2007年9月17日 (月)

カツオ&メジ狙いで沖へ

Cimg2039 今期二回目!オフショアメジカツへ行ってきました。事の発端はOK氏とKWで会った際に、OK氏が月曜日に船に乗る…という話から始まった。自分も丁度月曜日空いたし、乗るといっている船は、以前から一度乗ってみたかった船。Jimnyさんを誘ってみると速攻でバイト(笑) そんなわけで朝5時に出船した。今日は結構ウネリがありそう… 大丈夫か?とちょっと心配だったが、確かにうねっているものの、先日の太刀の時に比べればたいした事は無い。途中雨に打たれたりしながら、船は走って走ってやっとポCimg2042 イント到着。ちなみに、ここに来るまでの間、一度もナブラは確認できず。最初の流し… 船長の指示棚20m近辺を一所懸命に探ってみるが反応無し。餌の人たちも反応無し。そんな中、トモのかたが、指示棚を無視して底まで落したところ、ソーダゲット。ポイント移動。ここでもソーダがポツポツと釣れた程度。ちなみに自分もヒラソ1ゲット! でもこりゃいらないや…ってことでリリ。その後も何回か立ち止まり、探ってみるがソーダがポツポツ程度… こりゃ今日はヤバイか? イヤな予感を脳裏をかすめる。ジグを30m近辺に落してからジャークで上げてくると何者かがチェイスしてくる。ピックアップ寸前でゴン!ペンペンでした… ヤバイヤバイ… と早くも焦りモードなOK氏。そんなOKさんに、『まだまだチャンスはありますよ!』なんて言っている自分も、こりゃ今日はメジ無理っぽいな?なんて心の中に暗雲が立ち込める。そんな中、振り向くとJimnyさんヒット! メジゲット! おぉ! Cimg2046メジ居るじゃん! 俄然やる気が沸いてきた! 上の方で食ってこないため、思い切って50m位までジグを沈めてみる。そこからワンピッチジャークで上げてくるとヒット! ちょっといい引き! 水面に魚浮上!メジだ! 慎重に一気に抜く!ゲット! 取りあえずメジ獲れた! 満足! なんて言っていると、再びJimnyさんヒット!&メジゲット! こりゃうかうかしていられない… と自分もジグ投入。しかし食わない… その後もヒットを重ねるJimnyさん。棚を聞いてみると結構上、20~30の間だという。棚目掛けてジグ降下… 20mを超えてからは、たまにフォールを止めてみたりしているとラインテンションが消えた!? 巻き上げるとテンションあり! メジゲット! そこから、20~3 0m付近にジグを落していくと勝手に食ってくる。もし食わなければ、早巻きしてみるとヒットが生まれた。バラシもあったが、ここで一気に6ゲット! 食いが悪くなってきたので場所移動。そこから場所を変えて幾度とジグを落してみるが反応は無い。とある流しで、みんないっせいに開始。反応がない為、船長のあげちゃって指令。高速巻きでCimg2054 ジグを回収していると表層でヒット!メジゲット! トータルメジ7。ここまで来たら10尾は獲りたい!という目標が出来てきた。しかし、時間がたってきたのか? 餌には食うけどジグには食わない…という傾向が現れ始め、なかなか厳しい状況… アクションは、いままでの早い動きでは無反Cimg2057 応。試しに大きいスロージャークに変更してみるとアタリが出た!でも食わない!そんな状況が続く。試しにジグを替えてみよう!っと、いままで使っていたジャークスライダーから杉ジグマジョーラに変更。 落して30mからスロージャークでヒット! メジゲット!トータルメジ8。あと二尾! …しかし、これが最後のメジだった… 当たらない食わない… 『それじゃぁ大きいヤツを探してみましょう』という船長の合図で移動開始。移動、移動… 結局そのままタイムアップ。型は見れなかったが、40cm前後のメジが8尾。その他ファイト中のバラシ3、感じることの出来たバイト3。まぁ良しとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

オフショア太刀

Cimg1711 今日は以前から予定していた太刀狙いで船に乗ってきた。前日までの様子からして早い時間じゃないと食いが悪い、ってことで4時集合。起きれるかどうか心配だったが、こんなときはちゃんと起きれて現地3時半着。Jimnyさんちはいまこちらに向かっているとのこと。しばらくるすとJimnyさん&キナリさん登場。車を止めて時間までお話… ってそろそろ4時になるのに他のヒトは? 山梨さんちは? っと疑問に思って山梨さんに電話を入れると全然違う場所だった(汗) 急いでそっちに行ってみると既にみなさんおそろいで乗船を開始していた。それにしても風が強いし、来る道中で見た海は結構うねっていたけど? さてさて、どうなることやら… まだ暗いうちから出船、ポイントまで向かう… 途中がこれまた荒れ狂う海・・・ 水しぶき掛かりまくりで船後部に逃げ込む始末。釣りになるのかな? と不安に思いながらも先ずは一箇所目。船長の言う指示棚に合わせて去年のヒットルアーRo紫ピンクを投入。すると、隣のキナリさんにヒット! 先ずはキナリさんが太刀ゲット! その直後、自分にも本日ファーストヒット! 太刀ゲット! その次もヒット! 太刀ゲット! サイズがいまいちながらもここでは2本ゲットできた。今日の目標は10本。去年、沢山持って帰っても、その後の魚の始末に困って大変だったので、10本獲ったら他のことをしてみよう…と、ちょっといろいろなものを持ってきての今回の釣行。この調子で行くと、あっという間に10本いっちゃうなぁ… と、余裕の一服。後ろでやってる山梨さんやJimnyさんのところに行って見たりしてみる。 さて、そろそろやるか! っと再開。さっきと同じようにRoを落してみるが反応が無い。何回かやったがダメ… じゃぁ! っと去年山梨さんに教わったように、ベイトでダメならスピニング戦法!でブランカを落してみるとヒット! ドラグ出た! これはサイズよさそう! 時間を掛けてようやくその姿を拝み、抜きあげ! の最中で魚が暴れてフックオフ(涙) 悔し紛れに再度投入してみると、今度はリーダーぷっつん(涙)Roロスト。これが運の尽きだったか? その後はなにをやってみてもまったくダメ。余裕をかまして10本獲れればいいや!なんて言っていたけど、果たしてこの調子では最後までやって何本獲れることやら…という状況。そんな中、再び装Cimg1708 着したRoをまたしてもリーダーを切られてロスト。自分の中で一番信用おける武器を早くも2個失う… ジグをローテーションしてみて、最後は再びRo紫ピンク。ちなみにこれがラストのRo紫ピンク。船長の指示棚に向かって落す…と、その途中でヒット! ドラグ鳴った! これはビックサイズか? なんて期待していると、ロッドの震え方が太刀じゃないような… あれ? なんだ?これ? 網でランディングしてもらって上がってきたのはエチオピア… その次に落したジグにもヒット! 挙動からしてさっきと同じような… と思っているとバラシた。多分エチオピアでしょう… 太刀は依然2本から進まず、さすがに焦ってきてマジモード。ゆっくり落としたり、早く巻き上げたり、大きくしゃくってフォールで誘ったり… いろいろパターンを変えて探るとポツポツだけど釣れ始めた。でも、今回はサイズが小さいせいもあると思うけど、いまいちアタリが取りずらい。あれ? なんか変だな? と思ってテンション張ってみると乗っていたというパPhoto ターン。そんな感じで、乗っていたのを知らずに巻かないで放置していたらまたしてもリーダー切れ(涙) これで全ての紫ピンクが無くなった… 仕方なくRo赤 をメインルアーとしてその後頑張り、トータル13本の太刀をゲット、サイズはF3~F3.5とイマイチ… でも、なんとか目標の10本をクリアした。ウネリや風のセイもあると思うけど、今回はちょっと船酔い気味… 正直、10時仕舞いで助かったって感じ(汗) 今度はもっとコンディション良い時にリベンジしたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

