中のラインに隣の人がお祭りして、Hの獲物を横取りした形になった。Hがっかり… でも、その直後にまたしてもHがヒット!時間をかけてあげたのは、これも大物。どうも夕方になると大物がヒットするみたいだ。自分には結局でかい獲物はかからなかった。最初にあげたイワナ意外はみんな20~35cm位。前回裾野の方がアベレージ40cm位でファイトは楽しかった。東山では小物が多いため、ミノーよりもスプーン。出来れば細身の方が良い感じだった。ミノーでも魚は集まるけどバイトしてこない。スプーンも午後は意外と赤や黄色等の派手な色が反応あった。

今回使用タックル  

ロッド 安物根魚ロッド  
リール シマノ04ナビ1000  
ライン YGKよつあみ GALIS FCROCK月影5lb  
 

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月12日 (日)

初めての管釣り

CIMG0201s CIMG0205s 予定では、朝、ヒラメを狙ってから管釣りに行く予定だったが、寝坊でヒラメ行けず… 8時半、約束していたメンバーと裾野フィッシングパークに向かった。裾野とはいっても、行ってみれば沼津ICのすぐそば。思っていた以上に近かった。クリアウォーターの方は人気が集中していて、かなりの人だかり。超初心者の自分達は、空いている濁った池に入る。9時半くらいから釣り開始。といっても、何故か強風… 思ったところにスプーンが飛ばない。事前に経験者から聞いていた通り、黄土色系のスプーン2.5gを付けて2秒にリール1回転程のスピードでリトリープ。するとすぐに反応あり。が、バイトのみでなかなかフッキングしてくれない。興味はしめすが、ガブッ!と食ってくれないのだろうか… それでも3キャスト目にファーストヒット! タックルが華奢な分、魚も走り釣り応えがあってなかなかファイトが楽しい。上がったのはレインボーの40cm位。その後もポツポツとヒットはするが、イマイチ爆発力に欠ける。Hが早速スプーンを諦めミノーに走る。すると即ヒット!なかなかのサイズの様だ。しかし、キャッチ寸前でラインブレイク。一発でミノーを失った。そんな中、隣に居た同釣者がヒットはするがバラシを繰り返している。なに使ってるのかな?と盗み見ると、黒の光沢系スプーン。それなら自分も持っている。さっそく付け替える。さらに魚を見ると、割と水深浅いところを群れで泳ぎ回っている様子なので、投入後、カウント3で割と早めのリトリープでさっそくヒット!&ゲット。次キャストもヒット! 投入して、タバコを吸おうかな?なんてリーリングせずにポケットをガサガサと漁っているとヒット! 爆発的に釣れ始めた。さすが管釣り。ヒットルアーとパターンを掴んでしまえば魚が居る分何度でも食ってくる。隣に居たHも自分に習い黒のスプーンに変更して即ヒット。しかし、この直後、突然アタリが無くなる。スレてしまったのか? さらに、風が強まり雨も降り出し体感温度急降下。つらい状態が続く。魚の鼻っ面をスプーンがかすめるが、ピクリとも魚は動かない。普段、海の中でもこーいった状況が繰り広げられているに違いない。ダーク系の色中心にスプーンのカラーチェンジを行うがイマイチ… ならばと、逆に派手目のゴールドピカピカスプーンに変更すると即バイト。粘っているとなんとか釣れた。魚の様子を見ると、先ほどみたいに群れでの回遊を止め、ボトムしている。底ギリギリを超低速リトリープで攻めてみるとポツポツとヒットする。これが限界なのか? 再び爆発力を求めていろいろ試す。そして、ヤケクソでフローティングミノーにしてみる。魚が底に居るのにこりゃ無いわな…なんて思ったが意外と好感触。特に大物が反応している。そしてヒットに持ち込むが、フックが小さいせいかみんなバレてしまう。結局ミノーでは1尾も上げることが出来なかった。そして、気が付けばいつのまにか時間が残り少なくなっている。なんとか最後に1尾… と再びスプーンで攻めるが、結局そのままタイムアップ。釣果は、途中で数えるのをやめてしまったが、バラシが多く、ゲットしたのは3時間で20匹位だろうか… 全リリースで300円キャッシュバック。今度は、ミノーをもっと多く揃えてリトライしてみたい。

今回使用タックル  

ロッド アルファータックル安物根魚ロッド6.6ft  
リール シマノ 04ナビ1000  
ライン フロロカーボン  
スプーン 2~2.5g いろいろ  

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)