今シーズン初カツオ!

Cimg1607 Hが『今週水曜日休みなんだけど、行かない?』の言葉につられて、丁度仕事も切れ目、休み取れるしオッケ~。最近オフショアタックルを購入したJimnyさんに声をかけてみると速攻でバイト。3人でカツオ&メジ狙いで沖へ繰り出した。4時半に集合場所に行くと、既にみなさん集結済み。ウチラ三人を含めて総勢7名での乗り合い出船となった。陸に居るうちから感じてはいたのだが、意外と風が強い… これは今日は釣果渋くて船酔いボロボロ状態か? 取りあえず万全を期して昨日購入しておいた酔い止めを口に投げ込む。一昨日は台風一過で素晴らしい釣果を上げたこの船だが、昨日は寂しい釣果に終わっている。この調子じゃぁ今日も… と出船直後からやや諦めが入りつつも40分位走っただろうか?先ずは一箇所目。いきなりナブラ。いっせいにジグをナブラ目掛けてキャスティング。しかし、自分のポジションは胴の間、ナブラを外れる位置にしか打てないがCimg1614 取りあえずキャスト! Jimnyさんヒット! ミヨシの方がヒット! CD5でジャークし始めると自分もヒット! しかしスナップ破損でバラシ&速攻ジグを失う… ミヨシの方はカツオゲット! Jimnyさんは? と見ると、巨大シイラと格闘中。メーターオーバーシイラの洗礼を浴びていた(笑) この間にHもシイラゲット! 船は次なるナブラを目指して移動中。その間に自分はリグり直す。今度はスナップリングにて固定。そして2箇所目、前方にはナブラ、でも今度はさらにポジション下がってトモからキャスト!またしてもナブラとは全然関係ない方向に着水。CD5でジャークするとヒット! すると、前方に居たHもヒット! 上がったのはレギュラーサイズのカツオ。Hは良型4.8キロのキメジだった。取りあえず一安心…ボーズは回避した。あとはメジが獲れれば最高なんだが… 船に乗る前の不安はなんのその、結構今日は魚の活性が良いらしい… 去年の再来となるか? でも一匹釣れると安心して先ずは腹ごしらえ… パンをひとつ食べてから釣りに復帰。今回は7名ものアングラーが乗っている為、こーいった間に休憩を取れるのが嬉しい。船前方にナブラ。カツオが背中を出してボコボコと海面を泳いでいるのが見える。そのウチ横に群れが移動してきた!チャンス! 丁度鼻っつらにジグを着水することが出来た。さっきと同じように少し沈めてからジャーク!した途端にヒット! これまたカツオレギュラー。Hも同じくカツオゲット! もう2本もカツオ獲っちゃった!っと余裕の間食。またしてもパンをかじる… そして再開。今度は前方に移動していたJimnyさんに待望のヒット! カツオゲット! その後は、船前方にナブラは出るものの、なかなかヒットしない時間帯が続く。ナブラに近いミヨシに立ちたいところだが、ミヨシに居る方々がまだ釣っていない… 堪えてトモからキャストを繰り返していたが、ついにチャンスがまわって来た! Jimnyさん、Hと共にミヨシに立ち、これでバンバン釣るぞ!という体制… 前方にナブラ発生! キャスト! しかし相変わらずの距離不足… 何回もチャンスに恵まれながらもジグが届かない。こーなったら…っとオーバーキャスト! するとHにフックが掛かってしまった(汗) 幸い服に掛かっただけで身体には達していなかったからよかったが、やっぱりオーバーキャストは危Cimg1619_1 ない… なんか一気に熱が下がって後ろへ後退… 再びトモで形ばかりのキャストを繰り返しているウチに熱が入ってきた。前方に移動、ナブラより右に着水。CD10でジャーク開始。半分くらいきたかな?ってとこでヒット! しかも強烈な引き。巻き上げても下に突っ込まれ、ラインを出されてしまう… ナブラは遠ざかってしまった為、自分のファイトにみんなが注目している。『メジだら、メジだら!』というCimg1625 船長の声が上から聞こえ、『この下に突っ込む感じはメジだよ!』と周りの方の声も聞こえる。やっとメジきた!っとワクワクしながらタモ居れして頂く。しかし上がったのはカツオ… ややガクッとしながらも見ると結構大きい。後で計測してみると3.2キロあった。その後も船はナブラを追い続ける。体力もやる気も復活してきたので、再び前方に移動してナブラ撃ち! CD15でジャークするとヒット! カツオを追加した。結局自分は4本のカツオを獲って終了となった。欲言えばメジが欲しかったところだが、程よく釣れたし、久し振りにカツオの引きも味わえたし、楽しい1日だった。

キャスティングタックル

ロッド ダイワ ソルティガ GAME68S-3
リール ダイワ ソルティガ4500ZH  
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 2号  
リーダー

クレハ Seaguar30lb

 

ロッド ダイワ ソルティガ A-ROUNDER70S
リール ダイワ ソルティガブラスト4500
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 3号
リーダー

クレハ Seaguar50lb

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

初ジギング!ワラサ狙い

Cimg0789 ついにこのシーズンがやってきた!前からテレビなんかでよく見ていたジギング!そいつをいつかやってみたいと夢見ていた。オフショアを始めたのも、ジギングがターゲットだったのだ。以前やった太刀やカツオなんかも一応ジギングだが、ジギングといえば自分の中ではブリ・カンパチ! 今回はそれよりちょっとサイズダウンのワラサ狙いで相良の福清丸に乗船した。前日、山梨さんやショップにあれこれ聞き、お勧めジグを購入。デカイフックにデカイジグ! こんなんでホントに釣れるのかよー!っと今回の同釣者Hと爆笑。と共に、こんなモノを食ってくる魚とはいったい… 期待は高まる。4時、家を出て5時半現地着。やはり今回の同釣者であるTY氏が既に到着していた。今回同船される方々がぞくぞくと乗船し、みんな準備が出来たところで6時、出船となった。ウチらは、右舷最前から3人分釣り座を確保し、広い船内の探検をしたり、上部デッキに登ったりとはしCimg0793 ゃぎっぱなし。やはり、大物狙いということでテンションが高くなっている。しかし、波も高い… かなりうねっている。船に弱いTY氏は既に弱気発言を繰り返す。50分ほど走るとポイントに到着。やはりワラサ狙いの船がぎっしりとひしめいており、開始時刻の7時を待っている。そして遂にデカイジグを投入する時がやってきた! Cimg0794 先ずは硬めのロッドで、スキルL180g、ロングジグでやってみる。底までいったんジグを沈めてから、ワンピッチジャークで誘いをかける… が誰もヒットしない…! 何度も何度も繰り返すがヒットしない。そのうち、他船で魚がポツポツと釣れている光景が目に映る。他は餌が多い。やっぱりジグじゃダメなのか!? そうすると、船長が他のPに行くというので、一旦休止。15分ほど沖へ走り再投入。他船で釣れていた魚が意外と小さかったことから、ロング系のジグはやめて、ハオリやスティンガーでやってみる。でも、ダメ… さらにP移動。今度は、昨夜、安い!という理由で購入しておいた隊長JIG100gを落とし込む。底を取ってから、わりとスローなワンピッチジャークを5回ほどすると、グ!と引き込まれる!グー! おぉ、キター! 遂にきた! そしてドラグ祭りが始まった! ギュゥゥゥゥゥ! おぉ… これがワラサの引きか!? …と思ったのもつかの間、直後ブチ!っという感触と共にジグの重さすら感じなくなる。まさに痛恨のラインブレイク(涙)思い返せば、昨夜、ノット強度を確認した後、リールにラインを巻く際に絡んでしまい、それをほぐすために針でツンツンしたんだっけ… そして、結びなおすの面倒だからそのままにしていた… てごたえがよかっただけに悔やまれる… しぶしぶラインを結びなおしていると、HとTY氏が表層でヒット!でもこいつはなんなく上がってペンペン(汗) その後は誰もアタらずにP移動。反対側の釣り座で歯ガツオが上がったもよう… 自分達はノーバイト。そしてP移動。今度は、トモのねぇちゃんと、反対側で鬼カサゴ。自分達はノーバイト(汗) その後は、場所を替えども替えども誰もヒットしない時間帯が続く。あぁ、エソみたいなヤツは釣れました(汗) そして、遂にTY氏はダウン!下のキャビンでお昼寝タイム(^-^; なにも釣れないまま正午を迎える。まだクーラーBOXには空気しか入っていない。やばい、ボーズか? 最悪な光景が目に浮かぶ。でも、その時は遂にやってきた! ジグをスピードジグロング85g太刀カラーにチェンジした12時半ころ、何度目かのポイントでHがヒット! 直後、自分もヒット! 引きからして期待はしていなかったが、上がったのは45cm位のイナダ。Hのも同サイズ。ちょっとすると、Hの隣の方もヒット! イナダ。 反応が無くなりP移動→再開。底を取ってからゆっくり目のワンピッチをしているとフワ!っとジグが浮き上がる。その場で2かいチョンチョンとシャクルとゴン! ヒット!やっぱりイナダ。処理をして、再投入。やっぱり底から上げてくると、なにかがチェイス。小刻みジャークをくれるとヒット! イナダ同サイズ。再投入して、同じ位のCimg0800 ところで再びヒット! なんと3連続ヒット! これもイナダ!っと思いきや、抜き上げ時に柵に当ててしまってバラシ。その後はヒットが続かないが、移動した先のPで、船長が合図した直後がチャンスだと判り、いつでもジグを落せる様にスタンバイ。船長の合図と共にジグを落して底から上げてくると再びヒット! ちょっと小さいイナダ。その後も同じような感じでイナダゲット。最後のヤツはちょっといいイナダだった。時間も14時近くになり終了。港に戻った。ホントは、両手イッパイに広げて魚を持っている予定だったが、写真のヤツが最大サイズ、51cmだった。なかなかうまいこと行かないもんだね~ってことで、今回のジギング釣行は終了。マジ疲れたっす。

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

タックル

ロッド ダイワ ソルティガ A-ROUNDER70S
リール ダイワ ソルティガ4500ZH  
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 3号  
リーダー

クレハ Seaguar50lb

 

ロッド TENOCEAN 601MS
リール ダイワ ソルティガブラスト4500
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 3号
リーダー

クレハ Seaguar50lb

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

初めてメジの引きを味わった!

Cimg0735 Cimg0736  ホントに突然だが、昨夜船に乗ることが決まった。H達は、以前から今日の予約を入れてあったが、台風のウネリもあるだろうし、仕事の方もちょっと心配だったので、今回はパス!のはずだったのだが、結局予約前日になってもメンバーは2人。このままだと出船出来ないってことでオイラも乗船となった。5時半、港に着くともう一人来るということが判った。全部で4人の釣行。お一人は、もう何回も船に乗っていらっしゃる方と、ウチらは、H、KZ氏と自分。狙いはメジ・カツオ。でも、でかいシイラの引きも味わいたいなぁ… なんて感じで6時出船。予報に反して、多少ウネリはあるものの、凪。風も少ない。先ず一回目はMH沖。先ずはシイラを釣ってみたい! っとオシアペンシル115SSを付けてキャスティング。CD3でリトリープすると即シイラヒット! でも、サイズは小さめで70cm位… シイラとファイト中、横のヒトがヒット!&ゲット!で上がってきたのはメジ!! あぁ!メジ初めて見た! こんなことしちゃ居られない。もう一つのタックルで、ジグを真下に落すジギングタイプで攻めてみる。ジグはジャークスライダーいわし1.5oz。隣のヒトに聞くと50mくらい落してからやっているとのことだったので、まねして50m落して1ピッチジャークで誘うと即ヒット! 真下にゴゴゴゴ!と突っ込む初めて味わう感触! そして、上がってきたのはなんとメジ! いきなりメジが釣れてしまった! サイズはちょっと小さいがメジはメジだ! かなり嬉しい。サイズアップを目指して落す… 30mから1ピッチジャークでヒット! 今度は本カツオ! しかし、抜き上げ失敗。同じく30mからやると即ヒット&ゲット!で本カツオ! もう1本カツオを追加してこのPは終了。さらに沖を目指す。10分くらい走ったCimg0740 だろうか? そこでもメジ2本とカツオ1本追加! 山浩初乗船のKZ氏もバンバン釣りまくってる。その後、何箇所かジギングで攻めて、どこ辺かわからないが結構沖(^ー^; トリヤマが半端じゃない! あっちこっちにトリヤマ&ナブラ。船で慎重に近づいていって船長の合図でキャスティング! しかし、やっぱり飛距離がいまいちでナブラまでジグが届かない。そして、鳥が散ってしまう。しばらくすると、また違った場所にトリヤマが出来ているので、再び近づいてキャスティング!→失敗(汗) 船長がナブラを見つけては近くに寄せてくれるのだCimg0742 が、全部飛距離不足… 今回は船長に怒られっぱなしです(^ー^; そして、再びナブラ撃ち!→失敗…した途端に『下だ!』船長が叫ぶ。回収して即ジギングスタイルに切り替えて真下にジグを落す。するとヒット! メジ&カツオを追加する。ジギングだとヒットするんだが、キャスティングだとヒットさせられない。なんとかキャスティングでヒットさせたいところ。そして、再びナブラに近づいて行き、キャスト! CD10で高速ジャークで巻き上げると遂にヒット! キャスティングで食わした!かなり嬉しい! 上がってきたのはヒラソーダ。でもヒラでも結構いいサイズです。最終的には、ナブラには目もくれず、ジギングでヒットを重ねる。みんないいペースで数を延ばしていく。そして、最後のPでは、序盤にしか見られなかったメジが再び登場。船長の指示棚、30mを無視して、そのまま60m近くまで沈めて高速ジャークCimg0744 Cimg0748 するとメジが食ってくる。層で言えば、0~10m→シイラ、10~30m→カツオ、30~60m→メジという感じになっているっぽい。下の方でヒットしなくて、最後の10m付近で気を抜くと、すかさずシイラが来てしまう。シイラがヒットするとタイムロスとなるので、シイラに食われないように、最後は高速巻きでジグを上げてしまうか、それ以上あげない。シイラをよけてカツオ&メジを狙うといったスタイル。贅沢です。気が付けば、クーラーBOXに入りきれなくなっていた(汗) 船中105匹! 無論、船長がトップだが、次はKZ氏が釣っていたかな? とにかく、今日は釣りまくった! 腕もパンパンだしメジの引きも味わえた。最高!

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

キャスティングタックル

ロッド ダイワ ソルティガ A-ROUNDER70S
リール ダイワ ソルティガ4500ZH  
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 3号  
リーダー

クレハ Seaguar50lb

 

ロッド ダイワ ソルティガ GAME68S-3
リール ダイワ ソルティガブラスト4500
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 3号
リーダー

クレハ Seaguar50lb

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年9月17日 (日)

ブログ3人衆で太刀ジギ行ってきました!

Cimg0665 Cimg0667 今日は、普段お世話になっているブログ『JimnyのHPSF釣行記』のJimnyさんと、『山梨のイカ釣り師の釣り日記』の山梨のイカ釣り師さん(以下山梨さん)、それと本ブログの自分を合わせて、ブログ3人衆で太刀ジギングに行ってきました。5時、Y港着。ちょっと早く着きすぎて、まだ誰も来20060917_1 ていない。初めて乗る船なので、船の場所もイマイチわからない。多分この辺なんだけどなぁ… とりあえず、Jimnyさんにメルって見よう!っと携帯を取り出したその時、Jimnyさん登場。車の前でお話していると、次いで山梨さんも登場。山梨さんとは、ブログ上では半年以上前からのお付き合いですが、実際に会うのはこれが初めてでした。5時半、みなさん集まったようで、ぞくぞくと船に乗り込みます。総勢12人、船は満員です。それと、まったく偶然でしたが、本ブログにコメント頂いているエギ爺さんも同船となりました。自分達は、前のほうに釣り座を取り、6時、いざ出船です。台風13号が接近している影響で、前日まではどうなるかと思われた今回の乗船でしたが、意外にも凪、晴天に恵まれました。ただ、朝のウチは気温が低く、風も少々あった為、半袖&半Cimg0670 ズボンでは少々辛かった… 港を出てポイントに向かう。朝焼けに染めた空&海、鳥が飛び、まさに釣り日和。ミヨシに立たれていたおじさんの後ろ姿があまりにもかっこよかったので、思わずシャッターを切ってしまいました(笑) 既に始めている船の周りに行き、船長がポイントを探っていると、他船から無線が入り、反応あるポイントに急行します。着いてみると、上がっていたのはなんとイナダ。今シーズンは、まだ陸からイナダを獲っていないので、俄然やる気↑ しかし、ジグはブランカ太刀SP80gシルバー/紫をセットしてある。ジグを交換する時間も惜しいので、先ずはそのまま底に沈める。底をとってからハイピッチなジャークで巻いてくると、山梨さんヒット! 上がってきたのは太刀! イナダではなかった。次いで自分もヒット! こちらもやっぱり太刀! 型はレギュラーサイズ3.5f位。先ずは一安心…追加を狙う …が、なかなか次がこない。しばらくすると、Jimnyさんヒット!&ゲット! そして、次もJimnyさんにヒット! 横を見ると、負けじと山梨さんもヒット! 自分にはヒットしない。すかさずジグチェンジ。手を替え、色を替え攻めてみるが反応は無い。その間に、またしてもJimnyさんヒット! 山梨さんヒット! くぅやばい、焦るぅ。 前回まで好ヒットだったゴールド系、赤系がイマイチな反応。それでも、ポツポツとは釣れる。今回は、前回までの様に、釣れる所ではメチャクチャ釣れて、釣れないところでは誰も釣れないといった感じではない。船中ポツポツ釣れると言った感じ。そして、タナはどこも殆どベタ底。いままでとは勝手の違った雰囲気に戸惑いもあり、なかなか厳しそうだ。そのウチ、どうも黒系のジグが良さそうだ…ということで、マジックを取り出し、船中でジグを塗っている光景が見られる。自分の持っているジグの中では、スピードジグ太刀SPの紫が一番黒に近い色だったので、それをチョイス。投入して即ヒット!したが、いまいち爆発力に欠ける。次に取り出したのはアイマのRo紫ピンク。ピンクは水中では黒く見えるという… ホントかどうかは知らないが、とりあえずセットして投入→ヒット! そして次もヒット! なんだか調子イイ! 連続で数本上げるが、しばらくすると紫ピンクでも反応が無くなる。再びジグのローテンションが始まるが、どれもイマイチ… 最終的に、今までのCimg0668 中で一番好反応だったRo紫ピンクに戻す。それと、テクニックとしては、ベイトでダメならスピニング。スピニングでダメならベイト… という山梨さんから教えて頂いた法則に基づき、タックルも交互に使い分ける。あとは、ハイピッチだったりスローだったり、フォールやステイを駆使し、数を追加していく。そのうち、5fサイズも混ざり、釣果も好調になってきたが、なんといってもここまで今日はジグロストが1本も無いということが素晴らしい! このまま全てのジグを家に持って帰るぞ! ところが… これが最後! という船長の掛け声とともに投入されたRoは、フォール中にその負荷が無くなる。リーダーもなくなりPEから切れている。結びなおしている時間がもったいないので、スピニCimg0677ングにタックルチェンジして底までブランカをフォールさせる…が、これもフォール中にリーダーブツリ(涙) 連続ジグ2ロスト。前回もそうだったが、今回も最後の最後にジグを失うことになる。このままタイムアップとなっては辛かったが、なんとかここではレギュラー1本上げることが出来た。その数分後、船長の合図と共に、今回の釣りは終了。最終的な釣果は37本(内4本はヒョロっこかったが…)。なにはともあれ、こうしてブログ屋同士が集まって同じ船に乗れたことが初めての試みで楽しかったです。お二方、お疲れ様でした。そして、同船された方々もお疲れ様でした。

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします 

ベイトタックル スピニングタックル  
ロッド テンリュー オフショアライト デルソル OL601B-DL

ロッド TENOCEAN 601MS  
リール ダイワ ミリオネア203L リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 1号 ライン YGKよつあみ ジグマンX4 1.5号  
リーダー フロロ15号 リーダー

フロロ15号

 
ジグ ブランカ太刀SP 80~100g
ダイワ スピードジグ太刀SP 紫80g
アイマ Roレッド八十朗
アイマ Ro紫ピンク八十朗
ムラジグ90g 赤金

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

オフショア太刀狙い

Cimg0645 Cimg0655 今朝は会社関係で太刀ジギ船に乗せて頂くことになった。4時半起床、5時、港に着くと、K氏がひとりたたずんでいる。しゃべくっていると2名到着。しかし、集合時間の5時半になってもなかなかその他の人達は集まらない。時間間違ってるんじゃないの?心配になったが、出船予定時間の6Tachi1時頃になると、ぞくぞくと集まってくる。しかし、約一名寝坊の為遅刻(^ー^; 結局6時半過ぎの出船となった。沖に出ると、既に太刀狙いの船が各所から集まり、賑わっている。ポイントに着き、船長の開始の合図とともにジグ投入、指示タナまでジグを落す。ハンドルを回し、シャクリ! あれ? めちゃ軽いっす(汗)っていきなりジグロスト… 一匹釣る前からリーダーを切られるなんて幸先悪い。前回ロストしまくったので、なお更恐怖感が増す。気を取り直してTachi2ジグを付け直し、タナまで再投入。前回を踏まえて、ハイピッチなシャクリでリールを巻き上げてくると直ぐにヒット! 1尾目の太刀を上げることが出来た。その後も、同じパターンで順当にヒットを重ねる。序盤からこんなに釣れてしまっていいんだろうか? 最近太刀ばかり釣っているものだから、配るところにそろそろ困ってしまう。ちょっとペースを落そう… ガツガツやらずに、ゆっくり丁寧に作業を進める。そのころ、K氏はラインの色を見るコツが掴めTachi3ずに苦戦中(^ー^; 魚探で探っては撃ち、反応無くなれば移動の繰り返し。今回は、前回に比べてわりとタナが深く、40~60mが多かった為に、短時間に連続ゲットとまではいかない。指示タナを守っても反応がいまいちな時はジグチェンジ…途端に食いが良くなったりする。つくづく、色が重要な釣りだな…と実感。船中トップレスのヒトが現れるくらい日差しが強い時間帯になると、ハイピッチなアクションでは食いが悪くなってきたので、わりとゆっくりめ… Tachi4フォールさせてそのままステイとか軽くシャクってゆっくりフォールなんてやり方の方がヒットした。終盤、ゆっくりアクションになりすぎたのか?フォール中でのリーダー切れ発生。短時間に3ロスト。4つ目のジグをロストした時点で終了の合図。釣果は47尾MAX5f。知った顔が多かった今回のオフショア。釣果は気にせず和気あいあいと…たまにはこんな釣りも楽しくていいかもしれない。

写真最上左は今回の為に新調したタックル。右はK氏渾身の一尾。

後日、W氏より写真提供頂いたので再アップ。

   

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

’06 釣果  
ロッド テンリュー オフショアライト デルソル OL601B-DL

 
リール ダイワ ミリオネア203L  
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 1号  
リーダー フロロ15号

 
ジグ ブランカ太刀SP 80~100g
アイマ Ro80g

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

生憎の雨…

Cimg0608 Cimg0609 オフショア2回目。今回もシイラ&太刀、もしかしたらメジ?コースで船に乗る。4時半、港に着くと今回同船される方々が既に待機していた。とはいっても、そのうち一人はOK氏。Hと自分合わせて4人で乗船。5時、出船。一昨日までの天気予報では晴れだったのが、曇り→雨 と変わっていき。朝のうちは大丈夫?と思われていた雨も、船に乗る前からかなり本格的な降りになっていた。天候のせいでまだ明るくならない為、太刀ジギングから始めることとなった。NDH沖、船長より開始の合図。指定されたタナをとり、アクションを繰り返すとゴン! ライン横走り… 上がったのはサバ(汗) また会っちゃった… 数回入れなおし、F沖にて先ずは自分が太刀1本ゲット。その後、FK方面まで何回かやっているうちに数本太刀ゲット。ジグが合っていないのか、OK氏、Hはまだ釣れない。その後、ジグを変更してH、ようやく太刀ゲット! そして、Hはエンジンがかかり始めた。OK氏、ようやくヒット! しかし、上がってきたのはサバ(汗) OK氏はサバ数本ゲット。でも、太刀の方はいまいちな状況。そこへ、他所の船からの情報で太刀が爆釣しているというポイントへ移動。船長の合図で投入。・・・すると即バイト! そしてヒット! だがバラシ… 横を見るとOK氏ヒット! 今度はサバではなさそうだ。上がったのは太刀!見ると他の二人も同時に太刀ゲット!っていまのタイミングで釣れなかったのは自分だけ? やや焦り始める。その後も、バイトはするがヒットせず… ヒットするがバラし… を繰り返してなかなか太刀をゲットできない時間が続く。その間、他の3人は爆モード突入。うをーやばいっす! 焦り全開で自分を見失い始め、さらにバラシ多数。バラせばバラす程焦りの地獄スパイラル。そして太刀の歯にやられてジグロスト… ブランカ100g赤金に付け替えて投入→ロスト… よし、秘密兵器!ってわけでもないけど、今回期待のジグ、八十朗。ちょっとキャスト→フォール中にジグの重さが無くなる→ロスト(涙) リーダーを食いちぎられまくるので、ワイヤーリーダーを付ける。何本かはゲットしたが、他の3人に比べるとちょっと反応悪い感じ。それにしても、ホントに太刀の活性が高く、表層まで太刀が浮いてきて、バイトの瞬間が見れる程だ。その後もジグのロストを繰り返し、手持ち7個のジグが全て無くなった… Hからブランカをもらい投入。数本後ロスト(汗) 周りの釣り方を見ていると、自分みたいな大きなシャクリはしていない。シャクリが大きい為に、フォールも長くなり、その間にリーダーが切られている様だ。Hからもうひとつブランカをもらう。ワイヤーリーダーを外し、20号のフロロカーボンをリーダーとして繋ぎなおして、今度は小さいシャクリをわりとハイピッチでやってみるとヒット&ゲット! その次も即ヒット! やっとこっちも爆モードに入ってきて、最後になってようやく満足いくペースで釣れた。明るくなってきて、いよいよ本番の沖へ… しかし、雨足さらに激しくなり、沖に行くと風が強い。殆ど釣りという釣りが出来ないまま撤収。その後、再び戻ってきて太刀をやるが、釣れるのはサバばかり。そのまま港に戻ることになった。

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

キャスティングタックル ジギングタックル 

ロッド ダイワ ソルティガ A-ROUNDER70S ロッド  TENOCEAN REAVASⅡ JIGGING601MS
リール ダイワ ソルティガ4500ZH  リール ダイワ カルディアKIX3500
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 3号  ライン YGKよつあみ JIGMAN X4 1号
リーダー

クレハ Seaguar50lb

 リーダー

クレハ Seaguar50lb

ロッド ダイワ ソルティガ GAME68S-3
リール ダイワ ソルティガブラスト4500
ライン YGKよつあみ ジグマンX4 3号
リーダー

クレハ Seaguar50lb

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

初めてのオフショア

Dvc10030 Hに誘われて沖に出ることになった。狙いはメジ。まだシーズン序盤ということで、メジを捕れる確率は低いとのことだが、経験を積むために取り合えず乗船してみる。オフショアを体験したことがない自分にとっては、期待よりも不安の方が大きく、前日もあまりよく眠れなかった。それと心配は船酔い… 4時に家を出てコンビニにより、飲料水、食料、そして酔い止めを購入して港へ。着いてみると、今回乗りあう方が一人既にスタンバっていた。挨拶をしようと近寄ってみると… あれ?どこかで見たことあるなぁ… お話中もずっとそればかり考えていて、ついに判明。そーいや、ホームページで、数日前メジを釣った人として写真載っていたSさんだ! こんなエキスパートが一緒じゃ心強い。船長も到着し、船に荷物を積み込んでいると、もう一人到着。Hと自分を合わせて4人での釣行となった。船上でタックルの仕度をしていると、まだ船はエンジンもかかっていないって言うのにいきなり気持ちわりぃ(汗) 泣きながらガイドにラインを通す。もう酔い止め飲みたいっす(涙) でも、この先なにがあるかわからないからガマンガマン… 港を出ると船は高速でポイントを目指す。エキスパート二人は船尾に行ってしまったので、意味もわからず自分達も船尾に移動。なるほど… こっちは揺れが小さいのね。移動中、あっちこっちにナブラが発生しているが、『あれはソーダだな…、あれはワカシだな…』等と船長がつぶやき、そんなものには目もくれずに行き過ぎる。いつもだったら大喜びしてすかさず撃つナブラも、今回は関係ない。Hと共にボーっとしながら海を眺めていると、急激にスローダウン。エキスパート達はミヨシに行ってしまう。なにがわからずHとオロオロしながらミヨシに行ってみると、既にお二方キャストスタンバイ(汗) こっちも慌ててロッドを手に取ると、『はい、投げて!』と船長。オロオロしながらも、取り合えず見よう見まねでアンダーキャストというヤツをやってみる。…が、ペンシルは殆ど真上に上がり、飛距離3m程度のところに着水(汗) うわー、投げ方わからねー! 回収して次キャストもヘタレ… 飛距離5m。見かねて船長が降りてくる。船長自らタックルチェックして頂く(汗) 『んー、別に悪いところはないみたいだなぁ』と言い、回収するとゴン!ヒット!(汗) 船長がヒットしちゃった。その状態でロッドを受け取ると、ギュルルルルル!めちゃくちゃラインが出る。ちょっとゆるいわー!と船長が横からドラグを締めてくれる(汗)結構締めた。心配っす(汗) 結構寄ったかな?ってとこで再び走る。硬い筈のドラグなのに、ものすごい勢いでライン出て行く! うをー! まっすぐ下に行き、どうやら船の反対側に魚が行ってしまったみたいで、ロッドがありえない曲がり方をしている。うをー!すげー!すげー! ひたすら叫びまくる自分。横のSさんも、たのしーらー!たのしーらー! と叫ぶ。数回そんなことを繰り返していると、まいった魚が水面に横たわる。でけー! 1メートルくらいあるじゃん。綺麗な金色オスのシイラ。どうしたらいいの?これ…(汗) そこへ船長が駆け寄ってきて、どうする? と聞いたので、リリースすることを告げると、身を乗り出してフックを外してくれた。おー、楽しかった! で、キャスト! やっぱりヘタレです。10mくらいか?(汗) クルクルクルっとただ巻きするとゴン! 再びヒット! またゴッツイ引きです。目の前を高速で反対側に走りぬけるシイラ。今度もメーター級。ギュゥゥゥゥ! ドラグの音がたまらん。なるほど、こんな引きじゃぁPRノットみたいなゴツイノットが必要なワケやね…と納得。しばらく戦うと水面に魚が横たわる。またしても綺麗なオスシイラ。リリースしてもらって、ヘタレキャスト! あぁ、すげー左に行っちゃった。スミマセン!スミマセン!と言いながら回収でゴン!(汗) なにやっても釣れるのね。って、自分ばっかり連続ヒットしてる。このペンシルがいいんだな、きっと。今度はさっきのよりもやわらかファイト。80cm位のメスシイラ。こっちの銀色も綺麗だな… でも金色釣りたいな… 再へタレキャストしてタダ巻き、そして止める… ゴン! くぅ~幸せぇ! なんてファイトを楽しんでいると魚ジャンプしてフックが外れ、ものすごい勢いでペンシルが自分目掛けて飛んでくる。左肩スレスレをペンシルが飛んでく。幸い、後ろにヒトは居なかった。こえぇな、これ(汗) ヘタレキャスト! 動かせ!動かせ!といわれたので、思いっきり動かすが食ってこない。じゃぁ、とさっきと同じパターンでタダ巻き、そして止めるとゴン! なんだかこのパターンがいいみたいだよ?(汗) それを見ていたSさんも、『タダ巻きがいいんかなぁ…』と苦笑いして首をかしげる。というか、ルアーもいいんだろうけど、飛距離が出ない自分は、Sさんが寄せてくれたヤツを釣っているに過ぎない(^ー^; こちらも80cm位のメス。上げてー! 船長の合図でこのPは終了。さらに沖を目指す。潮色がどんどんよくなってくる。駿河湾ってこんなに綺麗なのね… 曇っているせいもあるのか?岸が見えないこの風景ってすげー。途中、何箇所か撃つが反応なし。『そろそろこの辺だよ』と船長。浮遊物があったので停止。試しに投げてみる…と、ガイドにラインが絡んでラインブレイク(汗) やっちまったよ… 殆どルアーのロストは無いよっとヒトから聞いていたのに、自分はさっそくやっちまった(汗) みんなが釣りに夢中になっている最中、自分はリーダーを結ばなければ行けない… あぁ、この揺れる中でリーダーを結ぶのはかなりヤバイなぁ… ましてや、にわか覚えのPRノットは出来まい… ってことで、いつもやってるノーネームノットをちょっと厳重にやってようやくリーダー復旧。さっきのは無くなってしまったので、違うペンシルにしたが、今度は全然食ってこない。じゃぁ、ホッパーはどう?→ダメ。いろいろ試すが、さっきみたいなイージーヒットは生まれない。あぁ、もっとプラグ系充実しとけばよかった… 実は殆どジグばかりもってきて、プラグはあんまり持ってきていなかった。さっきまで使っていたPB-1152は、割と重く沈むタイプだったが、残ってるのは浮くタイプばっかりだ。仕方なしに、似ているっていうだけでPB-1151を付けるが、巻いてくるとすぐに浮いてしまう。あぁ、せめてリップ付いてるやつ持って来ればよかった… 『見つけた!』と船長が叫ぶ。なにを見つけたのか? 船を寄せていくと、遠くに鳥が上空、水面に固まっているのが見える。なんだこれは! なにもない水面にポツンとそこだけがにぎわっている異様な風景。ゆっくりと近づいていき、警笛を鳴らすと鳥が散り、そこから出てきたのはみごとなイワシダマ。ゴワゴワゴワ!って音が物凄い。Sさん達は、メジ狙いのため、ジグをセットしてあるタックルに持ち替える。自分達は、ワンタックルしか用意してないので、ルアーケースを開けてジグに変更。『行けー!』と船長の合図でみんないっせいに投げ始める。Sさんヒット!ものすごいドラグ音だが、どうやらシイラらしい。そして、もう一人のエキスパートもヒット! 船首から二人が降りて横に移動。『上がれー!』と言われ、船首にHと自分が登る。Hヒット! しかしバラシ。再キャストしてすぐにHヒット! かなりナイスファイト! しかし、自分はいくら投げどもジャークしようともヒットしない。ジャークスライダーを諦め、ルチア白ピンに変更(^ー^; でも食わない。もうプラグにしたいけど、また付け替えるの面倒だし… こんなとき、やっぱり2タックルあると便利だな…と、山梨のイカ釣り師さんのコメントが蘇る。でも、やっぱりプラグに変更。ブルースコードをセットしてリトリープするとヒット! したが、すぐバラシ。Hはトモに移動してまだ巨大シイラと戦っている。そうとうでかそうだ。が… 魚が横たわり、船長が手を伸ばしたところでバラシたらしい。『もうひとつあっちにあるから行って見よう』と船長。ゆっくりとイワシダマに近づいていくと『サメが付いたー! 間違いない!』と船長が叫ぶ。『メジ釣るのはいまだよ!』みんな目の色を変えて投げまくる。時折、黒い魚体が宙を舞う。『メジだ!メジだー!』船長叫ぶ。 キャストはだいぶ慣れてきたが、イワシダマの向こうまでいまいち飛ばせない。 サメの大きな背びれが水面に飛び出だし、ザブン!とイワシダマに突っ込む、はい終了。他のイワシダマが出来るのを同位置で待つ。水面を見ると無数のシイラ。とにかく凄い数。待つ間、シイラを狙うが、ほんとにバイトしない。かなり追ってはくるんだけど食わない。こんなに沢山居るのに… ついに新しいイワシダマが出来ずにポイントを替える。しかし、それほど良い場所が見つからずに、太刀を狙いに移動開始。その途中、水面にこれまた大きな背びれがいくつか出たり入ったりしている。その場で停船し、様子を見る。『サメじゃないなぁ、イルカかぁ?』…で、その正体は、なんとマンタ。マンタと判り、近づいていくと、すぐ船際に数匹マンタが泳いでいく。こんなもんが見られるとは… まったく海ってでかいよなー。太刀ポイントに到着。って、ここは、いつも浜から太刀を狙う場所の沖だ(汗) ブランカ60g赤金装着。魚探で太刀を探る。船長の合図でジグ投入。ゴン!ヒット! でも、太刀っぽくないなぁ…と思ったら上がったのはサバ(汗) こんな沖でサバなんか釣りたくないっす(汗) 船長の合図で数箇所攻めるがだれのロッドにも反応は無い。移動しつつSZ沖、KWも見える。メジはダメだったけど、太刀もダメか?… そんな空気の中、船長が意地になって太刀を探す。再び太刀P沖。船長の合図でジグを投入。『15mまで』と言われたので、ラインの色でタナを取り、15mからバーチカルで上げてくる。Hヒット! 数秒後、自分もヒット! おー! よかったー! 先ずはHと自分1ゲットずつ。投入すると再びゴン! Hと自分、連続ヒット! その調子でどんどん太刀を釣り上げていく。しばらくすると反応無くなりP移動。船長の合図で投入。10mから上を狙うとヒット! 『かなり上だよ』と船長。バーチカルで上げてきて、もうジグが水面に出るんじゃないか?ってとこまで、銀色の魚体が追ってくる。ここでもHと自分は入れ食い。投入からクーラーBOXに太刀を入れるまでの作業が忙しい。みるみるうちにクーラーBOXはいっぱいになっていき、船長の合図で終了。港に戻る。ホントに、最後の太刀は痛快というかなんというか楽しかった… 前もって、ショップで聞いていた通りのジグと、ワイヤーリーダーを付けないで、ぶっといリーダーにしておいたのが勝因。それと、使用したライン、JIGMANが10mごとに色分けされているので、タナを正確にとれたのも当たったんだと思う。今思えば、ショップの指示で、プラグのフロントフックを外しておいたり、フックはバーブレスにしておいたのは、シイラをリリースする上で、マコト的を得たことだったと思う。ホント、感謝です。そして、まったく初心者の自分達に対して親切に接していただいたおふた方、ラインかぶっちゃったり多分に迷惑かけて申し訳なかったですが、いろいろ教えて下さってありがたかったです。そして、やっぱり次回までは、もう1タックル揃えるのと、キャストの練習はしておきます。あの引きを味わう為に、また行きたいです。っていうか、今度はメジの引きを…ね。

にほんブログ村 釣りブログへ←ランキング参加中です。クリックお願いします

キャスティング使用タックル ジギング使用タックル  
ロッド ダイワ ソルティガ A-ROUNDER70S

ロッド TENOCEAN REAVASⅡ JIGGING601MS  
リール ダイワ ソルティガ4500ZH リール ダイワ セルテート3500HDカスタム  
ライン YGKよつあみ JIGMAN X4 3号 ライン YGKよつあみ JIGMAN X4 1.5号  
リーダー クレハ Seaguar50lb リーダー

クレハ Seaguar50lb

 
プラグ シマノ オシアペンシル PB-1152青ホロ ジグ YOZURI ブランカ60g 赤金
プラグ シマノ オシアペンシル PB-1151緑金
プラグ マリア ブルースコード115Cタイプ AY
ジグ ジャークスライダー1.5oz 
ジグ マリア ムーチョルチア60g 白ピン

| | コメント (16) | トラックバック (0)